本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2016年度 > ≪女性の過活動膀胱(OAB)患者の実態に関する調査≫女性OAB患者の約9割が「切迫性尿失禁」を経験 その困窮度は高く、半数近くが「とても困っていた」と回答

ページを印刷

≪女性の過活動膀胱(OAB)患者の実態に関する調査≫
女性OAB患者の約9割が「切迫性尿失禁」を経験
その困窮度は高く、半数近くが「とても困っていた」と回答

報道関係各位

2016年8月30日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:梅田 一郎)は、過活動膀胱(OAB)で医療機関を受診している、もしくは受診経験のある50歳以上の女性患者265名を対象に、「女性OAB患者の実態」に関するインターネット調査を行いました。

OABとはOveractive Bladderの略で、尿意切迫感を必須とした症状症候群です。「尿意切迫感」とは、突然起こる、我慢できないような強い尿意であり、通常の尿意とは異なります。これ以外にも昼夜問わずトイレに何度も足を運ばなければならないような「頻尿・夜間頻尿」、尿意切迫感を感じると同時または尿意切迫感の直後に我慢できず尿が漏れる「切迫性尿失禁」といった、日常生活に大きな支障をもたらす症状を伴うことがあります。

女性のOAB患者は、日本排尿機能学会の過活動膀胱診療ガイドラインや各種論文によると、約580万人に上ると推定されています。

今回の調査では、新たに以下のことが明らかになりました。

女性OAB患者の92.5%が「切迫性尿失禁を経験」【Q1】

■女性OAB患者の約9割(92.5%)が、「急に、抑えられないような強い尿意がおこり、トイレに間に合わず漏らしてしまうことがあった」と回答

過活動膀胱または頻尿において医療機関を受診し始めた時の症状、状況について複数回答で尋ねたところ、92.5%(245人/265人)が「急に、抑えられないような強い尿意がおこり、トイレに間に合わず漏らしてしまうことがあった」と回答し、女性OAB患者は「切迫性尿失禁」を経験している割合が高いことが判明しました。

【Q1】女性OAB患者における切迫性尿失禁の経験の有無

切迫性尿失禁は、他のOAB症状と同様に高い有症率【Q2】

■OABの主症状である「尿意切迫感」や「頻尿」などと同様に、約9割(92.5%)の女性OAB患者が「切迫性尿失禁」を経験している

過活動膀胱または頻尿において医療機関を受診し始めた時の症状、状況について複数回答で尋ねたところ、OABの必須症状である尿意切迫感を示す「急に、抑えられないような強い尿意がおこり、がまんするのが難しいことがあった」100.0%(265人/265人)や、頻尿を示す「日中、何度もトイレに行くことがあった(1日に8回以上)」97.0%(257人/265人)などと同様に、切迫性尿失禁を示す回答「急に、抑えられないような強い尿意がおこり、トイレに間に合わず漏らしてしまうことがあった」が92.5%(245人/265人)で、他のOAB症状と同様に高い有症率であることが明らかになりました。

【Q2】女性OAB患者における各OAB症状の有症率

切迫性尿失禁は困窮度が高く、半数近くが「とても困っていた」【Q3】

■各OAB症状の、有症状に対する困窮度において、「切迫性尿失禁」の症状に半数近く(44.1%)が「とても困っていた」と回答

Q2で、OABの各症状が「ある」と回答した人に対し、それぞれ「どれくらい困っていたか?」と質問したところ、尿意切迫感に次いで有症率の高い頻尿や夜間頻尿よりも、切迫性尿失禁のほうが「とても困っていた」と回答した割合が高く(44.1%:108人/245人)、困窮度の高さがうかがえました。

【Q3】各OAB症状を持っている女性OAB患者の、有症状に対する困窮度(とても困っていた)

女性OAB患者は外出に不安を感じ、日常生活や社会活動が制限され、楽しみが奪われている【Q4】

■OAB症状による日常生活での困窮度について、約8割が「外出時で、常にトイレの場所を気にしないといけない」(78.1%)などと外出時の不安について回答

OABの症状による日常生活上の困窮度について尋ねたところ、「長時間トイレにいけない時に不安に感じる(長時間の会議や移動など)」が86.0%(228人/265人)、「長時間外出する時に不安を感じる」が83.0%(220人/265人)、「外出時で、常にトイレの場所を気にしないといけない」が78.1%(207人/265人)と、頻繁にトイレに行けないような環境に身をおくことに対する不安感や、外出時の不便さについての回答が高い割合で示されました。

■「旅行や外出を控えてしまう」(60.0%)、「友人・知人とのつき合いを控えてしまう」(40.0%)など、約半数がOABにより日常生活や社会活動が制限されていた

「旅行や外出を控えてしまう」60.0%(159人/265人)、「友人・知人とのつき合いを控えてしまう」40.0%(106人/265人)など約半数の人が、OAB症状により日常生活や社会活動が制限されており、QOLを低下させていることが判明しました。

■「症状に対して、気分的に落ち込んでしまう・めいってしまう」(50.9%)、「趣味を存分に楽しむことができないと感じる」(47.2%)など、日常生活の楽しみが奪われていることが示唆された

OABがあることで、「症状に対して、気分的に落ち込んでしまう・めいってしまう」50.9%(135人/265人)、「趣味を存分に楽しむことができないと感じる」47.2%(125人/265人)など、約半数が日常生活の楽しみが奪われていることも示唆されました。

【Q4】女性OAB患者における日常生活での困窮度

今回の調査結果について

日本排尿機能学会 理事長
福井大学医学部 泌尿器科学 教授
横山 修 先生のコメント

今回の調査は、女性のOAB患者さんの実態を明らかにしたものであり、非常に意義のあるものです。過去の疫学調査では、40歳以上でOAB症状を持つ方の約半数に尿失禁があることが明らかにされていましたが、今回の調査では約9割の女性OAB患者さんが「切迫性尿失禁」を経験し、その有症率の割合は頻尿や夜間頻尿などの症状と同様であったことは意外な結果でした。切迫性尿失禁は今回の調査結果からもうかがえるように、心理的・精神的負担が大きく、人付き合いを避けるようになるなど、QOLへ非常に大きな影響を及ぼす症状です。

この調査の対象はOABにより通院経験がある方でしたが、疾患の特性上、実際には誰にも相談できず、通院に至っていない患者さんは多くいらっしゃると思います。また通院していても、「失禁」については医師に相談できていないことも想定されますので、我々は、「切迫性尿失禁」で悩まれている患者さんを念頭に置き、今後の診療に当たりたいと思います。

東京女子医科大学東医療センター 骨盤底機能再建診療部 教授
巴 ひかる 先生のコメント

OABは「尿意切迫感」「頻尿」「切迫性尿失禁」が主症状であり、女性にとっては、他の疾患のように医師や周囲の人へ具体的な症状を、気軽に相談することが難しい疾患です。
今回の調査では、女性OAB患者さんの多くに切迫性尿失禁があることがわかりましたが、女性は男性より尿失禁を起こしやすい体の構造をしているうえに、加齢や出産による骨盤底筋の脆弱化も加わり、尿意切迫感が切迫性尿失禁に結びやすくなっていると解釈できます。切迫性尿失禁は腹圧性尿失禁と異なり、いつ失禁するかを予見できないため、切迫性尿失禁の経験やそれに対する恐れが日常生活に影響を及ぼしていることが推測されます。実際、今回の調査では、多くの女性OAB患者さんが日常生活への不安について回答されており、これらのことが行動範囲を制限させ、QOLを低下させていることも確認されました。

女性患者さんにとって、OABの治療はどのような検査や治療をされるのかが分からず、不安に感じることもあるようですが、簡単な問診や検査で診断でき、内服薬で治療できるケースも多いため、一人で悩まずに医師へ相談することをお勧めします。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る