本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > ファイザー、ホスピーラの買収を完了

ページを印刷

ファイザー、ホスピーラの買収を完了
エスタブリッシュ医薬品事業部門(GEP)の牽引役へ
潜在株式調整後1株利益が買収完了後、初年度に1株当たり0.10から0.12ドル増加し、その後も増加するものと予想

報道関係各位

2015年9月16日
ファイザー株式会社

英文タイトル:
  • Pfizer Completes Acquisition of Hospira

■この参考資料について
この資料は、米国ファイザー社が2015年9月3日(米国現地時間)に発表したプレスリリースの一部を日本語に翻訳再編集し、皆さまのご参考に供するものです。正式言語は英語であり、その内容及び解釈については英語が優先します。 http://www.pfizer.com をご参照ください。

■日本での統合に関して
グローバルでは両社は統合されましたが、日本では当面の間、ファイザー株式会社とホスピーラ・ジャパン株式会社は、個別の企業として事業活動を継続しますので、ビジネス上の変更はありません。
日本での統合に関しては、今後、改めてお知らせいたします。

2015年9月3日(木)東部夏時間午前9時
米ファイザー社(ニューヨーク証券取引所略号:PFE)は、本日、米ホスピーラ社の買収を完了したと発表しました。

ファイザー社のイアン・リード会長兼最高経営責任者は次のように述べています。「世界屈指のバイオシミラー企業であり注射剤とインフュージョンテクノロジーで世界を牽引するホスピーラ社が今やファイザーの一部門となったのは喜ばしいことです。私たちはファイザーに移籍されるホスピーラ社員の皆さんを歓迎したいと考えています。有能な社員の皆さんが加わってくださるのはエキサイティングなことですし、世界中の患者さんに奉仕するという全てのファイザー社員のコミットメントを共有できるのは誇らしいことです。今回の買収を通じ、売上と1株当たり利益が短期的に成長するとともに、GEPを強化して将来の成長に向けて位置づけることができますので、株主にとっての価値が高まることになります。」

ファイザーのGEP事業は、大きく成長する無菌注射剤分野で、今やリーダーとしての地位を確保しており、ジェネリック製品とブランド製品の両分野で堅固なポートフォリオを有しています。ジェネリック無菌注射剤の世界市場は、2020年には700億ドルに達するものと予想されています。GEPは、そのバイオシミラー事業を有意に発展させてきており、既発売製品とパイプライン資産のポートフォリオも拡大していますので、モノクローナル抗体の開発と製造におけるファイザーのベスト・イン・クラス能力の恩恵も受けることになります。バイオシミラーの世界市場は、2020年には約200億ドルに達するものと予想されています。業界をリードする薬物治療管理システムは今やGEPの一部門であり、補完的な事業として臨床医療の精度と生産性の向上を通じて患者さんと医療制度に貢献するものです。ファイザーは、今、その商業的能力、グローバルなスケール、科学的専門知識、および世界最大級の無菌注射剤製造施設2か所を含む製造能力を駆使し、GEPの無菌注射剤、バイオシミラーおよび薬物治療管理システムのポートフォリオのグローバルなポテンシャルを最大化させようとしています。

エスタブリッシュ医薬品事業部門のプレジデントであるジョン・ヤングは次のように述べています。「ファイザーとホスピーラは今や統合されたチームとして、業界で最も幅広くて多様で、かつ製造が難しく救命に役立つ無菌注射剤製品へのアクセスを患者さんに提供しています。新会社は世界トップクラスのバイオシミラー企業でもあり、堅牢なパイプライン、ベスト・イン・クラスの開発能力、世界における幅広い商業化経験を備えています。また、薬物治療管理システムを通じて新たな能力を発揮することもできます。顧客向けに提供できる高品質なジェネリック注射剤とバイオシミラーの種類を増やすとともに入手も容易にすることで、私たちは、主要な治療分野における高品質の医薬品により、世界中の患者さんの健康とQOL改善へのコミットメントの意をさらに強くしています。」

ファイザーは引き続き、今回の買収によって潜在株式調整後1株利益が買収完了とともに完了後初年度に1株当たり0.10から0.12ドル増加し、その後も増加するものと予想しています。また、ファイザーは、買収によって2018年までに年間のコスト削減効果が8億ドルに達するものと予想しています。ファイザーは、ホスピーラを取り込むことにより、2015年の業績予想を今後数週間のうちに更新する意向です。この業績予想は、ホスピーラの買収完了からファイザーの国際会計年度末である2015年11月30日までおよびファイザーの米国での会計年度末である2015年12月31日までのホスピーラの事業活動による予測利益を反映することになります。

ホスピーラは、現時点でファイザー社の子会社ですが、両社の各地の法人同士の合併は様々な法律において完了していない可能性があります。法的統合には様々な地域の法律や規制に基づく手続きを完了させる必要があります。

ホスピーラ社の株主のための情報

2015年9月3日、ニューヨーク証券取引所におけるホスピーラ社普通株式の取引は中止され、旧ホスピーラ株主には、2015年9月3日時点で保有していたホスピーラ社普通株式1株当たり90ドルの合併対価(無利子で源泉徴収後)を現金で受け取る権利が与えられました。

ホスピーラの登録株主のために、ファイザーは、Computershare Trust Company N.A.を合併対価支払のためのエージェントに指名しました。ホスピーラ株式と合併対価の交換に関する情報は、ホスピーラの登録株主に対する郵送が行われつつあり、その中に合併対価を受け取るための手続きが概略説明されています。登録株主は、支払エージェントからの連絡が届くまで、株式について何らかの行動を行う必要はありません。詳細は以下にお問い合わせください。Computershare Trust Company N.A. 電話 1-800-546-5141 (米国およびカナダ) または1-781-575-2765 (米国・カナダ以外)。
銀行、証券会社や名義人などを通じてホスピーラ株式を保有している株主は、それらの銀行、証券会社や名義人などを通じて合併対価の受け取りについての詳細をお問い合わせください。

以上

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る