本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2016年度 > ホスピーラ・ジャパンから製品の承継が完了 12月1日よりエッセンシャルヘルス事業部門が担当

ページを印刷

ホスピーラ・ジャパンから製品の承継が完了
12月1日よりエッセンシャルヘルス事業部門が担当

報道関係各位

2016年12月1日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田一郎 以後ファイザー)は、ホスピーラ・ジャパン合同会社(東京都渋谷区、職務執行者:濵本昌彦 以後ホスピーラ)が製造販売承認を有する製品の承継が本日12月1日に完了し、今後ファイザーが事業を引き継ぐことをお知らせします。

昨年9月に米国ファイザー社は、米ホスピーラ社の買収を完了したことを発表しました。日本においても統合の手続きを進めており、製品の承継が本日完了したことに伴い、ファイザー株式会社エッセンシャルヘルス事業部門がホスピーラ関係の事業を引き継ぎます。

このうち、ホスピーラが製造販売承認を有していたがん領域ジェネリック注射剤につきましては、持田製薬株式会社と日本国内で包括的に販売提携を行う契約を締結しており、持田製薬株式会社の同意を得て、当該契約上の地位をファイザーが本日付で承継します。

同じくホスピーラが製造販売承認を有していたα2作動性鎮静剤「プレセデックス®静注液200μg「ホスピーラ」」の日本国内における販促活動は、昨年よりファイザーと日本国内で包括的に販売提携を行う契約を締結しておりましたが、本日以降は、ファイザーが引き続き情報提供活動を行い、新たに販売も行います。

ファイザーでは、ホスピーラとの統合により、患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上に一層貢献して参ります。

以上

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る