本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 社会貢献活動 > ヘルスケア関連団体への支援

ヘルスケア関連団体への支援

VHO-netヘルスケア関連団体ワークショップとファイザーの支援活動
(VHO:Voluntary Healthcare Organization)

第16回ヘルスケア関連団体(VHO)ワークショップ
今年のテーマは「わたしの目指すリーダーとは」

様々な団体の代表や役員、医療福祉関係者により開催されるワークショップ。
今年も、議論と交流を深める場となりました。

写真:ワークショップの様子

ヘルスケア関連団体への支援活動

写真:ワークショップの様子

疾病や障がいに関わる民間団体には、患者団体・障がい者団体・家族団体・セルフヘルプグループ・支援者団体などがあり、それぞれ独立した活動を行っています。しかし、より良い医療・福祉の実現には、団体の規模や歴史の違い、医療・疾患・当事者・家族・医療従事者といった枠組みを越えた交流も必要です。ファイザーは、このような団体を「ヘルスケア関連団体」と総称し、各団体の自主性と主体性を尊重しながら、ネットワークづくりをサポートしています。

今を見つめ次の一歩を踏み出すために

その活動のひとつである第16回ヘルスケア関連団体(VHO)ワークショップが、2016年10月15日~16日に都内のファイザー研修施設で開催されました。今回のテーマは、「わたしの目指すリーダーとは」。前年度のテーマであった「軌跡・継続・変革」を踏まえ、会のさらなる発展に向け、どのようなリーダーが求められるのか、そしてどのようなリーダーを目指すのか、参加者の方々にとっては、より身近で現実的なテーマについて、熱い議論が交わされました。

写真:ワークショップの様子

「リーダー」のあるべき姿とは

写真:ワークショップの様子 写真:ワークショップの様子

初日の午前中は、今回のテーマに沿って、活水女子大学看護学部の岩本 利恵准教授、認定NPO法人アンビシャス副理事長の照喜名 通さん、一般社団法人 全国膠原病友の会代表理事の森 幸子さんによる基調講演がありました。医療従事者、当事者であり団体代表というそれぞれの視点、また各演者の実体験から感じている“理想のリーダー像”が語られました。

午後の分科会では6グループに分かれ、基調講演の感想を話し合った後、自らの経験をもとに、団体のリーダーとして大切にしていること、思い描く将来のビジョンのためにどのようなリーダーが必要かなどについての議論が進みました。分科会終了後の懇親会では、参加者同士がテーブルを囲み、和気藹々と親睦を深め、楽しい時間を過ごしました。

2日目の午前中は、各グループによる10 分間のまとめと質疑応答、午後の全体討論と総括では、目指すリーダー像について、多様な意見があったことの感想などが話し合われました。参加者からの「ワークショップは気づきを持ち帰る場」の発言に、多くの方がうなずき共感していました。

ファイザーが活動を支える、広げるサポートを

第16回目を迎えたワークショップは、それぞれの立場から足元を見つめ、次へのステップを踏み出すために、活発な議論が展開されました。2001年に第1回ワークショップが開催され、その後、地域での交流の必要性の声が高まり、2004年1月、関西で地域学習会がスタートしたのを皮切りに、現在は全国9 か所で開催され、また年に一度、各地域学習会の運営委員が参加する「地域学習会合同会議」では、地域学習会の前年度の活動報告と新年度の企画検討が行われています。活動はさらに広がり、様々なプロジェクトが生まれ、2009年には患者の視点で疾患や治療についてまとめた『患者と作る医学の教科書』を出版。2013年から始まった「信頼されるピアサポートプロジェクト」では、ヘルスケア関連団体のリーダー、医師、看護師で構成されたチームによる議論が続けられ、2015年には『VHOnetが考えるピアサポート5か条』が発刊されました。

ファイザーは、VHO-net の支援、ワークショップや地域学習会などの会場提供や設営、交通費や宿泊費の支援、分科会のサポートなどを行い、ネットワークづくりを支える事務局として、「ともに生きるための側面からのサポート」を続けています。

■VHOワークショップこれまでのテーマ

VHOワークショップこれまでのテーマ

拡大図はこちら

VHO-net での経験を患者団体の糧に
山根 則子さん(横浜市オストミー協会 幹事、VHO-net中央世話人・ワークショップ準備委員・地域学習会運営委員)

VHO-netとの出会いは2005年。オストミー協会本部の事務局に入ったばかりで、患者団体の関係づくりについて考えていた私は、ワークショップのテーマである「つなぐ」の文字を見た瞬間、その言葉に強く惹かれました。実際、参加してみると、医療従事者、患者、支援者が立場の違いを越えて同じテーブルに着き、ひとつのテーマについて自主的に話し合うというスタイルが自分の感覚とぴったりマッチして、まさに私が求めていた場所でした。以来、参加を重ね、今では中央世話人をはじめ、いくつかの役割を担っています。それによって、新たな気づきや学ぶことも多く、役を担うことで新たな気づきや学ぶことも多く、自信にもつながりました。医療従事者、患者、支援者がひとつのネットワークをつくり、一緒になって課題に向き合えるのは、ファイザーの支援の力であり、VHO-net の一番の魅力。これからも、お互いが尊重しあい、学び合ってより良い活動が続くよう、また、私個人としてもVHO-netで培った経験やスキルを活かし、もっとたくましい患者団体にしていけたらと考えています。

VHO-net:http://www.vho-net.org/

社会貢献活動

ファイザーの社会貢献活動動画~より健康な世界の実現のために~ 動画でみる

ファイザー
企業市民レポート 2016
ファイザー企業市民レポート2016 PDF版
ファイザー企業市民レポート2016(PDF:2.07MB)
『ファイザー企業市民レポート』 PDFでご確認いただけます。

THE BIG ISSUE JAPAN ビッグイシュー日本

THE BIG ISSUE 掲載記事

ファイザープログラム新規助成団体の掲載記事をご覧いただけます。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る