本文へジャンプ
ファイザー株式会社
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2019年 > 医療用医薬品企業初 社会体験無料アプリ「ごっこランド」に「おくすりをとどけよう!」を出店

ページを印刷

医療用医薬品企業初
社会体験無料アプリ「ごっこランド」に「おくすりをとどけよう!」を出店

報道関係各位

2019年11月28日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原田 明久)は、ファミリー向けデジタルコンテンツ事業を行う株式会社キッズスター(代表取締役:平田 全広、以下 キッズスター)が提供する、親子で遊んで学べる社会体験アプリ「ごっこランド」に、医療用医薬品の研究開発、製造、販売の仕事を体験できる新規パビリオン「おくすりをとどけよう!」を出店しました。医療用医薬品企業として出店するのは初めてのケースです。

動画イメージとごっこランドアプリアイコン

【イメージ図】

ファイザーでは「患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生み出す」の企業目的のもと、革新的な医薬品やワクチンの研究開発とともに製造および販売を通じて患者さんに貢献するための取り組みを進めています。医薬品等の候補となる物質が発見されてから数々の試験を経て患者さんに届くまでには様々なプロセスをたどり長い年月がかかりますが、社員の一人ひとりは、医薬品の提供を通じて患者さんに貢献したいと思い、日々仕事をしています。今回の出店を通じて、医薬品が研究開発される工程や,安全かつ安心いただける医薬品の製造について体験いただくことで、お子さんが薬やサイエンスへ興味をお持ちいただくとともに、当社を身近な存在としてご認識いただけることを願っています。

「おくすりをとどけよう!」のパビリオンでは、①“薬のタネ”を見つけよう!②薬を試してみよう!③薬を作ってみよう!という3つのコンテンツとともに、医療情報担当者(MR)からの情報提供を経て、医薬品における開発から患者さんに届くまでのプロセスを、お子さんたちが楽しく学べる内容です。具体的な3つのコンテンツの内容は次の通りです。

【下記の参考動画URL】:
https://www.youtube.com/watch?v=C6fGkxI7jo4&feature=youtu.be

①“薬のタネ”を見つけよう!

動画イメージ

病気の元とその病気にあった“薬のタネ”をパズルで表しています。ピッタリ合うピースを見つけると「“薬のタネ”の発見」です。ここでは医薬品開発の難しさも合わせ示しています。

②薬を試してみよう!

動画イメージ

カプセルのキャラクターを迷路の中で、指で動かしてチェックポイントを通過させることで、薬が体内をめぐり病気の元に作用するというメカニズムについて学びます。薬の効果や安全性を確認するための試験は長い年月がかかることを、迷路に例えて表現しました。

③薬を作ってみよう!

動画イメージ

薬の製造、品質チェック、包装を体験します。不良品は取り除いて、良品にはマークを付けるという遊びをスコア化して遊ぶことで、医薬品の品質保証や製造工程について学びます。

【「ごっこランド」アプリの概要】

  • 想定対象年齢を2~9歳とした、無料で遊べる知育アプリ
  • 300万ダウンロード(2019年6月末現在)
  • iPhone / iPad子ども向け・教育、GooglePlay子ども向けの無料アプリで1位を獲得
  • 2019年、第13回キッズデザイン賞受賞
  • App Store / Google Play URL : https://kb8x3.app.goo.gl/shZA
  • アプリ紹介動画URL : https://youtu.be/sW505UuRmmY

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る