本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > ≪男女比較 長く続く痛みに関する実態調査2015≫長く続く痛みの対処法、男性は「我慢」女性は「くすり」男女ともに痛みを抱える人の8割、現在通院せず自己対処

ページを印刷

≪男女比較 長く続く痛みに関する実態調査2015≫
長く続く痛みの対処法、男性は「我慢」女性は「くすり」
男女ともに痛みを抱える人の8割、現在通院せず自己対処

報道関係各位

2015年4月22日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田一郎)は、長く続く痛みを抱える日本全国の20才以上の男女9,400名*1を対象に、インターネット調査を実施しました。痛みは難治化する前に、適切な診療が行われることが重要ですが、多くの人が痛みを抱えながらも我慢したり、自己判断で通院を中断している現状*2があります。そこで今回は、長く続く痛みを抱える人の意識・対処法の実態を探り、コミュニケーション行動やその背景にある考え方について男女比較を軸に検証しました。(調査期間:2015年3月27日~3月31日)

  1. *1:本調査における長く続く痛みを抱える人の定義:「週2回以上の頻度で痛みが起こる」、「1ヵ月以上痛みが続いている」人を対象
  2. *2:長く続く痛みに関する実態調査2013:ファイザー株式会社調べ

今回の調査によって、主に次のことが明らかになりました。

長く続く痛みの対処法

■ 長く続く痛みを抱える人で、現在病院に通院している人は男女ともに約2割に止まる(全体22.6%、男性22.6%、 女性22.5%)。過去の通院経験者は約4割(40.8%)、未通院者も約4割(36.6%)。【Q5】

長く続く痛みを抱える9,400人を対象に通院状況について尋ねました。その結果、現在通院している人は22.6%(2,121人)、過去通院していた人は、「痛みは続いているが通院はやめた29.5%(2,777人)」と「痛みがよくなったため通院はやめた11.3%(1,059人)」を合わせた40.8%(3,836 人)、通院したことがない人は36.6%(3,443人)でした。痛みを抱えているにもかかわらず、約8割が現在通院せず、約4割は病院を未受診で自己対処している実態が明らかとなりました。男女で比較すると、現在通院している人は男性22.6%(1,062人)、女性22.5%(1,059人)でした。過去通院していた人は男性41.5%(1,951人)、女性40.1%(1,885人)、通院したことがない人は男性35.9%(1,687人)、女性37.4%(1,756人)でした。

■ 痛みを感じたときに初めにとる対処法は「塗り薬・貼り薬を使用する」(26.0%)が最多。男性は「我慢」(男性24.0%、女性18.2%)、女性は「痛み止めを飲む」が多い(男性9.3%、女性15.1%)。【Q1】

長く続く痛みを抱える9,400人を対象に、痛みを感じたときに初めにとる対処法を尋ねたところ、「塗り薬・貼り薬を使用する」26.0%(2,444人)、「我慢する(何もしない)」21.1%(1,981人)、「病院に行く」17.6%(1,651人)の順に高い割合を占めました。男女で比較すると、男性は「我慢する」(男性24.0%(1,126人)、女性18.2%(855人))が比較的多く、女性は「痛み止めを飲む」(男性9.3%(436人)、女性15.1%,(708人))が多いことが分かり、痛みに対する対処法は性別によって異なる傾向を示しました。

■ 重視する痛みに関する情報源は「通院先の医師の指示(85.3%)」が最多。特に女性は「友人のすすめ」や「他人の体験談」を重視する傾向。【Q11】

長く続く痛みを抱える9,400人を対象に、痛みについての情報を得た際に、どの程度重視するかを情報源別に尋ねたところ、「通院先の医師の指示」について「とても重視する」20.3%(1,904人)、「重視する」65.0%(6,111人)と答えており、合計85.3%(8,015人)が重視していると回答しました。男女で比較すると女性は「友人の勧め」(男性 36.1%(1,697人)、女性52.0%(2,442人))や「家族の勧め」(男性52.1%(2,448人)、女性63.3%(2,975人))「他人の経験談」(男性44.9%(2,110人)、女性57.7%(2,712人))など口コミを重視する傾向が見受けられました。

痛みのコミュニケーションにおける男女差

■ 長く続く痛みについて周囲に伝えている人は約9割(87.2%)。伝える相手は、男女とも「パートナー(配偶者・恋人)」が最多。男性は「パートナー」や「仕事関係者」には女性よりも多く伝えている。一方で女性は「友人」や「子ども」「母親」「兄弟・姉妹」など伝える対象が広い。【Q13,複数回答】

長く続く痛みを抱える9,400人を対象に、自身が抱える長く続く痛みについて周囲の人に伝えているかどうかを尋ねたところ、87.2%(8,193 人)の人が痛みを周囲の人に伝えていることが分かりました。一方、伝えられる相手はいるものの、誰にも伝えていない人は12.0%(1,127人)でした。男女で比較すると、痛みを伝えているのは男性83.9%(3,943人)よりも女性90.4%(4,250人)の方が多いことが明らかとなりました。自身の痛みを周囲の誰かに伝えている8,193人に、痛みを伝えている対象を複数回答で尋ねたところ、「パートナー(配偶者・恋人)」が75.0%ともっと多く、次いで「子ども」45.3%、「母親」44.5%と続いています。男性は「パートナー」や「仕事関係者」には女性よりも多く伝えている一方で、女性は、「子ども」52.1%(男性37.9%)、「母親」50.7%(男性37.8%)、「友人」36.8%(男性31.3%)、「兄弟姉妹」32.3%(男性22.7%)と男性と比較すると伝える対象が幅広いことが明らかとなりました。

■ 自身の痛みを周囲に伝える理由、男性は「自身の痛みのせいで迷惑をかける可能性があるから」(34.6%)、女性は「話すことで自分が安心するから」(36.1%)が最多。【Q14,複数回答】

自身の痛みを周囲の誰かに伝えている8,193人を対象に痛みを伝える理由を尋ねたところ、「自身の痛みのせいで迷惑をかける可能性があるから」32.9%、「話すことで自分が安心するから」30.2%、「日常生活に支障があることを理解してもらいたいから」26.8%の順となりました。男女で比較すると、男性は「自身の痛みで迷惑をかける可能性があるから」34.6%、女性は「話すことで自分が安心するから」36.1%が最も多く、伝える理由は男女で異なることが浮き彫りになりました。

■ 自分が痛みを感じているときにパートナー(配偶者・恋人)に期待する行動は男性「そっとしておいてくれる」(69.2%)、女性「できないことを代わりにしてくれる」(83.1%)がそれぞれ最多。【Q15】

パートナー(配偶者・恋人)がいる7,095人を対象に、自分が痛みを感じているときにパートナーにやってほしいことを尋ねたところ、「そっとしておいてくれる」71.1%、「できないこと(家事などの用事)を代わりにしてくれる」70.8%、「身体を休めるように声をかけてくれる」68.0%の順で高い割合を占めました。男性は「そっとしておいてくれる」69.2%が最も多い一方、女性は「できないことを代わりにしてくれる」83.1%、「身体を休めるよう声をかけてくれる」78.5%が多く、相手に能動的な対応を求める傾向があることが分かりました。

■ パートナー(配偶者・恋人)が痛みを感じている場合にとる対応は、男女とも「病院に行くように言う」が46.7%と最多。【Q17】

パートナー(配偶者・恋人)がいる7,095人を対象に、もしパートナーが「長く続く痛み」を抱えている場合にどのような対応をとるかを尋ねたところ、「病院に行くように言う」が46.7%(3,315人)で最も多く、半数近くに上りました。これは、自身の通院状況【Q5】に関わらず男女ともに最も多くの割合を占めました(男性44.6%(1,594人)、女性48.8%(1,721人))。

痛みに関する通説の捉え方

■ 「女性の方が痛みに強い」と考える人は約7割(68.6%)、「男性の方が痛みに強い」と考える人は約2割(16.4%)。特に女性は「女性の方が痛みに強い」(男性60.2%、女性77.0%)と捉える傾向。【Q26】

長く続く痛みを抱える9,400人を対象に、「女性の方が痛みに強い」という意見に対してどのように考えるかを尋ねたところ、「とてもそう思う」と「そう思う」を合わせた68.6%(6,449人)が同意していることが分かりました。一方で、「男性の方が痛みに強い」という意見に対しては、「とてもそう思う」と「そう思う」を合わせた16.4%(1,542人)となり、「女性の方が痛みに強い」という通説が存在していることが浮き彫りとなりました。また、男女を比較すると「女性の方が痛みに強い」という意見に対して女性の方が同意している割合が高いこと(男性60.2%(2,828人)、女性77.0%(3,621人))が明らかとなりました。

■ 「痛みがあってもある程度我慢するべきだ」と思っている人は半数以上。女性の方が男性よりも多い傾向(男性53.2%、女性58.7%)。【Q26】

長く続く痛みを抱える9,400人を対象に、「痛みがあってもある程度我慢するべきだ」という意見に対してどのように考えるかを尋ねたところ、「とてもそう思う」と「そう思う」を合わせた55.9%(5,257人)が同意していました。また、男女を比較したところ、女性の方が男性と比較して「痛みがあってもある程度我慢するべきだ」と考えている割合が高いこと(男性53.2%(2,499人)、女性58.7%(2,758人))が分かりました。

■ 「痛み止めは飲み続けると効かなくなるのでなるべく飲まない方がいい」「痛み止めは胃が荒れるのでなるべく飲まない方が良い」と考える人は男女ともにそれぞれ約7割。【Q4】

長く続く痛みを抱える9,400人を対象に、「痛み止めは飲み続けると効かなくなるのでなるべく飲まない方がいい」という意見に対してどのように考えるかを尋ねたところ、「とてもそう思う」と「そう思う」を合わせた割合は、男性では69.2%(3,252人)、女性では68.0%(3,197人)となり、男女ともに約7割が痛み止めは飲み続けると効かなくなるのでなるべく飲まない方がいいと考えていることが分かりました。
また「痛み止めは胃が荒れるのでなるべく飲まない方が良い」という意見に対してどのように考えるかを尋ねたところ、「とてもそう思う」と「そう思う」を合わせた割合は、男性では66.1%(3,109人)、女性では66.3%(3,117人)となり、男女ともに約7割が痛み止めは胃が荒れるのでなるべく飲まない方が良いと考えていることが分かりました。

今回の調査結果についてのコメント

順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座 教授
井関 雅子 先生

今回の調査では、1か月以上痛みが続いている人を対象にしているにも関わらず、その痛みで現在通院している人は全体の約2割に止まりました。痛みが長く続いても、多くの人が我慢したり、自己判断で対処を行っている現状がうかがえます。性別での傾向を見てみると、女性は痛みを感じた初期に飲み薬を活用する割合が比較的高く、自身の痛みについて友人や母親、兄弟姉妹、子どもなど幅広い対象に男性よりも相談しています。また、痛みに関して「友人や家族の勧め」、「他人の体験談」といった口コミ情報を重視していることも分かりました。一方、男性は痛みを感じた初期は何もしないで我慢する人が多く、自身の痛みについてパートナー(配偶者・恋人)や仕事関係者には女性よりも伝えている傾向があることが分かりました。
急に痛くなり、短期間で治まる痛みは「急性の痛み」、1~3ヵ月以上と長く続く痛みは「慢性の痛み」といわれます。急性の痛みは病気や怪我の症状の一つであり、身体にとって一種の警告としての役割を果たしますが、「慢性の痛み」にはそのような役割はなく、痛み自体が病気といえます。痛みに対して適切な対処を行わずに放置していると、その痛みがまた別の痛みを引き起こし、「慢性の痛み」に変わってしまうこともあります。また、痛みは原因によって、大きく「炎症や刺激による痛み(侵害受容性痛)」と「神経の痛み(神経障害性痛)」にわけられ、長引く痛みではこのどちらの原因も関与している「混合性の痛み」が多く見受けられます。このように痛みには種類があり、種類に応じた治療や対処を行うことが重要です。痛みが悪化してしまうと、鎮痛剤が効きづらくなり、痛みを緩和させることが難しくなったり、症状の改善の遠回りになることが少なくありません。今回の調査では病院に行くきっかけとして、「痛みが強くなって我慢できなくなった」が最も多く挙げられていましたが、国際的な医療機能評価JCI(Joint Commission International:国際病院評価機構)では痛みの強さが11段階のうち3以上ある痛みは治療対象とするように指針が出ています。痛みの強さが軽度に思われても、実際には病院で治療が必要とされる可能性がありますので、治療の時期を逃さないよう、早めに医療機関に相談することが重要です。

作家・心理カウンセラー
五百田達成 氏

今回の調査により、約9割の人が、自身の抱える長引く痛みについて周囲の人に伝えていることが分かりました。痛みを伝える対象や理由について注目すると、男女でコミュニケーションの傾向に違いがみられます。例えば、自身の痛みを伝える対象として、男女ともにパートナー(配偶者・恋人)が最多でしたが、男性よりも女性のほうが、母親や子ども、友人など幅広い対象に伝える割合が顕著に高く示されました。一般的に男性は、プライドやメンツを重んじ、自分の弱みやプライベートが知られるのは最小限にしたいというニーズがあります。一方、女性は共感されたいという欲求があるため、パーソナルな情報も積極的に共有します。こういった違いが、上記の背景となっていると考えられます。また、自身の痛みを伝える理由として、「迷惑をかける可能性があるから」が男性の場合最多だったのは、合理性を重視する特徴がよく表れています。女性では「自分が安心するから」が最多理由だったのは、自身の感情や感覚を重視して動く女性の特性が表れています。
「痛みコミュニケーション」は、自らに余裕のない状態で、「目に見えないもの」を伝えなくてはいけない、きわめて高度なコミュニケーションです。だからこそその人の個性やクセが如実に表れます。大切なのは「男は●●」「女は●●」という表面的な理解ではなく、「世の中には自分と違う人がいる」「相手と自分の考えていることはまったく違う(かもしれない)」という謙虚な認識。「痛いときって、普通こうする(してくれる)でしょ?」という勝手な常識・思い込みを捨てることこそが、円滑なコミュニケーションの第一歩となります。

【参考資料】ファイザー株式会社「男女比較:長く続く痛みに関する実態調査2015」(PDF:418KB)

【インフォグラフィック】男女比較 長く続く痛みに関する実態調査2015(PDF:2.18MB)

Adobe Flash Player当コンテンツをご覧いただくには、最新の「Adobe Reader」が必要となります。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る