本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > 加山雄三さんが65歳以上のおとなに呼びかけ「健康寿命を、のばそう。65歳からのおとなの予防接種」啓発キャンペーン開始

ページを印刷

加山雄三さんが65歳以上のおとなに呼びかけ
「健康寿命を、のばそう。65歳からのおとなの予防接種」啓発キャンペーン開始

報道関係各位

2015年5月14日
ファイザー株式会社

キャンペーン新聞広告

新聞広告

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田 一郎)は、65歳以上の方における「健康寿命の延伸とおとなの予防接種」の重要性を広く知っていただくため、タレントの加山雄三さんを起用した「健康寿命を、のばそう。65歳からのおとなの予防接種」啓発キャンペーンを2015年5月から実施いたします。

世界でも有数の超高齢社会を迎えた日本において、できるだけ健康に、介護などを必要とせず自立した生活が送れる「健康寿命」の延伸が大きな課題となっています。

ワクチンは、「乳幼児を感染症から守るもの」というイメージが強いものの、65歳以上の成人にとっても、ワクチン接種によりまずは感染症をおこさないように予防することが重要です。現在、65歳以上の方が接種できるワクチンにはインフルエンザワクチンなどの他に肺炎球菌ワクチンもあります。肺炎の主要原因である肺炎球菌による感染症は、健康であっても、加齢による免疫力や嚥下機能の低下により感染のリスクが高くなります。食事や運動、手洗いうがい、口腔ケアなど日常生活でのケアに加え、肺炎球菌ワクチン接種で予防することが重要です。肺炎球菌ワクチンの接種は、シーズンに関係なくどの時期でも受けることができます。

おとなの予防接種啓発キャンペーン「健康寿命を、のばそう。65歳からのおとなの予防接種」では、加山雄三さんを起用した啓発キャンペーンポスターや啓発用リーフレットを全国の医療機関に設置するほか、新聞・ウェブ、雑誌などへの広告の掲載を予定しています。また、「おとなの肺炎球菌感染症.jp(http://otona-haienkyukin.jp/)」でも健康寿命や肺炎球菌感染症に関する情報提供を行ってまいります。

加山雄三さんコメント

いくつになっても健康なくして、やりたいことは続けられませんよね。単なる寿命ではない「健康寿命をのばすこと」僕はとっても重要だと思います。そして健康であるためには何といっても「予防」が大事!僕はだいぶ前から気をつけています。予防方法にも色々ありますが、そのひとつとしてワクチンがあることも、65歳以上の方たちに知ってもらいたいですね。

■キャンペーンイメージキャラクター

イメージキャラクター 加山 雄三

加山 雄三

1937年4月11日生まれ 神奈川県出身
1960年デビュー以来、俳優・シンガーソングライター・タレント・画家など、第一線で活躍を続けている


■「おとなの肺炎球菌感染症.jp」について

おとなの肺炎球菌感染症.jp

おとなの肺炎球菌感染症.jp
http://otona-haienkyukin.jp/

健康寿命や肺炎球菌感染症、高齢者のワクチン接種に関する情報を掲載しているほか、ご本人やご家族が肺炎球菌ワクチンの接種を検討するための「成人用肺炎球菌ワクチンチェックシート」をダウンロードすることができます。


■プレベナー13について

13価肺炎球菌結合型ワクチン「プレベナー13」は、2009年12月に乳幼児を対象として初めて欧州で承認され、現在、米国と日本を含む世界の120か国以上で乳幼児への適応が認められています。これまでに全世界で7億5千万本ものプレベナー(7価肺炎球菌結合型ワクチン)とプレベナー13が供給されてきました。日本では、ワクチンに含まれる血清型による侵襲性肺炎球菌感染症の予防ワクチンとして、発売以来5年間で「プレベナー13」「プレベナー」あわせて延べ500万人以上の子どもたちに接種されてきました。現在、5歳未満の乳幼児を対象に定期接種のワクチンとして接種されています。

また、2014年6月には日本においても65歳以上の成人への適応が追加となり、ワクチンに含まれる血清型による肺炎球菌感染症の予防ワクチンとして65歳以上の成人の方にも接種いただけるようになりました(任意接種)。世界では現在、プレベナー13は 90ヵ国以上で50歳以上の成人を対象に承認されており、米国と欧州等では、6歳から17歳の小児および青年期、また、欧州では、18歳から49歳の成人を対象としても承認されています。

ファイザー株式会社は、今後もワクチンで防げる病気 (VPD =Vaccine Preventable Diseases) からおとなと子どもを守るため、多くの方に予防接種への理解を深めていただける活動を推進してまいります。

参考資料:【高齢者の『健康寿命』に関する意識調査から】

ファイザーが、2014年に65歳から70歳の男女600人を対象に実施した「健康寿命と予防に関する意識調査」では、健康寿命を損なう可能性のある病気として「肺炎」を気にされる方は8%にとどまり、健康な生活を損なわないために気をつけていることとして「病気を予防するワクチンを打つ」ことを挙げた方はわずか3%でした。健康を損なう病気としての肺炎に対する認識や、健康な生活を保つための予防接種に対する意識の低さが、この調査結果から浮き彫りになりました。

Q1.健康寿命を損なう可能性のある病気のなかで、あなたが気になるものはどれですか?(n=600)

健康寿命を損なう可能性のある病気のなかで気になるものの調査。肺炎は11項目中9位。

Q2.健康な生活を損なわないために気を付けていることは何ですか?(n=600)

健康な生活を損なわないために気を付けていることの調査。ワクチンは13項目中11位。

≪調査概要≫

調査対象 健康状態が良いと回答した65歳~70歳の男女 600人(男性300人、女性300人)
各年齢 男女各50人
実施期間 2014年11月7日~8日
実施手法 インターネット調査
実施地域 全国

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る