本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です

ファイザープログラム2018年度の活動

ファイザーでは、「心とからだのへルスケア」の視点を重視したより良い社会への寄与を目的として、公的機関のサービスや社会資源が十分に整っていない分野で活動している市民活動・市民研究を応援しています。

社会を支える中堅世代の心身のケアに取り組む市民活動・研究を支援

全国100件を超える応募の中から、選考委員による厳正な選考の結果、2018年度の助成対象プロジェクトが決定し、12月に贈呈式を開催しました。

写真:挨拶を述べる原田社長(左) / 助成決定書の贈呈(右) 挨拶を述べる原田社長(左)/ 助成決定書の贈呈(右) 写真:プロジェクトの概要をプレゼンする代表者 プロジェクトの概要をプレゼンする代表者
画像:2018年度ファイザープログラム応募団体支援対象の分類2018年度ファイザープログラム応募団体支援対象の分類 拡大図はこちら

ファイザープログラムは、「心とからだのヘルスケア」に取り組む市民活動・市民研究を支援する助成事業です。2000年の創立以来、疾病や障がいを抱える方をはじめ、生活困窮者や公的制度の狭間で支援を必要とする方々など、従来の「ヘルスケア」の枠で捉えられないような対象者を支援し、また最長3年間の助成の継続や、多くの助成プログラムでは対象とならない人件費等をカバーするなど現場のニーズに合った取り組みを続けています。2013年からは、公的支援が届きにくい30~50歳代の中堅世代に対象を絞り、この世代の心身のケアに関する課題に取り組む市民活動・市民研究の支援を行い、社会的課題への先見的な対応として高く評価されています。

本年度は、104件の応募の中から、新規助成7件(助成総額1388万円)、継続助成8件(助成総額1500万円)、合わせて15件のプロジェクトを選出しました。

ファイザーでは、このような支援を通じて、革新的な医薬品の開発と提供だけでは十分に果たすことのできないヘルスケアの課題にも取り組み続け、より健康な世界の実現のために貢献していきたいと考えています。

2018年度助成対象プロジェクトはこちら

ファイザープログラム 2018年度新規助成
ひきこもりピアサポーター養成研修及び実践活動に関する研究と普及事業

特定非営利活動法人 KHJ全国ひきこもり家族会連合会(家族(K)・ひきこもり(H)・Japan(J))《東京都》

ピアサポーター養成を通してひきこもり当事者と家族を支援 誰もが生きやすい地域共生社会を目指す

写真:本部事務局長の上田理香さん 本部事務局長の上田理香さん

「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」は、ひきこもりに取り組む団体としては唯一の全国的な組織です。1999年に「ひきこもり親の会」として設立されて以来、全国の家族会と連携して行政に働きかけ、誰もが希望をもつことのできる社会の実現を目指して活動してきました。現在、40都道府県55支部で、約3,800家族が参加しています。

KHJでは、各家族会での相談会の開催や、居場所の運営などを支援。仲間として助け合う「ピアサポート活動」を促進することで、ひきこもり当事者と家族が孤立せず、安心と希望を取り戻して自尊心を回復する手助けを行っています。また、講演会をはじめとしたひきこもり問題の啓発活動や、2002年からは全国の実態調査を行い、要望書として国や自治体へ支援のあり方を提言しています。

本部事務局長の上田理香さんは「私たちの体験や活動が新聞などで紹介されるたびに、『うちも同じ』『どこにも相談できなかった』という、家族からの悲痛な声が殺到します。孤立し、水面下で悩む家族が非常に多いと感じています」と語ります。

最近「8050問題」という言葉が注目されています。ひきこもりが長期高年齢化し、親が80代、子が50代を迎えた孤立家族のことで、生活に行き詰まるなどの問題が噴出し始めています。KHJでは早くからこの問題に注目し、厚生労働省や内閣府に対して提言を行ってきました。

ひきこもりが長期高年齢化するほど、家族の困難は複合化し、深刻度を増していきます。しかし、相談にのるための専門知識や支援策を習得している人材はまだ少なく、そのためKHJには自治体や関係機関から多くの相談が寄せられています。

KHJは、長期高年齢化を防ぐためにはピアサポーターによる支援が有効と考え、家族や当事者を対象としたピアサポーター養成に取り組んできました。そこには「家族だけで抱え込まず誰かとつながってほしい」「その誰かになれるピアサポーターを育てたい」という切実な思いがあります。

「今後はファイザープログラムの助成を活かし、ピアサポーター養成研修を構築して、活動の状況や効果を検証したい。行政・自治体と連携し、各地域での受け皿を増やしたい」と上田さん。ピアサポーターとしての経験や実績を生かし、立場に合わせた実践的な研修プログラムを作成したいと語ります。

KHJが設立された当時、ひきこもりは若者の問題というイメージがあり、本人の甘えや親の責任という社会認識がありました。現在は長期高年齢化した中高年のひきこもりが増えるとともに、誰にでも起こりうる社会問題と受け止められてきています。

「就労して自立できたと思える人でも、まだ生きづらさを抱えていることも多い。生涯にわたって支え合える地域づくりも大切です。ひきこもり当事者と家族の再生を通し、誰もが排除されない『お互いを認め合える社会』を目指したいと思います」

写真:ひきこもりの理解と支援に役立つ書籍を出版(左)/全国の家族会の取り組みを紹介する機関紙『旅立ち』(右) ひきこもりの理解と支援に役立つ書籍を出版(左) /全国の家族会の取り組みを紹介する機関紙『旅立ち』(右)

ファイザープログラム 2018年度継続助成
ひきこもり状態にある中堅世代への農業を通じた心とからだの健康自立支援事業

特定非営利活動法人 ウヤギー沖縄《沖縄県》

「沖縄コーヒープロジェクト」でひきこもりの人の生き方を開拓する

写真:理事長の近藤正隆さん理事長の近藤正隆さん 写真:宜壽次大樹さん宜壽次大樹さん

「ウヤギー」とは、沖縄の古い言葉で「支え合う」という意味。理事長の近藤正隆さんは、以前は東京で、当時は「登校拒否」と言われていた児童・生徒の支援に携わっていましたが、20年前、沖縄県が中学校卒業後の進路未決定者の数が全国トップであることを知り、2007年にウヤギー沖縄を設立しました。

「ひきこもりの人は昼夜逆転の生活になりがちです。そこで、農業に着目しました。農業は朝から昼間の作業が主なので、夜にしっかり睡眠をとることができます。さまざまな農作物を試した結果、2014年に沖縄コーヒープロジェクトを立ち上げました」

コーヒーの木は風に弱く、台風が多い沖縄では敬遠されがちですが、農業の中では比較的軽作業で、ひきこもりの人たちの就労に適していると判断。さらに、亜熱帯の沖縄だからこそ栽培できる国産コーヒーは希少価値があり、販売につながると考えました。

また、ひきこもりは今や高齢化という新たな問題も抱えています。そんなとき、ファイザープログラムが中堅世代を支援対象としていることを知り、2016年度に申請、採択されました。

翌年には、沖縄県民に限らず他県からも募集する「援農隊」事業をスタート。KHJ全国ひきこもり家族会連合会とも連携し、全国6ヵ所で援農隊募集セミナーを実施しました。

「コーヒーの収穫は11~3月。東北や北陸など寒い地域の人が、暖かい沖縄なら行ってみようと興味を示してくれたようです。5日間の共同生活で、定員は10名、交通費は自費、宿泊費と賃金をウヤギー沖縄が支払うという条件に、多くの応募がありました。ひきこもりの人は、不登校、就職での挫折、発達障がいなど、背景が一人ひとり違います。そのため、受け入れ側にも細やかな対応が必要なのです」

那覇市内から車で30分ほどの農園を訪ねると、真っ赤な実をたわわにつけた木、そして小さな苗木を植えた畑が広がります。2017年に近藤さんと出会い、コーヒー栽培に魅了された宜壽次大樹さんは、「僕も長くひきこもっていましたが、除草作業ならできるかなと参加して、ハマりました(笑)。僕と同じように、参加者が変わっていく姿に感動しています」と語ります。

3年目を迎えた2018年度のファイザープログラムへの申請では、外出ができないという段階の人に、庭やベランダ、窓際でもできるコーヒー苗の発芽作業を提起。発芽してポットに定植した苗を、ウヤギーが買い取るという事業を申請し、採択されました。

「ひきこもりの人に“まずは窓を開けようよ”と。植物の成長って、心を動かすんです。自分で育てた苗が、外出のきっかけとなるように。地道な取り組みですが、手応えを感じています」と、近藤さんは熱く語りました。

写真:たわわに実ったコーヒーの実たわわに実ったコーヒーの実
社会貢献活動

ファイザーの社会貢献活動動画~より健康な世界の実現のために~ 動画でみる

ファイザー
企業市民レポート 2018
ファイザー企業市民レポート2018 PDF版
ファイザー企業市民レポート2018(PDF:4.93MB)
『ファイザー企業市民レポート』 PDFでご確認いただけます。

THE BIG ISSUE JAPAN ビッグイシュー日本

THE BIG ISSUE 掲載記事

ファイザープログラム助成団体の掲載記事をご覧いただけます。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る