pfizer

Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために

医薬開発

創薬から育薬まで

医薬開発部門の役割は、研究所で生まれ非臨床試験を乗り越えた新薬の候補を受け継ぎ、薬としての可能性を確認する臨床試験を実施し、国による審査と承認を受け、新薬を世に送り出すことです。また、患者さんの声や医療機関からのニーズを薬の開発や改良に反映させるために、他の部門とも密接に連携し、医薬品の開発を通して「より健康な世界の実現」を目指しています。
一方、ファイザーが誇る国内外で得た豊富な臨床データを有効活用するとともに、国際共同試験によりドラッグラグを解消し、欧米諸国と同時に申請、承認取得しています。これからも、常に新薬を世に送り出し続けるために、日本のアカデミアや他の企業との共同研究にも力を入れ、優れた薬を世界中に届けられるように取り組んで参ります。また、薬の開発に対する透明性をより高めるために、患者さん向けの臨床試験結果や医薬品のリスク管理計画などの公開も積極的に進めて参ります。