本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > ファイザー株式会社、独立行政法人 国立がん研究センターと共同研究契約締結~産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」参加で医薬品の研究・開発を推進~

ページを印刷

ファイザー株式会社、独立行政法人 国立がん研究センターと共同研究契約締結
~産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」参加で医薬品の研究・開発を推進~

報道関係各位

2015年3月16日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:梅田一郎。以下、「ファイザー」)は、2015年3月、独立行政法人国立がん研究センター(以下、「国立がん研究センター」)と「SCRUM-Japan(Cancer Genome Screening Project for Individualized Medicine in Japan:産学連携全国がんゲノムスクリーニング)」に基づく遺伝子変異スクリーニングに関する共同研究契約を締結いたしました。

本共同研究により、ファイザーは、国立がん研究センターから全国規模の遺伝子変異スクリーニングを通じて蓄積されるデータを活用し、次世代の創薬研究・開発のさらなる推進に尽力してまいります。

【SCRUM-Japanについて】

本プロジェクトの事業主である国立がん研究センターと、全国の医療機関、ファイザーを含む製薬企業約10社が協働する産学連携プロジェクトです。2015年2月から2017年3月までの約2年間で、肺がん・消化器がんを対象に4,500症例の登録を目標とし、主に次のことを推進しながら、本邦における個別化医療の実現を目指します。

  • 一度に複数の遺伝子を解析できるマルチプレックス遺伝子診断薬を用いたゲノムスクリーニング
  • 希少がんにおける遺伝子異常の特定と最適な治療方法の研究
  • 遺伝子情報と診療情報を組み合わせたデータベースの構築
  • 上記データベースを活用した医薬品の研究・開発の基盤構築推進

*詳細は、3月10日付の国立がん研究センターによるプレスリリースをご参照ください。
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20150310.html

【取締役 執行役員 医薬開発部門長 原田 明久より】

「SCRUM-Japanを通じてアカデミアと製薬企業の連携を強化し、遺伝子情報に基づいて新薬の研究開発を加速できることは、ファイザーの研究・開発戦略において極めて重要です。一人ひとりの患者さんに最適な医療を提供することを実現するために、今回の連携を通じて希少がんの患者さんへ新薬を提供し、マルチプレックス遺伝子診断薬が普及するよう取り組んでまいりたいと思います」

【取締役 執行役員 オンコロジー事業部門長 中村 誠より】

「SCRUM-Japanにより、日本のがんの患者さんはご自身の遺伝子変異情報を早く知ることができ、また、有効な治療薬(治験薬)投与の機会を早く得られる可能性が生まれます。これまで各機関、各企業が進めてきた遺伝子解析と有効な治療薬開発を、国立がん研究センターを中心に全国の医療機関と製薬企業複数社が協力することにより、全国規模での遺伝子・臨床情報のデータベース構築が可能となり、新薬開発のスピードも加速されると期待しています。ファイザーオンコロジーとして、患者さん一人ひとりに、適切な薬剤を一日でも早くお届けすることにつながるこうした機会に貢献できることを、大変誇りに思っております」

ファイザーオンコロジーについて

ファイザーオンコロジーは世界のがん患者さんに希望の光をもたらすため、革新的な治療選択肢の発見、研究、開発に注力しています。当社の強力なパイプラインは業界で最も堅固なものであり、科学的な発見の中でも最もよい物を探し出し、多様ながん患者さんのために臨床応用することに的を絞った研究を進めています。当社は生物製剤と小分子を臨床開発するとともに、100以上の臨床試験を実施中です。学術機関、個人研究者、共同研究グループ、政府、技術提携先などと協力しながら、ファイザーオンコロジーは画期的な医薬品によるがんの治癒、あるいは、コントロールに真剣に取り組んでいます。適切な医薬品を適切な患者さんに適切なタイミングで届けることがファイザーオンコロジーの使命です。詳しい情報は www.pfizer.comで入手できます。

ファイザーについて:より健康な世界の実現のために

ファイザーはサイエンスとグローバルなリソースを活用し、皆様が健康で長生きし、生活を大きく改善するための治療薬をお届けしています。私たちは、ヘルスケア製品の探索・開発・製造におけるクオリティ・安全性・価値の基準設定をリードしていくことを目指しています。当社のグローバルなポートフォリオには、医薬品とワクチンに加え、世界的に著名なコンシューマー・ヘルスケア製品が含まれています。ファイザーの社員は先進国および新興市場で、今、この時代に最も恐れられている疾患の予防・治療・治癒に役立つ製品を通じて健康に貢献しています。卓越した革新的医薬品企業の責務として、優れた医薬品を誰もが容易に入手できるように、ファイザーは世界中の医療従事者、政府、地域社会と協力しています。ファイザーは私たちに信頼を寄せてくださる皆様のため、150年以上にわたり前進を続けてきました。詳細は当社のウエブサイト(www.pfizer.com)をご覧ください。
また、ファイザー株式会社(日本法人)の取り組みは、下記ホームページよりご覧いただけます。 www.pfizer.co.jp

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る