本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > ≪痛み止め薬の使用実態と患者意識に関する全国調査≫ 慢性的な痛みに対する処方薬、6割が自己判断で服用を中断 7割が余った薬を保存し、症状が出たときに自己判断で服用

ページを印刷

≪痛み止め薬の使用実態と患者意識に関する全国調査≫
慢性的な痛みに対する処方薬、6割が自己判断で服用を中断
7割が余った薬を保存し、症状が出たときに自己判断で服用

報道関係各位

2015年12月2日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:梅田一郎)は、長く続く痛みを抱える日本全国の20歳以上の男女9,400名※1を対象に、インターネット調査を実施しました。長く続く痛みはQOL(Quality of Life=生活の質)の低下や就労困難を引き起こし、社会的損失を伴うこともあります。痛みの治療として、痛み止め薬は市販薬もあり身近な存在ですが、「痛みの種類」に応じた正しい付き合い方が求められます。そこで今回は、長く続く痛みを抱える人の治療薬の服用実態について探り、その背景にある意識や考え方について検証を行いました。(調査期間:2015年11月4日~11月9日)

  • ※1 本調査における長く続く痛みを抱える人の定義:「週2回以上の頻度で痛みが起こる」、且つ「1ヶ月以上痛みが続いている」人

今回の調査によって、主に次のことが明らかになりました。

不適切な薬の服用実態

■長く続く痛みを抱えた人で痛み止め(飲み薬)を処方された際に、医師や薬剤師から「効能・効果について説明を受けた」と回答した人は半数にとどまる(50.6%)。【Q15】

長く続く痛みを抱える人のうち、医師が処方した痛み止め(飲み薬)を服用した経験がある4,457人を対象に、医師や薬剤師から説明を受けた内容について尋ねたところ、「用法・用量」が最多で56.7%(2,529人)、「効能・効果」は50.6%(2,254人)にとどまりました。その他、「副作用の可能性がある症状」25.0%(1,113人)、「してはいけないこと・生活上の注意」19.2%(855人)、「併用してはいけない薬」14.1%(627人)と、重要な内容でも、説明を受けたと回答した人は限られていました。

■治療のために医師が処方した痛み止め(飲み薬)を服用する際、6割を超える人が、医師が指示した服用の仕方を守れておらず(62.7%)、7割が余った薬を保存し、症状が出た時に自分の判断で服用(67.6%)。【Q18-2,Q18-6】

長く続く痛みを抱える人のうち、医師が処方した痛み止め(飲み薬)を服用した経験がある4,457人を対象に、痛み止め薬を服用する際の経験について尋ねたところ、「仕事や外出、飲み忘れなどで医師が指示した服用の仕方を守れない」経験がある人は、「毎回ある」3.2%(144人)、「しばしばある」15.1%(675人)、「たまにある」44.3%(1,975人)をあわせると62.7%(2,794人)にのぼりました。また、残薬に関しては、「以前処方された薬が余っていても、定期的に通院して薬をもらう」経験がある人は60.4%(2,693人)、「余った薬を保存しておき、似たような症状が出た時に自己判断で服用する」経験がある人は67.6%(3,012人)も存在することが分かりました。その他、併用・増量に関しては、「痛みが改善しなかったら、薬局・薬店で買える痛み止め薬を併用する」人は31.7%(1,412人)、「痛みが改善しなかったら他の医療機関からも痛み止め薬を処方してもらい併用する」人は28.9%(1,290人)、「痛みが改善しなかったら、時間を空けずに何度も服用する」人は28.7%(1,281人)と、3人に1人の割合で、自己判断での不適切な服用に至っている実態が明らかになりました。

■医師が処方した痛み止め(飲み薬)の服用を自己判断で中断したことがある人は、62.1%存在。【Q18-12】 中断の理由は、3割が「痛みが軽減したから」と回答(26.9%)。次いで「症状が改善しなかったと感じた」(20.0%)が続く。【Q19】

長く続く痛みを抱える人のうち、医師が処方した痛み止め(飲み薬)を服用した経験がある4,457人を対象に、治療の途中でも自己判断で痛み止め薬の服用を中断した経験について尋ねたところ、「毎回ある」5.0%(224人)、「しばしばある」19.2%(856人)、「たまにある」37.9%(1,689人)をあわせると、経験者は62.1%(2,769人)にのぼることが明らかになりました。自己判断で痛み止め薬の服用を中断したことのある2,769人に、その理由を尋ねたところ、「その時には症状が改善して痛みが完全になくなったから」と回答した人は10.0%(277人)のみでした。一方、「その時には症状が改善して痛みが軽減したから」26.9%(744人)、「薬を服用しても症状が改善しなかったように感じたから」20.0%(553人)、「薬を服用し続けたら、効果が薄れてきたと感じたから」5.3%(146人)と、痛みが残っているにもかかわらず服用中断に至った人は52.1%(1,443人)でした。また、「できるだけ薬には頼りたくなかったから」14.6%(404人)、「副作用が心配だから」6.3%(174人)と、薬に対する不信や不安を理由とする層もみられました。

痛み止め薬に対する理解不足・不安

■処方薬の作用について、71.4%の人が「痛み止めの薬は飲み続けると効かなくなる」と思っている。6割の人が「服用する薬の種類を増やすことを提案されたら、症状が悪化したと考える」と回答(63.4%)。【Q24-1,Q24-13】

長く続く痛みを抱える人のうち、医師が処方した痛み止め(飲み薬)を服用した経験がある4,457人を対象に、痛み止め薬の作用に関する考えを尋ねたところ、「痛み止めの薬は飲み続けると効かなくなる」と考える人は、「はい」21.4%(952人)、「どちらかといえばはい」50.0%(2,229人)をあわせて71.4%(3,181人)にのぼりました。また、「医師から服用する薬の量を増やすことを提案されたら、薬が効きにくくなったのだと考える」と回答した人は、「はい」14.4%(643人)、「どちらかといえばはい」47.6%(2,120人)をあわせて62.0%(2,763人)となり、「医師から服用する薬の種類を増やすことを提案されたら、症状が悪化したのだと考える」と回答した人は63.4%(2,824人)でした。一方、「貼り薬は副作用がないので安心だ」と考える人は54.6%(2,435人)を占めました。このように、痛み止め薬の種類やその作用について、思い込みや誤った解釈をしている人が少なくないことが示されました。

■長く続く痛みを抱えている人で、「医師に勧められたとしても痛み止め薬の量や種類を増やすことに抵抗感がある」と回答した人は4割(38.4%)。【Q22】

長く続く痛みを抱える人のうち、医師が処方した痛み止め(飲み薬)を服用した経験がある4,457人を対象に、医師に薬の量や種類を増やすことを勧められる場合の抵抗感について尋ねたところ、38.4%(1,712人)が「抵抗がある」と回答しました。

■抵抗感の理由は、「薬の種類を少なくした方が、体への負担が少ない」(92.0%)、「たくさんの種類の薬を服用し続けると、副作用が心配」(91.3%)、「薬に依存してしまうのが怖い」(88.4%)。【Q23-2,Q23-4,Q23-6】

処方薬の量や種類を増やすことに抵抗感を持つ1,712人を対象に、その理由を尋ねたところ、「服用する薬の種類を少なくした方が、身体への負担が少ないから」と回答した人は、「はい」46.7%(800人)、「どちらかといえばはい」45.3%(775人)をあわせて92.0%(1,575人)にのぼり、「服用する薬の量を少なくした方が、身体への負担が少ないから」と回答した人も90.9%(1,557人)となりました。また、「たくさんの種類の薬を服用し続けると、副作用が起きるのが心配だから」91.3%(1,563人)、「たくさんの量の薬を服用し続けると、副作用が起きるのが心配だから」90.5%(1,549人)と副作用を理由とする人や、「薬に依存してしまうのが怖いから」88.4%(1,514人)と依存性に対して不安を抱いている人も多いことが分かりました。

痛みの種類とその治療への認識

■神経が要因となる慢性的な痛み(神経障害性疼痛)の疑いがある人は18.9%存在。【SC8-2】

長く続く痛みを抱える人9,400人を対象に、「神経障害性疼痛のスクリーニングツール(簡易調査票)※2」に沿ってスクリーニングを実施したところ、神経障害性疼痛の疑いがある人は18.9%(1,776人)と、5人に1人の割合にのぼることが分かりました。

  • ※2 (神経障害性疼痛診療ガイドブック小川節郎 編集1 南山堂:2010,付録)より

■7割の人が、神経障害性疼痛を認知している(67.9%)。【Q26-2】

長く続く痛みを抱える人9,400人を対象に、知っている痛みの種類について尋ねたところ、神経障害性疼痛を認知している人は、「よく知っている」20.2%(1,898人)、「聞いたことがある」47.8%(4,489人)をあわせて、67.9%(6,387人)でした。

■神経障害性疼痛には、市販薬が効きにくいということを知っている人は3割にとどまる(29.0%)。【Q28-3】

長く続く痛みを抱える人9,400人を対象に、痛みの治療方法について尋ねたところ、「『神経障害性の痛み』には、薬局・薬店で買える薬が効かないこと」について、「よく知っている」8.5%(803人)、「聞いたことがある」20.5%(1,924人)をあわせても、29.0%(2,727人)にとどまることが分かりました。さらに、「『痛みの種類』によっては、複数種類の薬(炎症性の痛み止めや、神経性の痛み止め)を一緒に用いると痛みを抑えやすくなること」を認知している人は38.1%(3,578人)、「『痛み止め』の種類によっては、薬の量を増やすことで痛みを抑えやすくなること」を認知している人は46.4%(4,358人)という結果となり、薬の種類や量は痛みの種類に応じて変わることが未だ十分に理解されていない実態が明らかになりました。

■「痛みがあっても普通に日常生活を送ることができればよい」という考え方(58.2%)よりも、「痛みは完全に取り除きたい」という考え方を持つ人(89.2%)が多い。【Q29】

長く続く痛みを抱える人9,400人を対象に、痛みの捉え方について尋ねたところ、「痛みがあっても、普通に日常生活が送ることができればよい」との考えは、「とてもそう思う」7.0%(662人)、「そう思う」51.1%(4,808人)をあわせて58.2%(5,470人)にみられました。一方、「痛みは完全に取り除きたい」との考えは、「とてもそう思う」45.8%(4,309人)、「そう思う」43.4%(4,075人)をあわせて89.2%(8,384人)にのぼりました。また、「痛みによって日常に支障がある事を理解してもらいたい」との考えは、78.1%(7,345人)にみられた反面、「痛みのつらさは、他人からは理解しがたい」との考えは87.7%(8,241人)にのぼり、他者からは見えない慢性的な痛みを抱える人の内面の葛藤がうかがえる結果となりました。

薬剤師への相談経験

日常的な服薬管理を担う調剤薬局の薬剤師へ、痛み止め薬について相談している人は4割にとどまる(38.4%)。【Q12】

長く続く痛みを抱える人9,400人を対象に、調剤薬局の薬剤師への痛み止め薬に関する相談経験について尋ねたところ、「いつも相談している」3.2%(301人)、「しばしば相談している」8.1%(759人)、「たまに相談している」27.1%(2,552人)をあわせても38.4%(3,612人)にとどまりました。長く続く痛みを抱えていても、痛み止め薬について薬剤師への相談経験がない人は、相談経験者の約1.6倍となることが明らかとなりました。

薬剤師へ相談したことがない人の理由は、「医師から説明を受けたので、相談しなくてよいと思った」(24.0%)が最多、「インターネットで調べられる」(14.0%)、「必要があれば薬剤師が説明してくれる」(11.6%)が続く。【Q14】

長く続く痛みを抱える人のうち、調剤薬局の薬剤師への痛み止め薬に関する相談経験のない5,788人を対象に、相談しなかった理由について尋ねたところ、「治療を受けている医師から説明を聞いていたので、相談しなくてもよいと思った」が24.0%(1,389人)と最多。一方、「あとでインターネットなどで調べられるので、相談しなくてもよいと思った」14.0%(812人)、「必要があれば薬剤師の方から詳しく話をしてくれると思っていた」11.6%(672人)という結果もみられ、消極的なコミュニケーション姿勢の一端がうかがえました。

今回の調査結果についてのコメント

日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野 診療教授
加藤 実 先生

痛みを我慢し長引かせることは、身体的な辛さに加えて、家事、仕事、通学などに支障をきたす場合がしばしばあります。さらに、痛みの継続は患者さんに不安や気分の落ち込みなどを生じさせ、結果的に身体的な苦痛感をさらに増強させ痛みの悪循環を引き起こします。

このため痛みに対しては、早期からその人の痛みの種類を評価し、評価に基づいた痛みの種類に応じた適切な薬の選択、加えて運動療法を併用することで「痛み」を軽減し、日常生活の改善に向けて治療していくことが大切です。

今回の調査では、長く続く痛みを抱え、痛み止めを使用・服用している患者さんでは、痛み止めの継続・増量・追加が困難な状況にある事実が浮かび上がる結果でした。患者さん側が挙げた痛み止めの継続・増量・追加を困難にしている要因は、継続の不安、副作用の不安、身体への負担感に対する不安などが高頻度で認められます。さらに医師から増量の意味が適切に患者さんに伝えられていなかったことから、「増量は痛み止めの効果の減弱あるいは症状の悪化のため」という誤った患者さんの思い込みが多数認められました。これらに加えて、医師から「効能・効果の説明を受けていない」、「副作用については説明を受けていない」、さらには「痛み止め薬の量や種類の増減」について医師と話をしたことがないと認識している方が多く見受けられました。

以上から痛み止めの継続・増量・追加を困難にしている主な要因は、医師から患者さんへ痛み止めの目的、副作用とその対応、服薬指導などについて具体的で詳細な情報提供がされず、両者間での適切なコミュニケーションができてない結果が反映されたことだと考えられます。また、これまで日常診療において使われていた「痛み止め」の多くは非ステロイド性鎮痛薬であり、医師の処方は規定量を短期間あるいは痛い時だけ使用する「屯用」が一般的でした。さらに通常は治療中に服用期間の延長、規定量の増量などは行われず、患者さんの知識としても「痛み止め」は長期継続や増量に伴う胃腸障害などに留意すべきであるという認識がある程度浸透したことが、結果的に全ての痛み止めに対しても同様な危惧が生じたのかもしれません。
痛みの種類、強さ、痛み止め薬の効き方も患者さんにより様々なため、必要とされる薬の種類も量も患者さんにより異なります。診療現場では患者さんから痛み止めの効果と副作用の情報を取集し、痛み止めの種類に限らず個々の患者さんに適した痛み止めの選択と維持量を決定することが基本となります。

このために医師に求められることは、痛み止めを処方する際は、患者さんに目的、作用機序と役割、治療目標の設定、具体的な副作用とその対応法、維持量の決め方などを説明すること。さらには、痛みは目に見えない苦痛であり、血液検査や画像検査で評価できないという特徴があることから、診察毎に自身が感じている痛みや副作用について感じたことをそのまま医師に伝えることが、患者さんにとって少ない副作用で最大の鎮痛効果が得られ、日常生活の質の改善につながる最良の方法であることを伝え、時間をかけて患者さんの理解を得ることが大切だと思います。

最近になり、痛みには種類があることがわかってきました。それは大きく分けて、炎症などを原因とする「侵害受容性の痛み」、神経の障害が原因となる「神経障害性の痛み」、これらがあわさって起こる「混合性の痛み」です。そして、その痛みの種類によって、治療薬も異なるということが医師の間で急速に広まり、かつ少しずつ患者さんの間でも浸透し始めたところです。

今回の調査結果についてのコメント

帝京平成大学薬学部薬学科 教授
井手口直子 先生

今回の調査を通じて痛み止め薬を利用する患者さんの行動特徴やその背景にある考えがクリアになりました。患者さんにとって身近な存在である薬局・薬店で買えるOTC薬に関しては、効能・効果、用法・用量、副作用、禁止事項について薬を飲む前に確認しているものの、4割近くの方が服用方法について迷われています。また、「OTC薬には副作用がない」「貼り薬や塗り薬は副作用がない」といった誤解がみられたり、患者さんの3人の1人が、治療効果を期待して処方薬とOTC薬を自己判断で併用するという危うい使い方をされている実態が明らかになりました。一方で、薬剤師に薬の服用方法について相談されたことがある方は4割にとどまっており、薬剤師が患者さんに関与できる余地が、まだ多くあると実感しました。

OTC薬は、処方薬よりも副作用が少ないと思っている方もいらっしゃるようですが、医薬品である以上、用量や使用方法を誤るとかえって健康を損なうことにもなりかねません。また、OTC薬は、軽い病気の症状など自分自身で健康管理を行うために活用するもので、決められた用量を服用してもなかなか症状が回復しない場合は、医療機関を受診し、適切な治療を見極めることが必要となります。しかし、今回の調査では1ヵ月以上痛みがある人を対象にしているにもかかわらず、4割近くの人が未だ医療機関の受診に至っていません。

痛みを抱えていても医療機関への受診のタイミングが分からなかったり、薬のことを医師に聞けなかったりと不安や疑問がある場合にはぜひ薬剤師に気軽に相談していただきたいと思います。また薬剤師から主体的に患者さんへ働きかけを行うことも、地域に根付いた“かかりつけ薬局”の役割として、1人ひとりの最適な治療の実現のために欠かすことはできないと考えます。

【参考資料】ファイザー株式会社「痛み止め薬の使用実態と患者意識に関する全国調査」(PDF:1,195KB)

Adobe Flash Player当コンテンツをご覧いただくには、最新の「Adobe Reader」が必要となります。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る