本文へジャンプ
ファイザー株式会社
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2020年 > 「COVID-19肺炎AIの無償支援プロジェクト」への支援

ページを印刷

「COVID-19肺炎AIの無償支援プロジェクト」への支援

報道関係各位

2020年9月30日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原田明久)は、長期化する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策支援の一環として、エムスリー株式会社(以下、エムスリー)のCOVID-19肺炎AIの無償支援プロジェクトに、2,000万円を協賛したことをお知らせいたします。

エムスリーではCOVID-19に日々対応される医療機関への支援プロジェクトとして、6月29日付で厚生労働省から「COVID-19肺炎画像解析プログラム Ali-M3※」として製造販売承認を取得した画像診断支援AIや、COVID-19判定における遠隔読影診断サービスの無償提供を行っています。本プロジェクトにおいては現在、121施設へ無償提供を行っており、冬場に向けてのCOVID-19対策として更なる施設への支援を行う予定で、その規模を拡大します。この施策に当社は賛同し、今回の協賛を通じて、医療現場の最前線で戦っていらっしゃる医療従事者の方々への支援に繋がればと考えています。

※AIアルゴリズムを活用した胸部CT検査画像解析プログラム。主な機能は、「COVID-19肺炎に見られる画像所見の確信度提示機能」及び「関心領域のマーキング機能」。本製品プログラムは7,038例の検査画像データ(内COVID-19肺炎の検査画像データ3,067例)を学習データとして用い、ディープラーニングを活用して開発されている。国内検査画像データ(約800例)を用いた臨床性能試験により本製品の精度評価がされ、製造承認取得に至っている。詳しくは、エムスリーのプレスリリースをご参照ください。

ファイザーについて:患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす

ファイザーはサイエンスとグローバルなリソースを活用し、人々が健康で長生きし、生活を大きく改善するための治療法をお届けしています。私たちは、革新的な医薬品やワクチンを含むヘルスケア製品の探索・開発・製造における品質・安全性・価値の基準を確立するよう努めています。ファイザーの社員は、生命や生活を脅かす疾患に対するより良い予防法や治療法を提供することで、日々、世界中の人々の健康に貢献しています。世界有数の革新的医薬品企業の責務として、信頼できる医療に誰もが容易にアクセスできるように、世界中の医療従事者、政府、地域社会と協力しています。人々の期待に応えるため、私たちは170年以上にわたり前進し続けてきました。詳細はホームページをご覧ください。www.pfizer.com(グローバル) www.pfizer.co.jp(日本法人)

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る