本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2014年度 > エスタブリッシュ医薬品事業部門 後発医薬品の承認取得

ページを印刷

エスタブリッシュ医薬品事業部門
後発医薬品の承認取得

報道関係各位

2014年8月15日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:梅田一郎)は、本日、薬価収載後にエスタブリッシュ医薬品事業部門が担当して発売予定の後発医薬品9品目の承認取得を確認いたしました。承認されました9品目の内、オキサリプラチン点滴静注液及びシベレスタットNa点滴静注用については、後発医薬品として初めて承認を取得しています。また、レボフロキサシン錠については500mg1日1回投与法に対応するクラビット錠(500mg錠及び250mg錠)の後発医薬品として初めて承認されました。
レボフロキサシン錠の2品目はファイザー株式会社が、カンデサルタン錠、オキサリプラチン点滴静注液、シベレスタットNa点滴静注用の7品目は、業務提携先のマイラン製薬株式会社がいずれも本日付で承認を取得しています。

ファイザーでは、特許の切れた自社の長期収載品と後発医薬品の区別なく、「大切に、長く使われていく標準的な治療薬」をエスタブリッシュ医薬品として取り扱って参ります。
ファイザーには、医薬品の製造・品質・供給管理、安全性に関する情報などの収集・評価からお問い合わせへの対応まで、長年にわたって築き上げ、守り続けてきた独自の厳しい基準があります。
その基準は、新薬でもエスタブリッシュ医薬品でも変わることがなく、今後もファイザーの基準を満たす製品をお届けすることで日本の医療へ貢献していきます。

以上

ファイザー株式会社 エスタブリッシュ医薬品事業部門 後発医薬品 発売予定品目
9品目 承認日:2014年8月15日(金)

  販売名 標準先発品名 薬効分類名 製造販売
承認取得会社
内服 1 カンデサルタン錠2mg「ファイザー」
カンデサルタン錠4mg「ファイザー」
カンデサルタン錠8mg「ファイザー」
カンデサルタン錠12mg「ファイザー」
ブロプレス錠 持続性アンジオテンシンII受容体拮抗剤 マイラン製薬
2※1 レボフロキサシン錠250mg「ファイザー」
レボフロキサシン錠500mg「ファイザー」
クラビット錠 広範囲経口抗菌製剤 ファイザー
注射 3※2 オキサリプラチン点滴静注液50mg/10mL
「ファイザー」
オキサリプラチン点滴静注液100mg/20mL
「ファイザー」
エルプラット点滴静注液 抗悪性腫瘍剤 マイラン製薬
4※2 シベレスタットNa点滴静注用100mg
「ファイザー」
注射用エラスポール 好中球エラスターゼ阻害剤 マイラン製薬
  1. ※1 レボフロキサシン錠100mg「ファイザー」は、2011年12月に発売されています
  2. ※2 後発医薬品として初めて承認された成分

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る