本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2018年度 > 経済産業省「健康経営優良法人2018~ホワイト500」に認定

ページを印刷

経済産業省「健康経営優良法人2018~ホワイト500」に認定

報道関係各位

2018年2月21日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原田明久)は、2月20日、経済産業省と日本健康会議が主催する「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」(大規模法人部門)に認定されました。健康経営優良法人制度とは、健康課題と健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している企業を顕彰する制度です。

主な「健康経営」の取り組みとして、健康保険組合とコラボヘルスを推進し、禁煙に向けた施策と継続的な社内コミュニケーション等を通じて、2020年までに社員の喫煙率ゼロを目標に掲げ、(2017年:全社喫煙率3.8%)健康の増進をはかっています。また、ワークライフマネジメントの観点から、ワークアットホーム制度の充実、恒常的な残業削減のための改善施策などの「働き方改革」を推進しており、効率的な業務遂行を通じて、より健康に配慮した働きがいのある職場環境の実現を目指しています。

今後ともファイザーは、社員の健康増進を重要な経営課題として位置づけ、社会でいきいきと活躍できるための健康支援の活動に取り組んでまいります。

※コラボヘルス:健康保険組合と事業主が積極的に連携し、明確な役割分担と良好な職場環境のもと、加入者(従業員・家族)の予防・健康づくりを効果的に実行すること

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る