本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2017年度 > 「あなたのせいだけではない かもしれない」上田晋也さんによる『ニコチン依存症』についての疾患啓発キャンペーンを開始

ページを印刷

「あなたのせいだけではない かもしれない」
上田晋也さんによる『ニコチン依存症』についての疾患啓発キャンペーンを開始

報道関係各位

2017年6月5日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田 一郎)は、タレントの上田晋也さんにご登場いただく『ニコチン依存症』に関する疾患啓発キャンペーンを6月9日から開始します。

ニコチン依存症は、医療機関で医師・看護師のサポートを受けながら治療を受けることができる疾患であるにも関わらず、一部ではニコチン依存症が疾患として捉えられず、適切な治療に結び付いていない実情が見受けられます。

折しも厚生労働省は昨年の8月に、15年ぶりに『喫煙の健康影響に関する検討会報告書(通称「たばこ白書」)』を改訂し、喫煙者のリスク及び受動喫煙が人に与える影響について公表しました。それによると、日本での受動喫煙による推定死者数は1万5千人とされ深刻な影響が具体的なデータとして浮き彫りにされました。また今年3月には同省から受動喫煙防止対策の強化についての基本的な考え方の案が示され、様々な場面において議論が展開されています。このような社会的背景が喫煙者、非喫煙者を問わず、喫煙について考えるきっかけとなり、「禁煙」について前向きに検討しはじめる喫煙者の方やそのような方々をサポートするご家族等の関係者もいらっしゃるのではないかと思います。

一方で、ファイザーが2016年に実施した『喫煙に関する47都道府県調査2016』など多くの調査において、喫煙者がなかなか禁煙に踏み出せなかったり、自力で禁煙に挑戦し失敗してしまったりするという、ニコチン依存症の実態を物語る内容が示されています。

そのような背景のもと本キャンペーンでは、禁煙経験のある上田晋也さんにおよそ3週間テレビCM等にご登場いただき、ニコチン依存症についての疾患啓発を展開して参ります。CMでは上田さんに、「あのたばこもそのたばこもやめたくてもやめられないのは、ニコチン依存症の可能性があります」「禁煙外来で約8割の成功率」「禁煙はひとりでするより、お医者さんと一緒に」といったメッセージをテンポよく語っていただいています。
また、禁煙疾患啓発WEBサイト『すぐ禁煙.jp』について今回のキャンペーンに合わせてリニューアルし、有用な情報を提供して参ります。

≪上田晋也さんのコメント≫

私自身、過去に禁煙を達成しましたが、自力で禁煙したためとても苦労したのを覚えています。今回の活動をきっかけに、禁煙治療に踏み出すか迷われている方の背中を押し医師に相談されるきっかけとなり、タバコから離れられることに繋がればと思います。

※:ファイザー株式会社プレスリリース:≪喫煙に関する47都道府県調査2016≫
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_09_16.html

■疾患啓発キャンペーンについて

≪CMイメージカット≫

疾患啓発キャンペーン“すぐ禁煙.jp”CMイメージカット

≪情報サイト“すぐ禁煙.jp”(http://sugu-kinen.jp/)について≫

本サイトにはたばこの害、禁煙、禁煙外来に関する有益な情報等を掲載しています。また禁煙治療を望む患者さんのお近くにある禁煙外来実施施設についても紹介しています。

≪上田晋也さんのプロフィール≫

イメージキャラクター 上田晋也さん

1970年5月7日生まれ 熊本県出身
1991年コンビ結成。
熊本県済々黌高校のラグビー部で知り合う。
上京後、上田さんが事務所に履歴書を送る日に、偶然有田さんと再会し海砂利水魚を結成。 
コンビ名の由来は伊豆にあるカレー店の名前から。
2001年9月、番組の罰ゲームで「くりぃむしちゅー」とコンビ名を改める。
漫才、コント、執筆、司会にも定評がある。


レギュラー出演地上波番組(放送局・番組名50音順)
(TBS)
上田晋也のサタデージャーナル
(テレビ朝日)
くりぃむクイズ ミラクル9・くりぃむナンチャラ・くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館
(日本テレビ)
上田晋也の日本メダル話・おしゃれイズム・Going!Sports&Newsしゃべくり007・世界一受けたい授業
(フジテレビ)
今夜はナゾトレ

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る