本文へジャンプ
ファイザー株式会社
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2020年 > ファイザー、社会および環境にインパクトを与える12億5,000万ドルのサステナビリティボンド発行

ページを印刷

ファイザー、社会および環境にインパクトを与える12億5,000万ドルの
サステナビリティボンド発行
・医薬品企業初、環境保全および社会的弱者の健康を支えるプロジェクトに対する投資機会をもたらす
 サステナビリティボンド
・国際連合のSDGs(持続可能な開発目標)をサポート

報道関係各位

2020年3月31日
ファイザー株式会社

英文タイトル:

    Pfizer Completes $1.25 Billion Sustainability Bond for Social and Environmental Impact

  • First in the industry sustainability bond provides opportunities to invest in projects supporting environmental sustainability and health of vulnerable populations
  • Supports United Nations Sustainable Development Goals (SDGs)

■以下の参考資料について
この資料は、米国ファイザー社が2020年3月27日(現地時間)に発表したプレスリリースの一部を日本語に翻訳再編集し、みなさまのご参考に供するものです。正式言語は英語であり、その内容及び解釈については英語を優先いただきたく、https://www.pfizer.com/news/をご参照ください。

ニューヨーク 2020年3月27日—ファイザー社 (NYSE: PFE)は本日、10年間にわたる、半期2.625%利払い2030年4月満期、12億5,000万ドルのサステナビリティボンドを発行しました。これはファイザーにとって初のサステナビリティボンドであり、医薬品企業にとっても初めてとなります。

このボンドの収益により、当社の環境保全におけるインパクトおよび、特に当社の医薬品およびワクチンが十分に行き届かない方々のアクセス向上とヘルスケアシステムの強化が期待出来ます。

「環境への責務と社会におけるヘルスケアに好ましいインパクトを生み出すプログラムに投資することは、ファイザー社員の熱い想いの表れです。当社の企業目的である‘Breakthroughs that change patients’ lives’ ~患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす~を達成するために成すべき事は、医薬品やワクチンを必要な方々に届けるのと同様に重要です」と、ファイザーのエグゼクティブヴァイスプレジデント/コーポレートアフェアーズ最高責任者のSally Susmanは述べています。

環境へのインパクト

環境問題、気候変動、企業目的の“Breakthroughs that change patients’ lives”に起因する、社会及び公衆衛生へのインパクトを認識することが、当社が医薬品やワクチン製造において無駄を省くとともに、天然資源の利用保全、気候変動の軽減に繋がります。

このボンドの収益のフォーカスは、より効率的なエネルギー活用、水の保全、無駄の削減と業務上の資源の再利用、および環境配慮型建物の建設を可能とするための長期戦略を促進します。また、当社の製造拠点や研究開発施設、および当社の新たなグローバル本社を含めた全世界のセールスオフィスにおいて、エネルギー削減につながるようなセンサーなどの技術を取り入れます。

社会へのインパクト

このボンドの収益は、女性や5歳以下のこども、自然災害で一時的な苦境に立つ方々、および、世界の公衆衛生における喫緊の課題に対応するため、当社のパートナーシップにおいて対象となる難民の方々など、困難な状況にある方々もサポートします。

さらにこの収益は、世界的な公衆衛生組織の推奨に従い、政府や公衆衛生の関連団体が購入するために必要な医薬品とワクチンの製造および開発を可能とする設備投資の増強に活用されます。これは、COVID-19パンデミックや薬剤耐性への脅威に対する対応にも繋がります。

そしてこの収益は、助成を含めた投資が効果的な低・中所得の国々の医療制度の強化を支援し、他の民間資本を促進させることや感染症の医療が十分でない地域で革新的なアプローチを強化するためにも活用されます。

報告

ファイザーは毎年初めに、収益の配分や結果とともに、以後に予測されるアウトカムやインパクト指標を含めたレポートを発行します。このレポートは、独立会計法人により精査され、マネジメントからのステートメントとともに出されます。

環境、社会およびコーポレートガバナンス調査の世界的なリーディング監査法人であるSustainalytics社は、当社のサステナビリティボンドを監査し、国際連合のSDGsをサポートするものと評価しています。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る