本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > ≪閉経後の女性の骨粗鬆症に対する意識・実態調査≫「女性の健康週間(3/1~3/8)」を前に、全国の閉経後女性3,090人の骨粗鬆症に対する意識・実態を分析 骨粗鬆症の不安を感じながらも、4割近くが検査経験なし

ページを印刷

≪閉経後の女性の骨粗鬆症に対する意識・実態調査≫
「女性の健康週間(3/1~3/8)」を前に、全国の閉経後女性3,090人の骨粗鬆症に対する意識・実態を分析
骨粗鬆症の不安を感じながらも、4割近くが検査経験なし
50代女性の半数が骨粗鬆症の検査を受けたことが「一度もない」
九州・四国エリアでは検査を受けたことがある割合が低く、関東・中部・近畿エリアと約1割の差

報道関係各位

2015年2月27日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:梅田一郎)は、2015年2月5日から 2月7日にかけて、50代以上の閉経後女性3,090人を対象に、骨粗鬆症への意識や実態に関するインターネット調査を実施しました。

日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会では、女性の健康を生涯にわたり総合的に支援することを目指し、3月1日から8日までを「女性の健康週間」として定め、2005年より活動を開始しています。また厚生労働省も2008年より、女性の健康づくりにつなげる国民運動として活動を展開してきました。さらに2013年から開始された「健康日本21(第二次)」に合わせ、平均寿命が長い女性の健康寿命を延伸することなどの女性特有の健康問題への対策を目的に、新たに「女性の健康週間実施要綱」も改正されました。

ファイザーでは、女性の健康寿命延伸を目指したプロジェクト「女性のミカタ」を2012年より展開しております。今回、女性の健康寿命延伸を阻害する要因となっている骨粗鬆症に対し、発症リスクが高まる閉経後の女性がどのように認識し、行動しているかについて把握することを目的に、意識調査を実施しました。

その結果、主に次のことが明らかになりました。

骨粗鬆症の不安を感じながらも、4割近くが検査経験なし

骨粗鬆症について知っている、もしくは聞いたことがあると回答した3,084人に、「あなたは、ご自身が「骨粗鬆症」になると思いますか?」と尋ねたところ、「骨粗鬆症になる可能性があると思う」、「今はないが、将来骨粗鬆症になる可能性があると思う」と回答した人が72.1%(2,224人=461人+1,763人/3,084人)となりました。しかし、その中で骨粗鬆症の検査を「受けたことがない」と回答した人は35.7%(795人/2,224人)と4割近くの人に上り、骨粗鬆症の不安を感じながらも、検査を受けていない人が多いことが明らかになりました。※Q9、11より

骨粗鬆症に関する認知率自体は高いが、大切な情報がまだ十分知られていない

■ ほぼ全ての回答者(99.8%)が、骨粗鬆症について認識しており、約8割(76.6%)は、「どのような病気か詳しく知っている」と回答。

全回答者に、「あなたは、「骨粗鬆症」という病気を知っていますか?」という質問に対し、 「どのような病気か詳しく知っている」と回答した人が76.6%(2,367人/3,090人)、「名前を聞いたことはあるが詳しくは知らない」が23.2%(717人/3,090人)と、ほぼ全ての回答者(99.8%)が骨粗鬆症について認識していることが分かりました。※Q4より

■ 骨粗鬆症の情報として知っていることのトップは、「骨がスカスカになる(91.0%)」。 次いで「骨がもろくなりちょっとしたことで骨折しやすくなる(88.2%)」、「骨折して寝たきりの原因にもなる(76.0%)」。

■ 一方、「糖尿病などの生活習慣病と関連がある(12.9%)」、「放っておくと悪化し寿命が短くなる(19.3%)」、「骨折しても痛みや自覚症状がないことがある(34.7%)」、「治療すると骨折をある程度防ぐことができる(45.7%)」など、重要な情報であるにも関わらず、十分知られていない情報も多い。

骨粗鬆症について知っている、もしくは聞いたことがあると回答した3,084人に、「骨粗鬆症」の具体的な症状や情報について知っていることを複数回答で尋ねたところ、最も多かった回答が「骨がスカスカになる」が91.0%(2,807人/3,084人)、次いで「骨がもろくなりちょっとしたことで骨折しやすくなる」が88.2%(2,721人/3,084人)、「骨折して寝たきりの原因にもなる」が76.0%(2,344人/3,084人)となりました。一方、「糖尿病などの生活習慣病と関連がある」(12.9%:398人/3,084人)、「放っておくと悪化し寿命が短くなる」(19.3%:594人/3,084人)、「骨折しても痛みや自覚症状がないことがある」(34.7%:1,069人/3,084人)、「治療すると骨折をある程度防ぐことができる」(45.7%:1,409人/3,084人)、といった早期発見、早期治療につながる情報に関しては半数以上の人が知らない情報もあり、偏りが見られました。※Q5より

■ また、骨粗鬆症になった場合に、どの診療科に受診すればよいか分からないと回答した人も1割強(14.9%)存在し、50歳代では約2割(19.0%)に上る。

骨粗鬆症について知っている、もしくは聞いたことがあると回答した3,084人に、「もしあなたが骨粗鬆症で病院を受診するとしたら、どこへ行くと思いますか?」と尋ねたところ、「整形外科(診療所/クリニック)」が38.7%(1,194人/3,084人)、「整形外科(大きな病院)」が24.2%(745人/3,084人)、「内科(診療所/クリニック)」が12.5%(385人/3,084人)」と続きました。一方、14.9%(459人/3,084人)の人は「どの診療科に行けばよいかわからない」と回答し、特に50代の回答者では19.0%(195人/1,029人)と、約2割の人が受診すべき診療科が分からないことが判明しました。※Q7より

発症リスクに不安を感じながらも、検査までつながらない実態

■ 7割以上(72.1%)の人は、自身が骨粗鬆症になる可能性があると回答。一方、「可能性がないと思う」と回答した理由は、「食事に配慮しているから(49.2%)」、「適度な運動をしているから(47.7%)」が上位で、自己解決できると認識。

骨粗鬆症について知っている、もしくは聞いたことがあると回答した3,084人に、「あなたは、ご自身が「骨粗鬆症」になると思いますか?」と尋ねたところ、「骨粗鬆症になる可能性があると思う」、「今はないが、将来骨粗鬆症になる可能性があると思う」と回答した人が72.1%(2,224人=461人+1,763人/3,084人)となりました。一方、「骨粗鬆症になる可能性はないと思う」と回答した人も20.8%(642人/3,084人)おり、その理由を聞いたところ、「食事に配慮しているから」(49.2%:316人/642人)、「適度な運動をしているから」(47.7%:306人/642人)という回答が多く、自己対策により発症を防ぐことができると思っていることが分かりました。※Q9、10より

■ 3人に1人は、骨粗鬆症の検査を「一度も受けたことがない」と回答。50代女性では、その割合が2人に1人まで増加。また、身近な人で骨粗鬆症になった人がいながらも検査を受けたことがない人は2割以上。

骨粗鬆症について知っている、もしくは聞いたことがあると回答した3,084人に、骨粗鬆症の 検査を受けたことがあるか尋ねたところ、「受けたことがない」と回答した人が33.3%(1,028人/3,084人)いました。50代ではその割合は増し、51.0%(525人/1,029人)と半数以上の人が検査を受けたことがないと回答しました。エリア別で見ると、検査を受けたことがない割合が九州エリアでは46.2%(104人/225人)、中国エリアが41.7%(53人/127人)と4割以上に達し、関東エリアの30.5%(374人/1,227人)、中部エリアの32.1%(150人/468人)、近畿エリアの32.9%(221人/672人)と比べ、1割程度高くなりました。
また、身近な人(親族、知人問わず)で、骨粗鬆症になった人がいると回答した人(29.7%:915人/3,084人)であっても、2割以上の23.9%(219人/915人)が検査を受けたことがないと回答し、骨粗鬆症は自分には関係ないと捉えていない人もいることが明らかになりました。※Q11、15より

■ 検査を受けたことがない理由として最も多いのは、「気になる症状がなかったから(44.8%)」、次いで「検査を受けに行くきっかけがなかったから(44.6%)」。

骨粗鬆症の検査を受けたことがないと回答した1,028人に受けたことがない理由を複数回答で尋ねたところ、最も多い回答が「気になる症状がなかったから」で44.8%(461人/1,028人)となり、次いで「検査を受けに行くきっかけがなかったから」が44.6%(458人/1,028人)となり、自覚症状が乏しい骨粗鬆症の特徴が影響し、検査を受けていない人が多いことが示唆されました。※Q14より

兆候があったり、診断を受けながらも自己判断で治療を受けない患者さん像

■ 約4割の人が「若い頃より2センチ以上身長が縮んだ」と回答し、骨折している可能性があるにも関わらず、7割以上の人は診断されず、治療もしていない。

全回答者に、「あなたは若いころより身長が低くなりましたか?」と尋ねたところ、「身長が縮んだ(2~3センチ)」と回答した人が35.4%(1,093人/3,090人)に上り、「身長が縮んだ(4センチ以上)」と回答した人3.7%(114人/3,090人)と併せると約4割の人が2センチ以上身長が縮んだと回答しました。2センチ以上の身長低下の場合は50%以上の可能性で背骨の骨折があるとされますが1)、「あなたは骨粗鬆症の治療をしたことがありますか?」と尋ねたところ、身長が縮んだと回答した人のうち、73.2%(884人/1,207人)の人が「骨粗鬆症と診断されておらず、治療もしていない」と回答し、骨粗鬆症の症状が放置されている可能性が示唆されました。※Q16、21より

■ 骨粗鬆症と診断されているにもかかわらず治療をしていない理由の上位は、「痛みなどの症状がないから(43.7%)」、「食事や運動で治せると思うから(37.9%)」、「薬を飲みたくないから(33.3%)」。

骨粗鬆症と診断されているが、治療したことはないと回答した87人に、「骨粗鬆症」と診断されながら現在治療されていない理由を複数回答で尋ねたところ、「痛みなどの症状がないから」(43.7%:38人/87人)で最も多く、次いで「食事や運動で治せると思うから」(37.9%:33人/87人)、「薬を飲みたくないから」(33.3%:29人/87人)と、自己判断で対応しようとしている患者さんが多いことが分かりました。※Q18 より

参考文献1) Siminoski, K. et al.: Osteoporos Int 16(4) : 403, 2005

今回の調査結果について

一般社団法人日本骨粗鬆症学会
理事長 太田博明先生のコメント

日本人の健康寿命延伸を妨げる寝たきり要因として、平成25年国民生活基礎調査では、『脳血管疾患』、『認知症』、『高齢による衰弱・老衰』に続き、『骨折・転倒』が第4位に挙げられています。全ての転倒を防止することはできないため、仮に転倒してしまった際に骨折しないように健康な骨の状態を保つことが求められていますが、骨折しやすい状態になる病気として『骨粗鬆症』があげられます。骨粗鬆症は男性に比べ女性に圧倒的に多く、特に閉経後にエストロゲンが低下することで発症の可能性が高まります。しかし、自覚症状が乏しいため、気づかないまま症状が進行しているケースも多く見られます。そのため少なくとも閉経後の女性は、骨粗鬆症の検査を受け、骨の健康状態を確認しておくことが必要です。

しかし、今回の調査では、骨粗鬆症の検査を定期的に受けている閉経後の女性は10%強にとどまり、しかも検査を一度も受けたことがない人が3人に1人もいることが明らかになりました。また、2センチ以上の身長の低下があった場合には、50%以上の可能性で背骨の骨折があるという報告がありますが、今回の調査では、身長が2センチ以上縮んだと回答した人のうち、70%以上の人が『骨粗鬆症と診断されておらず、治療もしていない』と回答しており、骨折者の多くが未治療のまま放置されている可能性が示唆されました。

大半の人が骨粗鬆症という病気については認知し、『骨がスカスカになる』、『骨がもろくなりちょっとしたことで骨折しやすくなる』、『骨折して寝たきりの原因にもなる』などの具体的な症状や情報を理解しているという調査結果からも、骨粗鬆症という病気が一般の方にも浸透しているように思われます。

一方、『糖尿病などの生活習慣病と関連がある』、『放っておくと悪化し、寿命が短くなる』、『骨折しても痛みや自覚症状がないことがある』、『治療すると骨折をある程度防ぐことができる』など、重要な情報であり、ぜひ知っていただきたい情報に関しては、まだ浸透していないことが明らかになりました。今後は、まだ十分に知られていないこのような重要情報を一般の方々にいかに伝えていくかが課題と思いました。

また、自分は『将来骨粗鬆症になる可能性があるとは思わない』と回答した理由として、 『食事に配慮しているから』、『適度な運動をしているから』を挙げている人が多くいましたが、実際には自己対処だけで骨粗鬆症の発症を防止できないケースは多々あります。こうした自己判断で手遅れにならないよう、医師などの専門家に相談できるような環境づくりも重要になってきます。

わが国の女性は世界一の生命長寿ですが、晩年には健康が損なわれることも多く、必ずしも 十分な健康長寿が獲得されているとはいえません。そこで今後は、健康寿命の延伸が喫緊の 課題であり、『骨の健康』は欠かせない条件となります。そのためには、骨粗鬆症を始めと する骨の病気・状態に対する正しい知識を持ち、早期発見・早期治療を心掛ける意識を持つことが求められます。私たち医療従事者も今回の調査結果を真摯に受け止め、まだ浸透して いない重要な情報を積極的に発信して参りたいと思います。

以上

【参考資料】ファイザー株式会社「閉経後の女性の骨粗鬆症に対する意識・実態調査」(PDF:751KB)

Adobe Flash Player当コンテンツをご覧いただくには、最新の「Adobe Reader」が必要となります。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る