本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2013年度 > 関節リウマチ治療剤エンブレル®の新剤形「エンブレル®皮下注50mgペン1.0mL」の製造販売承認を取得

ページを印刷

関節リウマチ治療剤エンブレル®の新剤形
「エンブレル®皮下注50mgペン1.0mL」の製造販売承認を取得
-ワンクリックで簡単に投与、患者さんの利便性がさらに向上-

報道関係各位

2013年3月25日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田一郎)は、2013年3月22日、 武田薬品工業株式会社とコ・プロモーションのもと販売している関節リウマチ治療剤エンブレル®(一般名:エタネルセプト)の新剤形「エンブレル®皮下注50mgペン1.0mL」の製造販売承認を取得いたしました。

「エンブレル®皮下注50mgペン1.0mL」は、従来の「エンブレル®皮下注50mgシリンジ1.0mL」と同じ組成の薬液が充填されているペン型の注射剤で、ペンの最上部にあるボタンをワンクリックするだけで簡単に投与でき、患者さんの利便性を更に向上させた製剤です。また注射針がペンの中に隠れており、注射時に針を見ずに投与できるため、針への恐怖心による精神的負担の軽減にもつながります。さらに、投与後の針刺し防止機能もついており、感染症等のリスクの軽減も見込まれます。

そして「エンブレル®皮下注50mgペン1.0mL」は、従来のシリンジ製剤に比べ投与が簡便であるため、医療機関での患者さんへのトレーニング時間や手間も軽減されるものと考えております。

ファイザー株式会社 取締役 スペシャリティ・ケア事業部門長 アジア・パシフィック地域プレジデントのマーク・スウィンデルは、「ファイザー社は、このたびの承認取得を大変うれしく思っています。これまで、エンブレル®は自己注射での投与が広く行われてきましたが、中には自己注射への恐怖心から治療を躊躇されていた方もいらっしゃいました。しかし今回のエンブレル®皮下注50mgペン1.0mLの登場が、これまで治療を躊躇していた患者さんにとって、新たな治療への一歩を踏み出す良い機会になるものと期待しています。」と述べています。

エンブレル(R)皮下注50mgペン 1.0mL
<エンブレル®皮下注50mgペン 1.0mL>

「エンブレル®皮下注50mgペン1.0mL」製品概要

製品名 エンブレル®皮下注50mgペン1.0mL
一般名 エタネルセプト(遺伝子組換え)
効能・効果 既存治療で効果不十分な関節リウマチ
(関節の構造的損傷の防止を含む)
用法・用量 本剤を、通常、成人にはエタネルセプト(遺伝子組換え)として、10~25mgを1日1回、週2回、又は25mg~50mgを 1日1回、週に1回、皮下注射する。
製造販売承認日 2013年3月22日

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る