本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > 企業活動と医療機関等・患者団体との関係の透明性に関する指針に基づく医療機関等ならびに患者団体に対する支払いデータ開示

ページを印刷

企業活動と医療機関等・患者団体との関係の透明性に関する指針に基づく
医療機関等ならびに患者団体に対する支払いデータ開示

報道関係各位

2015年8月5日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田一郎)は、先に日本製薬工業協会が発表した透明性ガイドラインの内容を受けて、2014年度の医療機関、医療担当者等ならびに患者団体に対する支払いを本日8月5日から当社ホームページで公開いたします。

企業活動と医療機関等ならびに患者団体との関係の透明性を確保していくことで、製薬企業が医療機関・医療担当者、そして患者団体の皆様と連携し、医学・薬学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していること、及び、その活動は高い倫理性を担保した上で行われていることについて広くご理解をいただくことが重要であると考えております。

ファイザーは今後も医療機関・医療担当者ならびに患者団体の皆様のご協力をいただき、透明性を確保しながら 「より健康な世界の実現」のために、革新的な新薬創出と医薬品の適正使用の促進に一層邁進してまいります。

【公開情報】

以上

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る