本文へジャンプ
ファイザー株式会社

ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 医薬品開発 > オープンイノベーション > 第二回ファイザーヘルスケア・ハブ・ジャパン

医薬品開発

ファイザー ヘルスケア・ハブ・ジャパン

ファイザーヘルスケア・ハブはオープンイノベーション戦略を活用し、デジタルヘルステクノロジーやサービスをお持ちのスタートアップ企業と協業し、患者さんにより良い解決策を提供することを目指すファイザー社の世界的な取り組みです。

第二回ファイザーヘルスケア・ハブ・ジャパンについて

ファイザーでは2020年8月、「第二回ファイザーヘルスケア・ハブ・ジャパン」の社内イベントを開催しました。
今回、新型コロナウイルス感染症の流行拡大の中でもイノベーションへの取り組みを滞りなくなく進めるため、全てのディスカッションをWeb形式で実施しました。各ビジネス部門の課題を解決する可能性のある国内のスタートアップ企業について、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社の開発したオープンイノベーションプラットフォーム「six brain」を用いて4000社を超える候補からマッチングし、各企業と課題解決のディスカッションを進めました。


イベント当日は、下記5社のスタートアップ企業の皆様にご登壇いただき、最新のサービスの紹介と医療現場における未解決課題のアイデアについてプレゼンテーションいただきました。また、代表取締役社長や各ビジネス部門代表者の役員をはじめ多くの社員がWeb形式で参加し、発表に対する活発な質疑応答とディスカッションが展開されました。

ご登壇いただいたスタートアップ企業(50音順)

エルピクセル株式会社
https://lpixel.net/
東京大学大学院メンバーが2014年に立ち上げたスタートアップ企業。「脳動脈瘤」の候補点を検出するEIRL Brain Aneurysmが、深層学習を活用したプログラム医療機器として日本初の薬事承認取得、販売。本年8月、胸部X線画像から「肺がん」が疑われる肺結節候補域を検出するEIRL Chest Noduleを発売。
株式会社Moff
https://jp.moff.mobi/
「家族を活き活きと元気に」をミッションに、自社開発のウェアラブル端末Moff Bandを活用した病院・介護施設および在宅向けIoTリハビリ支援サービス「モフトレ」「モフ測」などを展開。リハビリ/個別機能訓練業務の計画書作りからトレーニング、記録・評価まで幅広い分野をカバーしている。
コグニティ株式会社
https://cognitee.com/indexJ.html
特許取得のAI技術を用いて営業トークやプレゼンテーションなどのトークを数値やグラフで「見える化」し、トークの傾向や改善策をフィードバックするサービスを展開。製薬・金融・不動産業界など120社以上で導入され、研修・教育等に活用されている。
Ubie株式会社
https://ubie.life/
「テクノロジーで人々を適切な医療に案内する」ことを目指し、 医師とエンジニアが2017年5月に創業したヘルステックスタートアップ。医療現場の業務効率化を図るAI問診サービス「AI問診Ubie」と、症状から適切な医療への案内をサポートする生活者向けサービス「AI受診相談ユビー」を開発・提供中。
リーズンホワイ株式会社
https://www.reasonwhy.jp/
「医療 × IT によって患者と専門医をつなぎ、全人類の寿命を 1 秒伸ばす」というビジョンのもと、「がん」に特化したオンライン診療やオンラインセカンドオピニオンを大学病院などに展開。これらのサービスで培ったアセットをもとに、地域や施設の間でおきている治療格差を是正し、若手医師の教育プラットフォームを構築する。
第二回ファイザー ヘルスケア・ハブ・ジャパン賞

Web形式による第二回ファイザーヘルスケア・ハブ・ジャパンの様子

第一回ファイザーヘルスケア・ハブ・ジャパンの様子はこちら

トップへ
ここから下部共通部分です
ファイザー
上部共通ナビゲーションに戻る