本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2013年度 > ≪喫煙に対する全国意識調査≫“世界禁煙デー”を前に、喫煙者の意識と日常生活における実態を9,400人に調査 喫煙者の4割以上が“喫煙=子どもの学習・成長へ影響なし” と認識 喫煙・非喫煙者とでは約3割の意識ギャップ

ページを印刷

≪喫煙に対する全国意識調査≫
“世界禁煙デー”を前に、喫煙者の意識と日常生活における実態を9,400人に調査
喫煙者の4割以上が“喫煙=子どもの学習・成長へ影響なし” と認識
喫煙・非喫煙者とでは約3割の意識ギャップ
~ “影響する”と回答した喫煙者でも、そのうちの2割以上が我が子のすぐ近くで喫煙 ~

報道関係各位

2013年5月29日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:梅田 一郎)は、5月31日の世界禁煙デーを前に、全国9,400人(各都道府県喫煙者・非喫煙者/男女各100人、計200人)を対象に、喫煙に関するインターネット調査を実施しました。調査では、喫煙者の意識と日常生活における実態を分析しました。
*調査期間:2013年4月27日~4月30日

<調査結果サマリ>

“我が子への配慮が不足か” 子どもの受動喫煙の実態

■「子どもの学習・成長にタバコが影響すると思う」と回答した非喫煙者はほぼ9割(86.4%)。
喫煙者は6割未満(58.0%)。この喫煙者のなかでも、子どものいる喫煙者の2割以上(23.8%)が「自身の子どものすぐ近くで喫煙する」と回答

全回答者9,400人に、「子どもの学習・成長にタバコが影響すると思いますか?」と尋ねたところ、 非喫煙者ではほぼ9割(86.4%・4,062人)が「影響する」と回答したのに対し、喫煙者では「影響する」との回答が約6割(58.0%・2,727人)にとどまりました。また、「影響する」と回答したものの、子どものいる喫煙者(1,578人)のうち2割以上(23.8%・375人)が「自身の子どものすぐ近くで喫煙する」と回答。喫煙・非喫煙で子どもの学習・成長への影響の認識に差があるとともに、認識している喫煙者でも子どものすぐ近くで喫煙してしまうという、意識と行動のギャップが見られました。 ※設問21、設問25より

■「他人の子どものすぐ近くで喫煙する」と回答した人は約1割(12.6%)にとどまったのに対し、3割以上(32.2%)が「自身の子どものすぐ近くで喫煙する」と回答。家族の前では4割以上(40.5%)が喫煙

喫煙者4,700人に、「他人の子どものすぐ近くで喫煙しますか?」と質問したところ、「はい」と回答した人は約1割(12.6%・592人)にとどまりました。しかし、「自身の子どものすぐ近くで喫煙しますか?」との問いでは3割以上(32.2%・865人)が「はい」と回答。家族の前では4割以上(40.5%・1,903人)が喫煙することから、他人の子どもの前での喫煙には配慮しながらも、自身の家族への配慮が不足していることが示されています。 ※設問22、設問23より

■自身の子どものすぐ近くで喫煙する割合が最も多かったのは徳島県43.9%、次いで三重県42.9%、奈良県・鹿児島県41.7%。一方、最も少ない割合となったのは、島根県18.2%で、1位の徳島県と25.7%もの差。次いで、宮崎県18.5%、愛知県20.0%

子どもがいる喫煙者2,690人に「自身の子どものすぐ近くで喫煙しますか?」と質問したところ、都道府県別で最も「はい」と回答した割合が多かったのは徳島県の43.9%(29人/66人)、次いで三重県42.9%(21人/49人)、奈良県・鹿児島県41.7%(25人/60人・20人/48人)でした。一方、最も少ない割合となったのは、島根県18.2%(10人/55人)で、最も多い徳島県と25.7%もの差が出ました。 ※設問21より

■喫煙者の9割近く(86.2%)が、自身の子どもへの大気汚染(PM2.5など)の影響を懸念。
しかし、影響を懸念している喫煙者のうち6割近く(59.1%)がタバコの煙にPM2.5が含まれていることを知らずに喫煙

子どもがいる喫煙・非喫煙者5,410人に、「自身の子どもへの大気汚染(PM2.5など)の影響が 気になりますか?」と尋ねたところ、9割近く(86.2%)の喫煙者(2,319人)が、「気になる」もしくは「少し気になる」と回答し、我が子への大気汚染(PM2.5など)の影響を懸念していることが分かりました。しかし、「気になる」もしくは「少し気になる」と回答した喫煙者2,319人に、「タバコの煙にもPM2.5が含まれていることを知っていますか?」と聞いたところ、6割近く(59.1%)がタバコの煙にPM2.5が含まれていることを知らずに喫煙している結果が出ました。大気汚染の影響を懸念しているものの、タバコの煙にPM2.5が含まれていることを知らずに喫煙している実態が示されています。 ※設問26、設問27より

女性喫煙者、タバコの美容への影響を認識しつつも美容へのこだわり高く

■「美容に関心がある」と、女性非喫煙者では74.1%、喫煙者でも71.8%が回答
しかし、女性喫煙者のうち8割以上(84.3%)が、タバコが美容に影響があると認識しつつも喫煙

喫煙者・非喫煙者の女性4,700人に「あなたは美容に関心がありますか?」と聞いたところ、非喫煙者では74.1%(1,742人)、喫煙者でも71.8%(1,687人)が「とても関心が高い」もしくは「まあまあ関心が高い」と回答。喫煙者も美容に高い関心があることが分かりました。 さらに「喫煙が美容に影響すると思いますか?」との問いには、女性喫煙者2,350人のうち約8割(84.3%・1,981人)が「はい」と回答。タバコが美容に影響があると認識しつつも喫煙している実態が示されました。 ※設問35、41より

■美容に月々5,000円以上かけている女性喫煙者が44.5%いるのに対し、非喫煙者では37.5%と1割近くの差。また、10,000円以上でも喫煙者が18.9%、非喫煙者が13.7%と差

喫煙者・非喫煙者の女性4,700人に「月々の美容にかける金額はいくらですか?」と質問すると、月々5,000円以上から10万円以上の間に喫煙者が44.5%(1,045人)いるのに対し、非喫煙者では同カテゴリに37.5%(882人)と1割近くの差が出ました。また、月々10,000円以上から10万円以上で見ても、喫煙者が18.9%(443人)、非喫煙者が13.7%(322人)と差が見られました。  ※設問36より

■メイクに20分以上かけているのは、喫煙者で14.0%、非喫煙者で9.7%

喫煙者・非喫煙者の女性4,700人に「メイクを完成するまでにかかる時間はどのくらいですか?」と尋ねたところメイクに20分以上から2時間以上かける割合が、喫煙者で14.0%(328人)、非喫煙者で9.7%(227人)と、喫煙者の方がメイクに時間をかけている割合が多いことが分かりました。※設問39より

<喫煙を続けることで浪費するお金と時間>

■毎月「1万円以上」タバコ代に費やしている喫煙者が4割以上(41.4%)

喫煙者4,700人に「あなたは月々タバコ代にいくら使っていますか?」と質問したところ、「1万円~2万円未満」と回答した人は、34.3%(1,611人)でした。2万円以上と回答した人も含めると、4割以上(41.4%・1,944人)の喫煙者が毎月1万円以上をタバコ代に費やしていることが分かりました。 ※設問3より

■1日の平均喫煙本数は、男性17.5本、女性12.9本。約2割(17.7%)の喫煙者が、毎日1時間以上喫煙のために時間を費やしている

喫煙者4,700人に「1日に平均して何本タバコを吸いますか?」と質問したところ、男性で17.5本、女性で12.9本という結果が出ました。また、「喫煙のために費やす時間は1日どれくらいですか?」と尋ねたところ、「30分以上~1時間未満」が最も多く、24.3%(1,142人)となりましたが、「1時間以上~2時間未満」「2時間以上」を併せた、毎日1時間以上喫煙のために時間を費やしている人も約2割(17.7%・833人)いました。 ※設問1、4より

注1:NEWS RELEASE中の数値は、金額・時間に関する表記は小数点第1位を四捨五入、そのほかは全て小数点第2位以下を四捨五入しています。

今回の調査結果について

NPO法人日本禁煙学会 (http://www.nosmoke55.jp/)理事長 作田学先生のコメント

「今回実施された調査の結果、“タバコの煙が子どもの学習・成長へ影響しない”と思っている喫煙者が4割以上もいることが分かり、さらに“影響する”と思っている喫煙者でも、2割以上が我が子の前で喫煙していることが浮き彫りになりました。親の影響から逃れられ ない子どもの受動喫煙は大きな問題であり、その親がタバコの煙による影響を正しく理解していない、もしくはしていても相反する行動をとっている状況は問題だと考えています。6歳~16歳の米国の子どもを対象とした調査*でも、受動喫煙によりタバコのニコチンを摂取した濃度が高まるほど、読解力や計算力が低下するといった研究結果もあり、“タバコの煙が子どもの学習に悪影響を及ぼす”ことが明らかになっています。今後、喫煙が自身のみならず子どもや周囲に与える影響について正しい理解が進むことが求められており、学校授業のカリキュラムに禁煙教育を取り入れることはその対策のひとつと言えるでしょう。

*Yolton, K. et al:Environ Health Perspect 113(5):98, 2005

また、年々喫煙率が減少する男性に比べ、横ばい傾向にある女性においては、高い美容意識に反して、喫煙を続けている方が多い事実も明らかになりました。日本循環器学会を始めとする医学系の9学会が定めた「禁煙ガイドライン」において、喫煙が美容に影響を及ぶことが言及されているように、タバコを吸い続ける限りは、どれだけ美容面で努力しても、その努力が  無駄になってしまうことがわかります。その他、妊娠しづらくなる、妊娠したとしても流産や早産、また新生児の低体重化や糖尿病、肥満のリスクが高まる可能性もあるなど、美容面の影響があるだけではなく、健康面において悪影響を与えうることも意識するべきです。

さらに喫煙は、金銭面での影響も見逃せません。月々のタバコ代が10,000円以上になる人も4割以上おり、家計の負担となっている家庭もあると推測されます。今回の調査だけでも、子ども・美容・金銭面での負担が浮き彫りになるなど喫煙による影響が多岐にわたることがわかります。また、自らの意志とは関係なくタバコの煙を吸ってしまう受動喫煙の現状を憂慮し、国としても喫煙に関する知識普及など、より一層の啓発活動をすすめていくことが必要です。」

以上

【参考資料】喫煙に関する調査グラフ(PDF:326KB)

Adobe Flash Player当コンテンツをご覧いただくには、最新の「Adobe Reader」が必要となります。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る