本文へジャンプ
ファイザー株式会社
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2020年 > ファイザーとBioNTech、COVID-19ワクチン主要試験の拡大を提案

ページを印刷

ファイザーとBioNTech、COVID-19ワクチン主要試験の拡大を提案

報道関係各位

2020年9月14日
ファイザー株式会社

タイトル:

ファイザーとBioNTech、COVID-19ワクチン主要試験の拡大を提案

英文タイトル:

Pfizer and BioNTech Propose Expansion of Pivotal COVID-19 Vaccine Trial

■以下の参考資料について
この資料は、米国ファイザー社が2020年9月12日(米国現地時間)に発表したプレスリリースの一部を日本語に翻訳再編集し、皆さまの参考に供するものです。正式言語は英語で、その内容及び解釈については英語が優先されます。https://www.pfizer.com/news/をご参照ください。

米国 ニューヨーク、ドイツ マインツ、2020年9月12日 – ファイザー社(NYSE:PFE、以下「ファイザー」)およびBioNTech SE(NASDAQ:BNTX、以下「BioNTech」)は本日、COVID-19ワクチンの第3相主要試験の参加者数を最大で約44,000名まで拡大する治験実施計画書の改訂版を、米国食品医薬品局(FDA)に提出したことを発表しました。この改訂により、新たな集団の組み入れが可能となります。

本試験の組み入れは計画通り進行しており、来週には当初の目標であった最大30,000名を達成する見込みです。今回の改訂案により、16歳以上の青少年、慢性的で状態が安定しているHIV(ヒト免疫不全ウイルス)患者さん、C型肝炎またはB型肝炎患者さんを含む多様な集団を本試験に組み入れることが可能となり、追加の安全性および有効性データが得られるようになります。

本主要試験はイベントに基づく試験であるため、試験結果が得られるタイミングは様々な変数の影響を受けます。両社はこれまでに表明しているとおり、現在の感染率を考慮すると、有効性に関する確定的な結果は10月末までに得られると見込んでいます。

ファイザーについて:患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす

ファイザーはサイエンスとグローバルなリソースを活用し、人々が健康で長生きし、生活を大きく改善するための治療法をお届けしています。私たちは、革新的な医薬品やワクチンを含むヘルスケア製品の探索・開発・製造における品質・安全性・価値の基準を確立するよう努めています。ファイザーの社員は、生命や生活を脅かす疾患に対するより良い予防法や治療法を提供することで、日々、世界中の人々の健康に貢献しています。世界有数の革新的医薬品企業の責務として、信頼できる医療に誰もが容易にアクセスできるように、世界中の医療従事者、政府、地域社会と協力しています。人々の期待に応えるため、私たちは170年以上にわたり前進し続けてきました。詳細はホームページをご覧ください。 www.pfizer.com(グローバル) www.pfizer.co.jp(日本法人)

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る