本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2017年度 > バイオシミラー協議会に加入

ページを印刷

バイオシミラー協議会に加入

報道関係各位

2017年3月31日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:梅田一郎)は、4月1日付けでバイオシミラー協議会(事務局:東京都中央区、理事長:黒川達夫 HP: https://www.biosimilar.jp/)に正会員として入会いたします。

バイオシミラー協議会は、バイオシミラーの開発や普及に向けての課題について産官学の関係者で議論の場を設け、必要な提言を行い、バイオシミラーの振興と発展に寄与する事で、医療の発展に貢献することを目的として2016年4月に発足しました。

ファイザーでは現在、グローバルで14品目のバイオシミラー(日本ではこの内5品目)を開発中でありますが、この度同協議会の主旨に賛同して加盟することといたしました。

バイオシミラーとは、国内で既に新有効成分含有医薬品として承認されたバイオテクノロジー応用医薬品(先行バイオ医薬品)と同等/同質の品質、安全性、有効性を有する医薬品として、異なる製造販売業者により開発される医薬品です。

ファイザーはバイオ医薬品の開発、製造、販売の各分野で優れた実績を有しており、その経験と実績を生かし、構造が複雑なバイオシミラーの領域でも成功出来る体制が整っていると考えています。有効性、安全性が担保された高品質のバイオシミラーを提供することによって、重要な医薬品へのアクセスを拡大させるとともに医療従事者や患者さんにとって治療選択肢を増やすことにつながります。

ファイザーでは、同協議会への加入を機に、広く社会にバイオ医薬品ならびにバイオシミラーへの理解を促し、日本における様々な医療ニーズに貢献できるための活動を継続していきたいと考えています。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る