本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 会社案内 > 働きがいのある職場の実現への取り組み

働きがいのある職場の実現への取り組み

ダイバーシティは経営戦略の一つ

私たちのダイバーシティ&インクルージョン

ファイザーではGPTW(Great Place to Work~働きがいのある職場~)の早期実現を経営戦略の一つとして掲げております。これは「社員自らやる気を持って働き、十分に能力を発揮できる職場を創る」ということです。その実現のための取り組みの一つに、「多様な人財活用」としてダイバーシティ&インクルージョンがあります。単なる「福利厚生」や「多様性を認める」ということではなく、社員一人ひとりの個性を活かして、革新的なアイデアやビジネスモデルを創造し、組織として成果を出すことを目指しています。1+1=2ではなく、相乗効果により個人と企業の成功を3にも4にも、10にもするということです。ビジネスを継続的に成長させるための経営戦略として、経営陣の強いコミットメントのもと推進しております。

GPTW(Great Place to Work)とは?

「働きがいのある職場」を目指して、全社一体となって取り組む推進プロジェクト。社員が会社に依存するのではなく、自律した社員が、より高い熱意を持って業務に打ち込み、成長を賞賛し合える職場を目指しています。

ファイザー株式会社 代表取締役社長 梅田 一郎

GPTWを目指す4つの取り組み

ファイザーには、9つのバリューがあります。これは「全世界の社員が全ての活動の基としている価値規準」であり、これを遵守した上で、さらにGPTWを実現させるために4つの取り組みを同時に進めています。この4つをファイザーの文化として定着させることを目指しています。

GPTWを目指す4つの取り組みイメージ図

1.エンゲージメントの向上 仕事に対する意欲、働きがいを高め、成長できる会社を目指す 2.カイゼン文化の醸成 業務遂行のさらなる向上を目指すための活動推進 3.ダイバーシティ&インクルージョンの促進 多様な背景を持つ社員それぞれが、能力を活かせる職場環境に 詳細はこちら 詳細はこちら

このページの先頭へ

GPTWを推進する具体的な取り組み

ダイバーシティ& インクルージョンの促進
ダイバーシティ& インクルージョンの促進イメージ社員一人ひとりが持つ様々な違いを認め、多様性を活かすことで、社員と会社の両方の成長、成功につなげます。
ワークライフ・マネジメント
ワークライフ・マネジメントイメージ社員一人ひとりが、「仕事の充実」と「プライベートの充実」を自らマネジメントし、より豊かな人生を送れることを目指しています。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る