本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2012年度 > 医療者向けiPadアプリケーション 痛みの評価尺度用ツール「VAS Touch」のサービスを開始

ページを印刷

医療者向けiPadアプリケーション
痛みの評価尺度用ツール「VAS Touch」のサービスを開始

報道関係各位

2012年4月2日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田一郎)は、2012年3月27日より、痛みの評価尺度であるVAS(Visual Analog Scale)を用いた評価をiPadで行える医療者向けアプリケーション「VAS Touch(バス  タッチ)」をApple Storeを通じて無料アプリとして利用できるサービスを開始いたしました。

変形性関節症、腰痛症、関節リウマチなどの運動器疾患では、長期にわたる痛みを抱える患者さんの疼痛管理が重要となってきます。しかしながら、痛みの程度は、患者さんの主観によるため医療者に具体的に伝わりにくく、患者さんと医療者との意識のずれや、患者さんの治療意欲の低下、あるいは医療不信につながることも考えられます。

そこで今回、医療者の方々に対し、痛みのみならず個々の患者さんのさまざまな情報が一元管理できることで、日常診療における疼痛管理に役立てていただくことを目的として、iPadアプリケーションの「VAS Touch」を開発いたしました。

«VAS Touch  アイコン»

«VAS Touch  アイコン»

■ VAS(Visual Analog Scale)

痛みの程度を判定する方法の1つ。その時の感覚的な痛みの程度を視覚的に表現し、医療者に伝えるためのツールとして、以前から汎用されています。
左端を「痛みなし」、右端を「想像できる最も激しい痛み」として100mmのスケールに表し、患者さんに現在の痛みの程度を示してもらいます(図)。

■ VAS Touchの特徴

  1. 患者さんのVAS、診断、治療薬などの情報がiPad上で一元管理できます。
  2. VASの数値を経時的に記録でき、グラフ化して経過を簡単に追うことができます。
  3. 必要に応じて、記録をメールで送信することもできます。
  4. シンプルな操作で、どなたでもすぐに利用可能です。

※医療者限定のアプリケーションのため、初回ログイン時に免責事項に同意していただく必要がございます。

商標
iPadはApple Inc.の商標です。
App Storeは、Apple Inc.が運営するiPhone、iPad、iPod touch向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る