本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 会社案内 > 環境への取り組み > 名古屋工場の活動に伴う環境影響評価

環境への取り組み

名古屋工場の活動に伴う環境影響評価

名古屋工場では、環境に著しい影響を与える活動を対象とし、その影響をできるだけ少なくするために改善を行なっています。

●資源・エネルギー使用量
 
エネルギー
電気 3、549万キロワット時
都市ガス 2,275kNm3
購入蒸気 34,230トン
 
水道水 6,211トン
工業用水 758,026トン
井戸水 3,513トン
 
化学物質
VOC 568トン
PRTR物質 25トン
医薬品原材料 730トン
 
容器包装
ガラスびん 183トン
292トン
プラスチック 343トン


写真:ファイザー名古屋工場   ●名古屋工場の活動

製造部門
●主な製品の製造量
原薬 83トン
錠剤 24億錠
カプセル 1億2千万個
バイアル 2千4百万本

●環境負荷量
大気
CO2 22,043トン
VOC 37トン
PRTR物質 6トン
水域
排水量 729,629トン
COD 7トン
SS 7トン
PRTR物質 0.02トン
廃棄物
廃棄物発生量 1,892トン
リサイクル量 1,565トン
最終処分量 45トン
PRTR物質 7トン
(外部への移動量)

名古屋工場ではこれまで、重油を燃料としたコージェネレーション設備によりエネルギー供給(電気と蒸気)を行ってきました。2007年に製造量や製造形態を見直し、コージェネレーション設備に替わり、電気は購入電力、蒸気はクリーンな都市ガスを用いる低圧ボイラーに変更しました。これにより大気中へのCO2や硫黄酸化物等の排出削減が可能となりました。

製造部門では、大気、海域(衣浦湾)、廃棄物への環境影響を考慮して、使用する原材料(化学物質)や容器・包装材料、製造工程に配慮しています。工程からの廃棄物や廃液は、その性状に合わせて最適な処理方法を選択しています。排水処理施設は活性汚泥方式で、工場内の各部署からの排水を浄化し、衣浦湾に放流しています。

名古屋工場の環境影響評価(主なもの)

環境側面 環境影響 対象となる活動
エネルギー使用(電気・蒸気) 地球温暖化(CO2排出) 低圧ボイラー(都市ガス)の運転、製造全般
大気への排出 揮発性有機化合物(VOC) 大気汚染 原薬製造工程(精製・合成)
大気への排出 オゾン層破壊物質(ODC) オゾン層破壊 原薬製造工程(合成)
排出水の海への放流 水質汚濁 排水処理
悪臭の発生 悪臭 排水処理
廃棄物の発生 廃棄物問題 製造全般

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る