本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2017年度 > 女性の言い出しづらい『切迫性尿失禁』の悩み「『UUI※1』と言い換えて医師に相談してみませんか?」西村知美さんが問いかける疾患啓発キャンペーンを開始

ページを印刷

女性の言い出しづらい『切迫性尿失禁』の悩み
「『UUI※1』と言い換えて医師に相談してみませんか?」
西村知美さんが問いかける疾患啓発キャンペーンを開始

報道関係各位

2017年1月6日
ファイザー株式会社

テレビCMイメージカット

テレビCMイメージカット

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田 一郎)は、過活動膀胱の自覚症状のうち、突然起きる、我慢できないような強い尿意のためトイレに間に合わず、失禁してしまう病態である『切迫性尿失禁』について、2017年1月より疾患啓発キャンペーンを開始いたしました。

日本排尿機能学会が2003年に実施した疫学調査※2では、40歳以上で過活動膀胱の症状をもつ男女のうち、63.9%の女性が週1回以上の切迫性尿失禁を経験していることが報告されています。また、過活動膀胱の患者さんのうち医療機関を受診した割合は全体で22.7%であり、女性では7.7%に留まっていることも報告されています。

一方で、ファイザーが2016年に実施した『女性の過活動膀胱患者の実態に関する調査※3』では、過活動膀胱で受診経験のある女性の多くが、切迫性尿失禁により日常生活や社会活動が制限されている実態が明らかとなりました。この背景には、やっとの思いで医療機関を受診しても、切迫性尿失禁については医師に相談出来ていないことが伺えます。

以上の点から、『切迫性尿失禁』という患者さんが非常に言い出しづらい言葉を、医療機関等で『UUI』と言い換えることで相談のハードルが下がり、円滑なコミュニケーションが実現され、悩みの解決に少しでも繋がることを願い、キャンペーンを展開いたします。

本キャンペーンでは、これまでご自身の尿漏れに関するつらいご経験をメディアで公表されている西村知美さんに、2017年1月から3月にかけテレビCMに登場いただきます。また『UUI相談室』と題したWebサイトを新設し、情報提供をして参ります。

  1. ※1:UUI=切迫性尿失禁(Urgency Urinary Incontinence)の頭文字。
    UUIは国際禁制学会、米国泌尿器科学会、欧州泌尿器科学会などで幅広く用いられている用語です。
  2. ※2:本間 之夫ほか:日本排尿機能学会誌14(2):266-277, 2003
  3. ※3:ファイザー株式会社プレスリリース:http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_08_30.html

■疾患啓発キャンペーンキャラクターについて【西村知美さん プロフィール】

イメージキャラクター 西村知美さん

1970年12月17日生まれ 山口県出身
1985年4月第一回ミス・モモコグランプリを獲得
1986年3月公開の映画「ドン松五郎の生活」主演でデビュー、
同時に主題歌「夢色のメッセージ」で歌手デビューを果たす
現在、バラエティ番組、女優等幅広く活躍する一方、多数の資格を持つことでも知られる


西村知美さんコメント

「この度、女性がなかなか相談しづらい『UUI』について、疾患啓発キャンペーンのキャラクターを務めさせていただくこととなりました。私自身、尿漏れでとてもつらい思いをしてきました。今回の活動をきっかけに、現在お悩みの女性が医療機関に相談されるきっかけとなり、少しでも悩みが解決されることに繋がればと思います。」

■『UUI(切迫性尿失禁)相談室』サイトについて

過活動膀胱や切迫性尿失禁に関する有益な情報を掲載しています。また、症状を医師に伝えるための『UUIチェックシート』のダウンロードが可能です。合わせて今回のCMや、本サイトの監修医である横山修先生と西村知美さんの対談動画などもご覧いただけます。

UUI(切迫性尿失禁)相談室

UUI(切迫性尿失禁)相談室
http://www.oab-info.com/

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る