本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2017年度 > ≪低身長に関する親子意識調査 ~毎年9月20日は“子どもの成長啓発デー”~≫低身長の子どもをもつ親と本人への低身長に関する意識調査 身長が低いことで嫌な思いをしたことがある子どもが約8割 6割以上は、身長が低くなかったら生活は違ったと回答 一方、親は健康であれば問題ないと認識に差

ページを印刷

≪低身長に関する親子意識調査 ~毎年9月20日は“子どもの成長啓発デー”~≫
低身長の子どもをもつ親と本人への低身長に関する意識調査

身長が低いことで嫌な思いをしたことがある子どもが約8割
6割以上は、身長が低くなかったら生活は違ったと回答
一方、親は健康であれば問題ないと認識に差

報道関係各位

2017年9月20日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:梅田 一郎)は、9月20日の子どもの成長啓発デーを前に、低身長に該当する本人500人と低身長の子どもをもつ保護者500人を対象とした、低身長に対する意識と対策の有無、病気の認知、治療法としてのホルモン補充療法に対する意識・実態調査を下記のとおり行いましたので、結果をお知らせいたします。

形式 インターネット調査
対象 ① 低身長*に該当する18歳以上の男女 500名
② 3歳から18歳の低身長の子どもをもつ20歳以上の母親 500名
目的 低身長の本人と低身長の子をもつ親が、身長が低いことについてどのように認識し、どのような対策を講じているかを把握すること。
調査期間 2017年8月30日~9月1日(3日間)

*低身長…この調査にでは、身長が同性同年齢の人と比べて-2SD(標準偏差)以下の方を低身長と定義しております。

調査結果全体はこちらをご参照ください。

今回の調査により、下記の点が明らかになりました。

1)健康であれば問題ない?低身長に対するあきらめも背景に

■自身の低身長に対し、「健康なので特に問題ない」という回答が7割以上(73.0%)、親でも6割以上(61.0%)【Q1】

Q1 ご自身(お子さん)の身長についての考えに最も近いものをお答えください。(単一回答)

■身長が低い原因として「遺伝」との回答が最も多く、本人で7割以上(75.0%)、親で5割以上(53.0%)。一方、「病気」と答えた割合は本人、親ともに1割未満【Q2】

Q2 周囲の人に比べ、ご自身(お子さん)の身長が低い原因は何だと思いますか。思いつくものをすべてお選びください。(複数回答)

■身長を伸ばすために「特に何もしていない」という回答が本人では最も多く7割以上(76.6%)だが、親では6割以上(66.0%)が何かしらの対策を実施。しかし、医療機関に相談している人はともに1割前後【Q3】

Q3 現在、ご自身(お子さん)の身長を伸ばすために実施していることはありますか。もしあれば、以下の中から当てはまるものをすべてお選びください。(複数回答)

■身長が低いことを誰にも相談したことがない人は7割以上(72.0%)。理由として最も多いのは「相談しても解決しないと思ったから」で半数以上(54.2%)【本人:Q7、Q9】

Q7 今までに身長が低いことを誰かに相談したことはありますか。ある場合はどなたに相談したかお知らせください。(複数回答)

Q9 身長について相談しなかった理由で最も当てはまるものをお選びください。(単一回答)

2)子の心、親知らず?親子で分かれる低身長への思いと悩み

■身長が低いことで子どもが嫌な思いをしたことがあると答えた親が3割程度(33.0%)であったのに対し、実際に嫌な思いをしたことがあると答えた本人の割合は約8割(79.6%)となり、乖離が存在【本人:Q6、親:Q7】

本人:Q6 今までに身長が低いことで嫌な思いをしたことはありますか。(単一回答)
親:Q7 今までにお子さんの身長が低いことで、お子さんが嫌な思いをしたことがあると聞いたことはありますか。(単一回答)

■身長が低くなかったら、子どもの生活は今とは違っていたと思う割合は親では2割未満(17.2%)である一方、本人は6割以上(61.8%)と倍以上の差【本人:Q10、親:Q11】

本人:Q10 身長が低くなかったら、自分の生活は今とは違っていたと思いますか。(単一回答)
親:Q11 身長が低くなかったら、お子さんの生活は今とは違っていたと思いますか。(単一回答)

3)病気、治療法、助成制度への低い認知。知っていれば治療を受けたかったという声も

■背が伸びにくい原因のひとつとして成長ホルモンが出にくい体質/病気があることや、その治療方法があることについて知っていた人は本人で31.6%、親で49.2%と、ともに半数以上が病気の存在を知らなかった【本人:Q11、親:Q12】

本人:Q11/親:Q12
【提示】
背が伸びにくい原因は、遺伝や食生活、睡眠、運動以外にも成長ホルモンが出にくい体質/病気の可能性があります。
成長ホルモンが不足している場合は、食事や睡眠・運動に気を付けていても、背が伸びにくい場合があります。
成長ホルモンが不足しているかどうかは、医療機関で検査ができます。
体質/病気が原因の場合は、身長を伸ばすため、思春期までであれば成長ホルモンを補充する治療方法もあります。
上記【提示】の内容についてご存知でしたか?(単一回答)

■また、条件を満たせば、成長ホルモン療法に関する費用助成が受けられることを知っていた親は 2割強(23.6%)、本人は1割未満(8.2%)といずれも低い割合にとどまる【本人:Q18、親:Q19】

本人:Q18/親:Q19
あなたは、成長ホルモン療法に関する費用は、国の厚生事業として法制化されている「小児慢性特定疾病の医療費助成制度」により条件を満たせば助成を受けることができることをご存知でしたか。(単一回答)

■一方、助成を受けられることを知っていれば医療関係者に治療を相談したと思う割合は、親が3割強(34.5%)だったのに対し、本人は50.4%と半数に上り、高いニーズが存在【本人:Q19、親:Q20】

本人:Q19/親:Q20
(本人:Q18/親:Q19で「いいえ」と答えた方対象)
助成を受けられることを知っていれば、医療関係者に治療を相談したかったと思いますか。(単一回答)

今回の調査結果から、本人、親ともに身長が低いことは遺伝など避けられない要因であると考え、健康であれば問題ないという認識が強いことが明らかになりました。そのため、病気が原因になっていると考えている人の割合も少なく、医療機関に相談している人は限られました。
一方、身長が低いことで嫌な思いをしたことがある割合は本人では約8割に上り、身長が低くなかったら、今とは違った生活だったと思うと答えた人も6割以上存在しました。実際に背が伸びにくい原因のひとつとして成長ホルモンが出にくい体質/病気の可能性があり、思春期前であれば成長ホルモン療法により身長が伸びる可能性があること、条件を満たせば治療費が助成されることを伝えたところ、半数以上の回答者が医療機関に治療の相談をしたかったと答え、身長が伸ばせるのなら伸ばしたいとのニーズは高いことが伺えました。

【取締役 執行役員 希少疾病部門長 サビーネ・ジリアムより】

「ファイザー希少疾病部門では、今回の調査を通じて得られた結果をもとに、子どもの成長啓発デーをはじめとする様々な機会を通じ、背が伸びにくい原因のひとつとして成長ホルモンが出にくい体質/病気の可能性があること、適切な治療を通じ症状が改善する可能性があることを伝え、早期診断・早期治療の実現に貢献してまいります」

ファイザーと希少疾病について

希少疾病は、あらゆる病気の中でも特に深刻であり、世界中の3億5,000万人の患者さんに影響を及ぼしています。現在判明している希少疾病は7,000種類以上ありますが、承認された医薬品が存在するのは、そのうちわずか5%です。希少疾病の患者さんとその大切な人々は、より良い治療オプションを待ち望んでいます。その切迫した状況の中、ファイザーは、革新的医薬品を患者さんに届けるべく、世界的な展開を活かし、リソースと専門知識を積極的に投入しています。希少疾病に対するファイザーの重点的取り組みは、20年以上にわたる経験と、血液、神経、遺伝性代謝性疾患、呼吸器の領域における20種類以上の化合物からなるパイプライン、および世界中で承認された20種類以上の医薬品からなるグローバルポートフォリオに基づいたものです。ファイザーの希少疾病部門では、科学技術を根拠として、多くのファイザー社員の力を合わせ、希少疾病患者さんに貢献すべく日々尽力しています。

ファイザーについて:より健康な世界の実現のために

ファイザーはサイエンスとグローバルなリソースを活用し、皆様が健康で長生きし、生活を大きく改善するための治療薬をお届けしています。私たちは、ヘルスケア製品の探索・開発・製造におけるクオリティ・安全性・価値の基準設定をリードしていくことを目指しています。当社のグローバルなポートフォリオには、医薬品とワクチンに加え、世界的に著名なコンシューマー・ヘルスケア製品が含まれています。ファイザーの社員は先進国および新興市場で、今、この時代に最も恐れられている疾患の予防・治療・治癒に役立つ製品を通じて健康に貢献しています。卓越した革新的医薬品企業の責務として、優れた医薬品を誰もが容易に入手できるように、ファイザーは世界中の医療従事者、政府、地域社会と協力しています。私たちに信頼を寄せてくださる皆様のため、150年以上にわたり前進を続けてきました。詳細は当社のウエブサイト(www.pfizer.com)をご覧ください。また、ファイザー株式会社(日本法人)の取り組みは、次のホームページよりご覧いただけます。www.pfizer.co.jp

【参考資料】ファイザー株式会社「低身長に関する親子意識調査」(PDF:682MB)

Adobe Flash Player当コンテンツをご覧いただくには、最新の「Adobe Reader」が必要となります。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る