本文へジャンプ
ファイザー株式会社

ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 医薬品開発 > 治験実施医療機関の公開 > ATM、BRCA遺伝子変異陽性の固形がん患者さんを対象とした試験

医薬品開発

※この治験は募集を終了しています。

【20-04】ATM、BRCA遺伝子変異陽性の固形がん患者さんを対象とした試験

BRCAまたはATM遺伝子変異を有する局所進行または転移性固形がん患者を
対象とした治験薬の安全性および抗腫瘍効果を検討する臨床試験

治験デザイン

治験デザイン概略図

治験の目的

BRCAまたはATM遺伝子変異を有する局所進行または転移性固形がん患者を対象に、治験薬2剤の併用療法の抗腫瘍効果を評価する。

主な選択基準

  1. 局所進行または転移性固形がんと診断された患者さん
  2. BRCAまたはATM遺伝子に変異のある患者さん
  3. 診断時の生検/外科処置または転移部の生検により、腫瘍組織検体が入手可能である患者さん
  4. 20歳以上の患者さん
  5. 問題なく日常生活が行えるか、軽い家事や事務作業ができること など

主な除外基準

  1. 2週間以内に抗がん剤あるいは放射線による治療を受けた患者さん
  2. 4週間以内に大手術を受けた患者さん
  3. 免疫抑制剤の投与を受けている患者さん
  4. 前の治療による毒性が残っている患者さん
  5. 組み入れ前2年以内に他の悪性腫瘍の診断歴がある患者さん(一部例外あり) など

現在、ファイザー株式会社では、BRCAまたはATM遺伝子変異を有する局所進行または転移性固形がん患者を対象とした対する臨床試験を実施しています。
本試験に関するお問い合わせは、下記のコールセンターまでご連絡ください。

※参加基準に合わない場合、募集の定員を超える場合など、ご参加いただけない場合もございます。

※この治験は募集を終了しています。

ファイザー治験コールセンター

電話番号:03-6459-0761

受付時間:9:00~18:00(年中無休)

Version 5July2019

トップへ
ここから下部共通部分です
ファイザー
上部共通ナビゲーションに戻る