本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2014年度 > ファイザー、InnoPharma社を買収へ

ページを印刷

ファイザー、InnoPharma社を買収へ
---
製造が難しくユニークな無菌注射剤の開発に優れた実績があるInnoPharma社
---
承認済み10製品のポートフォリオと開発中30製品以上のパイプライン:19製品が米食品医薬品局(FDA)の承認待ち

報道関係各位

2014年7月25日
ファイザー株式会社

■この参考資料について
この資料は、米国ファイザー社が2014 年7月16日(米国現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳再編集し、皆さまのご参考に供するものです。正式言語は英語であり、その内容及び解釈については英語が優先します。
本データの詳細につきましては http://www.pfizer.com をご参照ください。

英文タイトル:
  • Pfizer To Acquire InnoPharma,Inc.
    ---
    InnoPharma Has Established Track Record in the Development of Hard-to-Make, Differentiated, Sterile Injectable Products
    ---
    Portfolio of 10 Approved Products and Pipeline of More Than 30 Products in Development; 19 Pending Approval with the United States Food and Drug Administration

ニューヨーク州ニューヨークおよびニュージャージー州ピスカタウェイ発7月16日-ファイザー社(NYSE:PFE)と株式未公開の医薬品開発会社InnoPharma社は本日、ファイザー社がInnoPharma社を買収するという契約に両社が同意したと発表しました。

同契約の条件のもと、ファイザー社は現金2億2500万ドルの前払金でInnoPharma社を買収し、また今後最大1億3500万ドルの目標達成報奨金を随時支払います。

InnoPharma社の現在のポートフォリオには、米食品医薬品局(FDA)に承認された後発医薬品10製品が含まれています。また同社のパイプラインは、FDAに申請中の19製品ならびに開発中の注射製剤および眼科用製剤あわせて30製品以上を擁しています。同社は既存医薬品の新規製剤の開発に力を注いでおり、がんや中枢神経障害などの領域においては、複雑な製造工程を要する、生物学的同等性の確保が困難など、製品化が難しいものも手がけています。

ファイザーのグローバル・エスタブリッシュ医薬品事業部門(GEP)グループ・プレジデントであるJohn Youngは次のように述べています。「本日の発表は、当社の無菌注射剤ポートフォリオの革新的な成長機会の探求を続けるにあたっての重要なマイルストーンであり、今回の買収によって当ポートフォリオは73製品に増加します。製造等が複雑な後発医薬品を市場に送り込むInnoPharma社の技術力、ならびにその才能と製品パイプラインは、必要とする患者さんのために非常に重要な医薬品を開発・商品化しようとする当社の努力を強化するものです。」

ファイザー・インジェクタブル(注射剤事業)は、グローバル・エスタブリッシュ医薬品事業部門の一部門であり、医療用医薬品および外科用製品の製造・生産・販売を手がけています。現在、米国内で販売されている無菌注射剤ポートフォリオは44製品、190品目以上あります。新たに追加されたファイザーのポートフォリオの73製品には、すでに市販されているものに加え、FDAに申請中のものも含まれます。

2005年に設立されたInnoPharma社は、米国ニュージャージー州ピスカタウェイに総合研究開発施設を持ち、ペン型注射剤やデポ剤(注射剤)など複雑な注射剤形を開発する能力を築いてきました。現在はこの技術を活用し、経口懸濁液や経鼻薬など新たな剤形への拡大を目指しています。

InnoPharma社の社長兼CEOのNavneet Puri博士は次のように述べています。
「InnoPharma社は、患者さんと支払者に価値と選択肢を提供する複雑でユニークな製品のポートフォリオにより、ここ数年で強力な開発企業として浮上し、またこのビジネスモデルを大きな成功をもって遂行してきた素晴らしいチームを擁しています。当社は、製薬業界におけるリーダーシップと患者さんの健康増進に尽力してきたファイザーの一員として、この価値を提供し続けることができることを嬉しく思います。」

当取引の成立は米国の規制認可が条件で、第3四半期に行われる見通しです。

本取引に関するファイザーの法律顧問はKaye Scholer社でした。J.P.MorganがInnoPharma社の財務顧問を務め、Morgan Lewis & Bockius社は法律顧問を務めました。

ファイザー:より健康な世界の実現のために

ファイザーはサイエンスとグローバルなリソースを活用し、皆様が健康で長生きし、生活を大きく改善するための治療薬をお届けしています。私たちは、ヘルスケア製品の探索・開発・製造におけるクオリティ・安全性・価値の基準設定をリードしていくことを目指しています。当社のグローバルなポートフォリオには、医薬品とワクチンに加え、世界的に著名なコンシューマー・ヘルスケア製品が含まれています。ファイザーの社員は先進国および新興市場で、今、この時代に最も恐れられている疾患の予防・治療・治癒に役立つ製品を通じて健康に貢献しています。卓越した革新的医薬品企業の責務として、優れた医薬品を誰もが容易に入手できるように、ファイザーは世界中の医療従事者、政府、地域社会と協力しています。ファイザーは私たちに信頼を寄せてくださる皆様のため、150年以上にわたり前進を続けてきました。詳細は当社のウエブサイト(www.pfizer.com)をご覧ください。

InnoPharma社について

InnoPharma社 は無菌製品の開発企業であり、複雑な後発医薬品と革新的なスペシャリティ医薬品の注射用並びに眼科用製剤の開発に特化しています。同社は幅広い製品のポートフォリオを開発中であり、その剤型は、溶液製剤、懸濁剤、凍結乾燥剤、乳剤、リポソーム製剤、ミセル製剤、脂質複合体製剤などです。InnoPharma社のパイプラインには、溶解性と安定性の確保が難しい低分子が含まれています。また、製造と特性化の困難なポリペプチドと糖質も含まれています。米国ニュージャージーにある同社の最先端のR&D施設には、製品開発のための包括的な設備があり、強力で細胞毒性のある分子を扱う能力を備えています。詳細は次のサイトをご覧ください。
www.InnoPharmainc.com

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る