本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2014年度 > ≪高齢者の「健康寿命と予防」に関する意識調査≫「おいしく食事が食べられる」と「仕事や趣味を続けることができる」ことで健康を実感 健康寿命を損なう疾患としての肺炎の認知はわずか8%。

ページを印刷

≪高齢者の「健康寿命と予防」に関する意識調査≫
「おいしく食事が食べられる」と
「仕事や趣味を続けることができる」ことで健康を実感
健康寿命を損なう疾患としての肺炎の認知はわずか8%。

報道関係各位

2014年12月16日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田 一郎)は、この度、65歳から70歳の男女600人を対象に健康寿命と予防に関する意識調査を実施しました。

平均寿命が年々伸びる超高齢社会の日本において、健康で自立して暮らすことのできる「健康寿命」を延ばすことは平均寿命に代わり、国の大きな目標となっています。

2014年10月1日に発表された平均健康寿命は男性71.19歳、女性74.21歳であり、平均寿命(男性80.21歳、女性86.61歳)と大きな差があることが注目されています。

今回の調査では、健康寿命の認知と高齢者がご自分の健康に対してどのような指標を持っているのかを明らかにするとともに、日常生活動作の低下につながる肺炎や、予防接種に対してどのように認知しているかを調査しました。

調査の結果から、「健康寿命」という言葉の認知は85%と高い一方で、その具体的な年齢までを認識できている方は少なく、回答者の考える健康寿命は、実際の平均健康寿命よりも男性については約3歳、女性は約5歳長く捉えられていることがわかりました。その差は特に女性の健康寿命に関して大きく、6割の方が5歳以上高く認識しており、5人に一人が10歳以上長い年齢を回答していました。

また、65~70歳の方においては、「おいしく食事ができる」ことが、健康を実感する上でもっとも重要な指標であることがわかりました。次いで、「仕事や趣味を続けること」や、自立した日常生活が送れることで健康を実感していることがわかりました。

『国民の健康寿命が延伸する社会』に向けた予防・健康管理に係る取り組みの中で「肺炎の予防」が挙げられていますが※2、一般の方におかれては健康寿命と「肺炎」の結びつきの認識は薄いことがわかりました。また健康を損なわないための手段として、ワクチンによる予防に対する意識が低いこともわかりました。

ファイザー株式会社では、より健康な世界の実現を目指し、今後とも「ワクチンで予防できる疾病はワクチンで予防する」ことの重要性が益々普及するよう、企業としても努力してまいります。

【調査結果のサマリー】
「健康寿命」の認知は85%と高いが、正確な年齢の認知は低い
  • ■「健康寿命」という言葉は、男女合わせて85%の方が認知している一方で、男性の平均健康寿命については74歳と認識されており、実際の健康寿命との差は3歳、女性は79歳と認識されており、実際より5歳長く考えられていることがわかった。
  • ■とくにその差は女性の健康寿命に関して大きく、約6割の方が5歳以上高く認識しており、5人に一人が10歳以上長い年齢を回答していた。
健康の指標は「おいしく食事が食べられる」こと。次いで「仕事や趣味を続けることができる」や自立した日常生活が送れることが重要視される。
  • ■健康であると認識する指標として、最も多かった回答は「おいしく食事が食べられる」で、日常生活の基本となる食事が重要であり、「おいしく」食べられることに健康の証を感じていることがわかった。
  • ■次いで「仕事や趣味を続けることができる」「一人で家事ができる」「自分で家計管理ができる」の回答が続き、自立してアクティブに日常生活が送れることに関連した項目が挙げられている。
健康を損なう病気は「がん」「認知症」「脳血管障害」。「肺炎」は下位。
  • ■健康を損なう可能性のある病気の中で回答が最も多かったのは「がん」。次いで「認知症」、3位は 「脳血管障害」であった。どれも生活の質を落とす可能性の大きい疾患と言える。
  • ■免疫力が低下した高齢者が罹患すると日常生活動作の低下につながる「肺炎」を気にされる方は8%にとどまった。
健康な生活を損なわないコツは「食事」「運動」「精神衛生」。予防接種に対する意識は低い。
  • ■健康な生活を損なわないために気をつけていることとして最も多かったのは「食生活に気を配る」。次いで「適度な運動をする」「ストレスを溜めない」であった。
  • ■「病気を予防するワクチンを打つ」は、わずか3%の回答であった。
【高齢者の『健康寿命』に関する意識調査の概要】
調査対象と方法: 健康状態が良いと回答した全国の65歳から70歳の男女 600人
65歳~70歳 各年齢の男女それぞれ50名ずつ
インターネット調査
調査時期: 2014年11月7日~8 日

【参考】平均健康寿命とその算定について
健康寿命とは、一般に、ある健康状態で生活することが期待される平均期間またはその指標の総称を指し、指標として「日常生活に制限のない期間の平均」「自分が健康であると自覚している期間の平均」「日常生活動作が自立している期間の平均」がある。

  1. ※1 平均健康寿命「健康日本21(第二次)各目標項目の進捗状況について」より
    http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/sinntyoku.pdf
  2. ※2 『国民の健康寿命が延伸する社会』に向けた 予防・健康管理に係る取組の推進について (厚生労働省)
    http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000019326.html

高齢者の「健康寿命」に関する意識調査
≪調査結果≫

実施:ファイザー株式会社

Q1. 健康寿命という言葉をご存じですか?(n=600)

■ 『健康寿命』85%の人が認知

  • 「健康寿命」という言葉は、男女合わせて約85%の人が認知している一方で、約44%の人が、その意味を知らない。

Q2. 日本人の男女の健康寿命の平均はおよそ何歳だと思いますか?(n=600)

■ 平均健康寿命の年齢を正しく認識している人はわずか

  • 男性の平均健康寿命は74歳と認識されており、実際の健康寿命との差は3歳、女性は79歳と認識されており、実際より5歳長く考えられていることがわかった。
  • とくに女性ではその差が大きく、6割の人が5歳以上高く認識しており、5人に一人が10歳以上長い年齢を回答していた。

実際の設問:
「健康寿命」とは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」ですが、日本人の男女の健康寿命の平均はおよそ何歳だと思いますか?
※参考:日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳です。1~87歳のなかでお答えください。※1

  1. ※1:平均健康寿命「健康日本21(第二次)各目標項目の進捗状況について」より
    http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/sinntyoku.pdf

Q3. あなたが「健康である」と認識する指標はなんですか?(n=600)

■ 健康の指標は「おいしく食事が食べられる」「仕事や趣味を続けることができる」

  •  健康であると認識する指標として、最も多かった回答は「おいしく食事が食べられる」で、日常生活の基本となる食事を「おいしく」食べられることを健康の第一の指標にし2位以降は「仕事や趣味を続けることができる」「一人で家事ができる」「自分で家計管理ができる」の回答が続き、日常および社会生活での自立を第二の指標にしている。

実際の設問:
「健康寿命」の指標のひとつは「自分で健康であると自覚している期間」のことですが、あなたが「健康である」と認識する指標はなんですか?以下の指標の中から、優先順位の高いものから順に3位までお選び下さい。

Q4. 健康寿命を損なう可能性のある病気のなかで、あなたが気になるものはどれですか?(n=600)

■ 健康を損なう病気は「がん」「認知症」「脳血管障害」。「肺炎」は下位。

  • 健康を損なう可能性のある病気の中で回答が最も多かったのは「がん」。次いで「認知症」、3位は「脳血管障害」であった。どれも生活の質を落とす可能性の大きい疾患と言える。
  • 日本人の死因の第3位であり、免疫力が低下した高齢者が罹患すると、日常生活動作の低下につながる「肺炎」を気にされる人は8%にとどまった。

実際の設問:
以下に挙げるのは、健康寿命を損なう可能性のある病気の一覧です。下記の健康寿命を損なう可能性のある病気のなかで、あなたが気になるものはどれですか?最大3つまでお選びください。

Q5. 健康な生活を損なわないために気を付けていることは何ですか?(n=600)

■ 健康な生活を損なわないコツは「食事」「運動」「精神衛生」。予防接種に対する意識は低い。

  • 健康な生活を損なわないために気をつけていることとして最も多かったのは「食生活に気を配る」。次いで「適度な運動をする」「ストレスを溜めない」であった。
  • 「病気を予防するワクチンを打つ」は11位で、わずかに3%であった。ワクチンで病気を予防することに対する理解と認識が薄いことが浮き彫りになった。

実際の設問:
「健康な生活」を損なわないために気を付けていることは何ですか?以下の中から、優先順位の高いものから順に3位までお選び下さい。

◆調査概要
調査対象: 健康状態が良いと回答した65歳~70歳の男女 600人(男性300人、女性300人)
各年齢 男女各50人
実施期間: 2014年11月7日~8日
実施手法: インターネット調査
実施地域: 全国

【参考資料】ファイザー株式会社「健康寿命と予防に関する 意識調査」(PDF:376KB)

Adobe Flash Player当コンテンツをご覧いただくには、最新の「Adobe Reader」が必要となります。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る