本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > 深在性真菌症治療剤「ブイフェンド®錠50mg・200mg、200mg静注用、ドライシロップ2800mg」「造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防」の効能・効果追加の承認取得

ページを印刷

深在性真菌症治療剤
「ブイフェンド®錠50mg・200mg、200mg静注用、ドライシロップ2800mg」
「造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防」
の効能・効果追加の承認取得

報道関係各位

2015年8月24日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:梅田一郎)は、本日8月24日(月)に「ブイフェンド®錠50mg・200mg、200mg静注用、ドライシロップ2800mg」(一般名:ボリコナゾール)について、「造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防」の効能・効果追加の承認を取得いたしました。

ブイフェンドは、2005年に錠剤及び静注用製剤が成人の重症または難治性真菌感染症を効能・効果として承認されました。2014年には錠剤及び静注用製剤の真菌感染症に対する小児の用法・用量の追加とともに、ドライシロップ剤が承認を取得し、侵襲性アスペルギルス症などの各種真菌症の治療に幅広く用いられています。

近年、白血病などの患者に対する造血幹細胞移植は進歩を遂げています。移植に伴う合併症のひとつである深在性真菌症は一旦発症すると予後が極めて不良であることから、真菌感染症対策は、支持療法※1として切り離すことのできない課題となっており、診療ガイドライン※2では抗真菌薬の予防的投与が推奨されています。今回、ブイフェンドが「造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防」の承認を取得したことの意義は大きく、今後、日本の造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防に大きく貢献できるものと期待しています。

ファイザーでは、自社の長期収載品と後発医薬品の区別なく、「大切に、長く使われていく標準的な治療薬」をエスタブリッシュ医薬品として取り扱って参ります。
ファイザーは、医薬品の製造・品質・供給管理、安全性に関する情報などの収集・評価からお問い合わせへの対応まで、長年にわたって築き上げ、守り続けてきた独自の厳しい基準があり、今後もファイザーの基準を満たす製品をお届けすることで日本の医療へ貢献していきます。

  1. ※1 がんそのものに伴う症状や治療による副作用に対しての予防策、症状を軽減させるための治療。
  2. ※2 「深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014」

ブイフェンド®の概要  太字下線部が今回追加された部分

製品名 ブイフェンド®錠50mg・200mg、200mg静注用、ドライシロップ2800mg
(VFEND Tablets 50mg, 200mg, 200mg for Intravenous Use, and 2800mg Dry Syrup)
一般名 ボリコナゾール(Voriconazole)
製造販売 ファイザー株式会社
効能・効果 下記の重症又は難治性真菌感染症(食道カンジダ症は、錠剤及びドライシロップ剤のみ)
  • ・侵襲性アスペルギルス症、肺アスペルギローマ、慢性壊死性肺アスペルギルス症
  • ・カンジダ血症、食道カンジダ症、カンジダ腹膜炎、気管支・肺カンジダ症
  • ・クリプトコックス髄膜炎、肺クリプトコックス症
  • ・フサリウム症
  • ・スケドスポリウム症
造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防
用法・用量 変更ありません

*詳細は、添付文書を参照ください。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る