本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です

新規助成団体 THE BIG ISSUE 掲載記事

新規就農者のネットワークが大活躍
ニート・ひきこもりの若者たちに農業体験の場を提供。就農のケースも現れる
-山形県新規就農者ネットワーク

山形県の新規就農者で結成したネットワークが、冬場はスキー客でにぎわう蔵王の山中にある「蔵王いこいの里」のニート・ひきこもりの若者たちに農業体験の場を提供したところ、農業を仕事として選ぶ若者が現れた。そんな農業体験の場をつくり共有したみなさんに、話を聞いた。

横須賀のニート・ひきこもりの若者たち 洋ナシ10トンを収穫、1000箱に収納

画像:山形県新規就農者ネットワーク
事務局長 田中 俊昭さん 山形県新規就農者ネットワーク
事務局長 田中 俊昭さん

パンジーや葉牡丹などのポット苗を生産しながら、「山形県新規就農者ネットワーク」の事務局長を務める田中俊昭さんは東京・浅草生まれ。かつては都内の出版社で働いていたが、取材を通して農業の魅力に触れていたこともあり、03年の春から1年間、山形県が主催する実践農業研修を受けた。受け入れ先の農家で働き、賃金を得ながら栽培技術などを学べるという制度だ。

「同期生は卒業して独立してからも、年に1度は集まって酒を飲む交流会を続けていました。ある時、欠席した仲間の一人が、強風で倒されたビニールハウスを建て直す作業に追われていることがわかりました」

すぐに県内から新規就農の仲間約10人が駆けつけ、作業は3日で終わったという。この出来事を機に、「何かあった時に協力し合えるネットワーク」として05年、「山形県新規就農者ネットワーク」が結成された。

まずは山形県の農産物を広く知ってもらおうと、イベントなどで農作物の出張販売を始めたところ、県外からも次々と声がかかるようになった。そして神奈川・横浜のイベントで野菜を売っていた時、たまたま隣で小物を売っていたのが、ニート・ひきこもりの若者を支援している「NPO法人アンガージュマン・よこすか」だった。

これが縁となり、山形から送った農産物を月に1度、彼らの活動拠点の事務所がある神奈川・横須賀の上町商店街で販売してもらう取り組みが始まった。そのうち、「実際に作っている現場を見たい」という声があがったことから、今度はニート・ひきこもりの若者たちが山形へ来て農業体験をすることになった。

「初めは、野菜を収穫してカレーを作りました。普段は食が細く、包丁を持つのも初めてという子もいましたが、自分で収穫して料理したものなら、もりもり食べられるようでした」と田中さんは話す。

本格的な農作業も体験した。山形の名産品の一つである西洋ナシ「ラ・フランス」はいったん保冷庫に入れたものを取り出して常温で追熟させるなど、1ヵ月近く経たないと食べ頃にならないという。「収穫してもすぐには味見もできない、そんな果実をひたすらもいで、コンテナに詰めたものを1000箱つくり、トラックに積んで集荷場へ運び、保冷庫に入れる作業を丸2日半続けたこともあります」

その時は、2日目の夕方に雨が降り出したこともあり、不平不満が爆発した。そこで、「1ヵ月経って食べられるようになったら、好きなだけ持って帰っていい。今、700箱できているから、あと300箱がいつ終わるかは明日しだいだ」と励ましたところ、それまでの私語もタバコ休憩もなくなって、翌日夕方までの予定が昼までに終わったという。

自立援助センター「蔵王いこいの里」の若者、就農独立の例も

写真:NPO法人東北青少年自立援助センター 蔵王いこいの里 理事長 岩川 耕治さん(写真左)/農業研修生 鈴木 敏幸さん(写真右)NPO法人東北青少年自立援助センター 蔵王いこいの里 理事長 岩川 耕治さん(写真左) / 農業研修生 鈴木 敏幸さん(写真右)

そんなことがあって、田中さんが“農業の力”を改めて再認識していた時、山形県内にもニート・ひきこもりの若者を支援している施設があることを県の職員から聞いた。それが「NPO法人 東北青少年自立援助センター 蔵王いこいの里」だった。

「蔵王いこいの里」は、東京都内で中学校の教師をしていた岩川松鶴・久子さん夫妻が40代にして職を辞し、86年に開設した施設で、これまでに600人以上の若者が共同生活を送ってきた。入寮生は大自然の中で規則正しい生活を送りながら、共同作業やボランティア活動を通して“社会の中で生き抜く力”を身につけていく。

長男の岩川耕治さんは小学4年生の時、「蔵王ならスキーができる」と喜んでついてきたが、成人後は福島県の旅行会社に就職。両親の後を継ぐために4年前、妻・智恵さんと戻ってきた。現在は高校生から30代までの男女11人が生活している。

「山形県新規就農者ネットワーク」が、ここで生活する若者に農作業を体験してもらおうと計画していた、ちょうどその頃、「山形県農地・水・環境保全向上対策地域協議会」から、あぜ道の除草対策として植える芝桜8000株が必要だという話が舞い込んだ。そこで、ファイザープログラムの助成を受けながら、芝桜を挿し芽で増やし、定植する事業に取り組むこととなった。

「マス目状になったプラグと呼ばれるトレイに用土を詰め、芝桜を挿す時も、なかなかコツがつかめず、うまく挿せない人もいたのですが、作業は遅いけど仕事が正確な人もいました」と田中さんは言う。

ここでの経験がきっかけとなり、今年、一人前の就農者として34歳で独立した男性もいる。彼は、30歳からの2年間を「蔵王いこいの里」で過ごした。

「彼の家庭は裕福でしたが、中高生の頃はやんちゃもやったようで、せっかく入った大学も中退。兄に引きずられるようにして、ここへ来た時はまったく生気がありませんでした。それが1年後には心身ともに激変して、会いにきた母親が『あなたの目、生き生きしてるじゃない』と言って驚いていたのを覚えています」と、岩川さんは振り返る。

山形県内の農場で1年間働いた後、独立したのを見届け、彼の自立を応援するためにも「今後、一切の援助はしない」と両親に約束してもらった。

体験から予想外の就農へ。支えるためのネットワークが必要

写真

「農業体験が社会に出ていくきっかけになれば」と願って始めた取り組みではあったが、農業を仕事にする人が現れるとは田中さんたちも予測していなかった。しかし、県外から来た新規就農者の田中さんだからこそ、彼らに共感できる部分も多いという。

「私たちも含めて、農業を始めたいという人の心のどこかには『人間関係から離れて、植物を育てて暮らしたい』という気持ちがある。でも実際は、農家は生産から販売まで、すべてを自分でこなさなければならず、人と接する機会も多い。ニート・ひきこもりの人たちは、もともとそれがあまり得意じゃない。一人だとくじけてしまうけど、同じ立場の仲間を結ぶネットワークがあれば、『あいつが続けている限り俺もやめられない』と励みになる。地元の人たちとも交流を深めやすい。県や私たち新規就農者や農業法人が情報提供などを含めて、彼らを支えていく仕組みが必要になってくると思う」

新規就農者は前職も編集者、自衛隊、イタリアンのシェフと実にさまざまだ。この一見農業とは関係ない「経験」が、思わぬところで役立つこともある。

たとえば、会社員を辞め、今春から田中さんのもとでポット苗の生産法を学んでいる鈴木敏幸さんには、どうしても受けたい県の農業研修があった。ところが、参加条件となる就農年数を満たしていなかった。そこで編集者だった田中さんのアドバイスを受け、「農業に対する熱意」をつづった論文を添えて申し込んだところ、参加が認められた。

「私たちには前職があるので、ニート・ひきこもりの若者にも農業以外の経験を踏まえた話ができる。そして必ずしも就農につながらなくても、農業には意欲や持続力や食への関心を高める力がある。来年は決められた作業をやるだけでなく、何を育てたいか自主的に考えるプログラムを盛り込んでいきたい」

山形県新規就農者ネットワーク(愛称:新農業人ネットワーク山形)

「山形県実践農業研修」を受けた県外出身の新規就農者が中心となって05年に設立。相互の交流や連携、販路の確保、技術の向上などを目的とする。インターネットを利用した会員相互の情報交換、研修・視察などの企画と実施、生産・販売活動の協力体制づくりのほか、首都圏などで開催される各種イベントへの就農相談会出展に合わせて、農作物の直売会を実施している。

〒999-3522 山形県西村山郡河北町溝延西浦82
TEL&FAX : 0237-72-5461
メール : info@yamagatanewfarmer.net
ホームページ : http://www.yamagatanewfarmer.net/

※名称・団体名はTHE BIG ISSUE掲載当時のものです。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る