本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です

ファイザープログラム 助成団体 THE BIG ISSUE 掲載記事

DV、性被害、虐待、身体について、15年の相談活動。
女性の悩みと向き合ってきた経験生かし、性産業従事者と性被害の実態も調査
-NPO法人 女性ヘルプネットワーク

15年前から続けてきた女性からの相談は、今や年間300件にのぼる。その中で、性被害が一様ではないという事実も見えてきた。真に必要なサポートを探るために行った「性産業従事者と性被害の関係」についての調査、理想とするワンストップセンターの構想などについて聞いた。

3つのグループ。
性被害「ひなたぼっこ」、身体の悩み「ひととき」、人間関係「ひだまり」

画像:理事長 楠本 千恵子さん 理事長 楠本 千恵子さん 画像:事務局長 野口 真理子さん 事務局長 野口 真理子さん

「女性ヘルプネットワーク」の事務局長を務める野口真理子さんは、もともと北九州市で、カンボジアの女性を支援するボランティア団体の代表を務めていた。1994年 、北九州市は、9月にエジプト・カイロで開催された「国際人口開発会議」で「性と生殖に関する健康と権利」が提唱されたことを受け、北九州市にも「性と生殖」について考える女性グループを立ち上げようと提案。女性支援団体の代表でもあった野口さんに声がかかった。

95年4月には10人が集まり、「痴漢」というテーマで第1回目の勉強会を開いた。97年には市の相談員のバックアップも受け、女性専用の相談窓口を開設。「相談時間は1日2~3時間でしたが、学生時代の性被害を今も夫に言えず苦しんでいる、夫からたたかれた腹いせに子どもをたたいてしまう、といった深刻な悩みが寄せられました」

野口さんたちは相談員の勉強会はもちろん、女性を保護する公的施設や児童相談所にも足を運び勉強を重ねた。そこで意気投合したのが、現在、「女性ヘルプネットワーク」の理事長を務めている楠本千恵子さん。当時は、児童相談所の児童福祉司として働いていた。また、スタッフの田原美知子さんは、自身の経験を生かし相談業務を担っている。「夫からDVを受けて離婚した後、被害者の気持ちに寄り添えるのではないかと思い、相談員の講習を受けたんです」

野口さんはこれまでを振り返って言う。「始まった当初は、どこへ逃げればいいかというような、DV被害者からの相談が主でした。今はシェルターこそ増えましたが、『逃げたけど仕事が見つからず、うつ状態なのに精神科にもかかれず、死のうと思っている』といった相談が増え、中長期的な支援の必要性を感じています」

たとえば相談内容によって、男女共同参画センターやハローワークなどを紹介するほか、「性被害が原因で摂食障害になった」という女性に対しては、東京の自助グループからアドバイスをもらいながらサポートを続けるなど、多くの団体とも提携している。

また「女性ヘルプネットワーク」自身も、3つのグループを運営している。性被害や性的傷つき体験をもつ女性の自助グループ「ひなたぼっこ」。更年期、妊娠、出産など、女性であるがゆえの身体の悩みを抱えた女性の自助グループ「ひととき」。そして、夫婦関係や人間関係で悩んだり、生きづらさを抱えたりする女性たちをカウンセラーがサポートする「ひだまり」だ。

「性的にいやな経験」女性の83%。女性は被害と気づかないことも

写真:スタッフ 田原 美知子さんスタッフ 田原 美知子さん

中でも「ひなたぼっこ」には、「男性が怖い」と訴える女性が多く集まっていた。ところがある時、男性とすぐに親しくなりすぎ、自分は「性的依存」ではないかと悩む女性や性産業で働く女性が入ってきた。そのことで、他の参加者は一時混乱したが、性被害の後遺症が一様ではないことをみんなが知るきっかけとなった。

「相談窓口にも性被害経験をもち性産業で働く女性から、給料不払いなどの労働問題、暴力団やストーカーがからんだ相談など、バックに異性関係の問題が潜む相談が寄せられ、どうサポートすべきか悩んでいた」と、野口さんは言う。そこで性被害体験がある人への異性や性の問題を今後のサポートに生かすために11年、ファイザープログラムの助成を受けて「性的虐待体験者が性産業で働く理由とその実態調査」を実施した。

最初に女性団体や新聞紙上での呼びかけを通して、一般女性95人に質問紙による調査を行った。その結果、83.2パーセントに当たる79人が「性的にいやな経験をしたことがある」、そのうち73人が「心身への影響がある」と答えている。また「性産業等の仕事(援助交際を含む)の経験」については18.1パーセントの17人が「ある」とし、そのうち16人が「心身への影響がある」と回答している。

続いて、性被害と性産業、両方の経験をもつ女性からの聞き取り調査を行った。プライバシーの漏洩を恐れ、直前になって断る人が続出する中、7人が応じた。性産業で働くことになったきっかけ、性被害との関係、家族との関係などについて話を聞いた野口さんは、「被害を被害として受け止めていない女性の多さに驚いた」と話す。「中には何度も痴漢行為を受け、会社でセクハラに遭い、心も傷つき痛んでいるのに『自分が警察などに訴え出ていないものは被害ではない』と思い込んで、自分が悪いと思っている女性もいました」

調査の結果、「家庭など身近なところに“性”に深くかかわる環境があり、“性”に否定的でありながらも、それを大きな存在として意識させられた子ども時代」という共通点が浮かび上がってきた。そのことが、「自らの性を売買することに違和感をもたせなくしていったのではないか」と、野口さんたちは推察する。

「性的な傷つきが心身に影響を与えて生活に支障をきたし、ほかの仕事に就くことが難しくなり、経済的な問題も含めて性産業を選ばざるを得なくなった」という構図も見えてきた。

「性産業で得たお金は摂食障害による過食を満たす食費や借金返済、生活費に消えています。彼女たちは決して着飾るためのお金がほしかったわけじゃない。その時は、厳しい暮らしを抜け出すために精いっぱい選んだ道だったんだと思う」と野口さんは言う。

過去の被害体験も相談できる「ワンストップセンター」

写真:博多に伝わる話芸の伝統芸「博多にわか」を使ったワークショップの様子博多に伝わる話芸の伝統芸「博多にわか」を使ったワークショップの様子

さらに楠本さんは、男性とすぐに親しくなりすぎる女性の傾向として、今回の調査結果と児童相談所で子どもたちを見てきた経験から、「自尊感情の低い人が多い」との印象をもっている。

「貧困や虐待、親の離婚などを経験した少女の中には、愛されたい一心から父親に似た年配の男性に近づいていく子もいる。大事にされているという感覚がもてないから、自分の身体がどうなってもいいという考えに走ってしまうのです」

性被害体験が「非行」というかたちで表出する少女も少なくないという。「本人が何も言わなくても、周囲の大人は彼女たちのSOSに気づいて、『何かあったのではないか』という温かい目を向けてあげてほしい」と野口さんは話す。

「女性ヘルプネットワーク」では学校へ出向き、中高生を対象に「性の逸脱行動」や「デートDV」を防止する授業も行っている。授業の中では、性行為にはリスクが伴うこと、アダルトサイトに書き込みをしただけでも罪に問われる場合もあれば、性犯罪に至らなくても相手のいやがる行為があることなどを伝えている。

そして今後は、「性暴力被害者支援ワンストップセンター」の必要性についても提言を続けていくつもりだ。「ワンストップセンターといえば緊急支援がメインと考えがち。しかし長い間、心身への影響に苦しんできた人たちは、緊急支援の窓口に、たとえば10年も前の被害のことを言っても、自分たちは被害者と見なしてもらえないのではないかと不安を感じている。専門スタッフを通して、司法や医療などの支援が無料で受けられる緊急支援。過去の被害体験についても相談、法律や心理面、生活や就労などの支援が無料で受けられる中長期支援の両方が欠かせない」と野口さんは言う。

また、「性的虐待体験者が性産業で働く理由とその実態調査」の報告書は、全国の公的機関などに配布した。どこで閲覧できるかは、直接問い合わせてきた人にのみ教えている。

「性産業で働く女性の中には雇用主である業者や客から、すさまじい暴力を受けている人もいる。それは仕事だから仕方ないとか、そういう仕事をするあなたが悪いということを言わないで、助けを求めてきた時は偏見をもたず、そのままの状態を受け入れてサポートしてほしい。また、社会の中でも、そういう仕事をする人に対する偏見をもつことなく、その仕事を選ばないといけなかった状況を知ってほしい」

NPO法人 女性ヘルプネットワーク

95年、「女性と健康北九州ネットワーク」として設立。97年4月より女性専用の電話相談を開始。08年、NPO法人認証を受ける。女性や子どもの人権擁護のための相談・同行支援、婦人疾患や女性精神科医療に関するグループ支援、男女共同参画に関する調査研究・講師派遣などを行っている。

〒802-0034 北九州市小倉北区須賀町13-1
TEL&FAX : 093-541-5805
メール : jd3rm9@bma.biglobe.ne.jp
ホームページ : http://www7b.biglobe.ne.jp/~whnetwork/

  • 無料電話相談(10分前後の情報提供)
  • 土曜日10~12時(日・祝・年末年始を除く)
  • 電話・スカイプ・面談による個人相談(要予約)
  • 1回50分以内3000円(30分以内2000円)
    共に、093-541-5805まで。

※名称・団体名はTHE BIG ISSUE掲載当時のものです。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る