本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2018年度 > ドブタミン点滴静注液100㎎、同200㎎キット、同600㎎キット「ファイザー」公知申請により適応追加の承認取得

ページを印刷

ドブタミン点滴静注液100㎎、同200㎎キット、同600㎎キット「ファイザー」
公知申請により適応追加の承認取得

報道関係各位

2018年9月21日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原田明久、以下ファイザー)は本日9月21日、ドブタミン点滴静注液100㎎、同200㎎キット、同600㎎キット「ファイザー」(以下本剤)について、「心エコー図検査における負荷」に対する適応追加の承認取得を確認いたしました。

本剤の標準先発品であるドブトレックスについて、3月23日に開催された「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」において公知申請に該当すると評価され、4月27日の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会において公知申請を行って差し支えないと判断されました。これを受けて、製造販売元のマイラン製薬株式会社より5月24日に効能・効果と用法・用量追加の公知申請を行いました。

ファイザーは、ドブタミン塩酸塩製剤を用いた負荷心エコー図検査をうける患者さんのために、標準先発品に遅滞することなく適応追加することで、日本の医療に貢献したいと考えています。

以上

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る