本文へジャンプ
ファイザー株式会社
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2020年 > ファイザー、COVID-19に対応するための5つの計画の概要を示す 会長兼CEOアルバート・ブーラ、世界的なパンデミック向けて、バイオファーマ産業に協力を要請

ページを印刷

ファイザー、COVID-19に対応するための5つの計画の概要を示す
会長兼CEOアルバート・ブーラ、世界的なパンデミック向けて、
バイオファーマ産業に協力を要請

報道関係各位

2020年3月17日
ファイザー株式会社

英文タイトル:
  • Pfizer Outlines Five-Point Plan to Battle COVID-19
    Chairman and CEO Albert Bourla Calls on Biopharma Industry to Collaborate on Combatting the Global Pandemic

■以下の参考資料について
この資料は、米国ファイザー社が2020年3月13日(現地時間)に発表したプレスリリースの一部を日本語に翻訳再編集し、みなさまのご参考に供するものです。正式言語は英語であり、その内容及び解釈については英語を優先いただきたく、https://www.pfizer.com/news/をご参照ください。

ニューヨーク 2020年3月13日— ファイザーは本日、COVID-19と対応するために、医薬品業界がこれまでにない提携を結ぶことを呼びかける5つの計画を発表しました。

会長兼CEOアルバート・ブーラは次のように述べています。

「この局面でファイザーはCOVID-19のパンデミックに対応するために、できる限り行動することをコミットします。ファイザーを含む多くの企業が、感染した患者さんがこの新たなウイルスと闘うための医薬品開発に取り組み、さらなる拡大を阻止するための新たなワクチンの開発も進めています。ファイザーは自社の抗ウイルス活性を示す可能性のある治療薬の開発を進めるとともに、mRNAコロナウイルスに対するワクチンとなる可能性のある化合物についてBioNTech社と連携しています。私たちは、刻一刻と変化する危機に対応するために、科学的な専門性、技術、製造能力を活かし、医薬品業界全体がワンチームとなって取り組むことをコミットします。」

ファイザーは、世界的なパンデミックから人々を守るための治療薬やワクチンの開発を、科学者が迅速に進める手助けとなり、医薬品産業が将来の世界的な健康危機に対しより良く対応するための5つの約束をします。

  1. 分析ツールと知見の共有:このウイルスに関する情報が限られている中、多くの研究者が細胞を用いた分析、ウイルススクリーニング、血清学的分析、および治療薬とワクチンの可能性を評価するトランスレーショナルモデルの開発に取り組んでいます。ファイザーは、私たちが開発した重要な分析ツールをオープンソース・プラットフォームで幅広く科学界が利用できるようにし、得られたデータや学びを、他社とリアルタイムに共有し、患者さんに対する治療薬やワクチンの開発を迅速に進めます。
  2. 私たちの人財の効果的な活用:人財は私たちの最も価値ある資源です。ファイザーはこのパンデミック対応に専念するウイルス学、生物学、生化学、臨床医、疫学、ワクチン、製剤学等の専門家のチームを結成しました。このチームは、患者さんに治療薬やワクチンをできるだけ早く届けるため、熱意、コミットメント、専門性をもって創薬と開発プロセスを加速することに集中します。
  3. 当社の医薬品開発の専門性の活用:多くのバイオテクノロジー企業がCOVID-19を引き起こすウイルスに対して有効な化合物や既存の治療薬をスクリーニングしていますが、後期開発や複雑な規制に関する経験のない企業も存在します。ファイザーは当社の臨床開発と規制に関する専門性をこれらの企業と共有し、最も有望な候補品を支援することにコミットします。
  4. 当社の製造能力の提供:治療薬やワクチンが承認された暁には、このパンデミックを収束させるために速やかに製造し、世界中に供給する必要があります。ファイザーはワクチンと治療薬の主要メーカーの1つとして、余剰の製造能力を活かし、場合によっては他製品の生産を変更し、可能な限り迅速に人命を救うブレークスルーを患者さんに届けます。
  5. 今後の迅速な対応に向けた改善:最後に、ファイザーは将来の世界的な健康の脅威に対処するため、NIH(米国国立衛生研究所)、NIAID(米国国立アレルギー・感染症研究所)、CDC(米国疾病予防管理センター)を含む連邦機関と連携し、将来の流行に直ちに対応できるよう科学者、臨床医、技術者から成る業界横断的な対応チームを構築します。

「近年、バイオ医薬品産業は、数百万人の生命の延伸に繋がるHIVやがんに対する治療から、深刻な希少疾病が治癒するような新たな遺伝子治療にいたるまで、社会にとって非常に影響のある医学的なブレークスルーをもたらしています。ファイザーは、規模を問わず製薬企業やバイオテクノロジー企業、政府機関や学術機関を含むイノベーションエコシステムの全ての関係者に対して、この深刻な危機に対応するために協力して取り組むよう呼びかけています。我々の英知を集結させれば、克服できない健康上の課題はありません。」とアルバート・ブーラは締めくくりました。

ファイザーについて:患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす

ファイザーはサイエンスとグローバルなリソースを活用し、人々が健康で長生きし、生活を大きく改善するための治療法をお届けしています。私たちは、革新的な医薬品やワクチンを含むヘルスケア製品の探索・開発・製造における品質・安全性・価値の基準を確立するよう努めています。ファイザーの社員は、生命や生活を脅かす疾患に対するより良い予防法や治療法を提供することで、日々、世界中の人々の健康に貢献しています。世界有数の革新的医薬品企業の責務として、信頼できる医療に誰もが容易にアクセスできるように、世界中の医療従事者、政府、地域社会と協力しています。人々の期待に応えるため、私たちは150年にわたり前進し続けてきました。詳細はホームページをご覧ください。 www.pfizer.com(グローバル) www.pfizer.co.jp(日本法人)

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る