本文へジャンプ
ファイザー株式会社
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 会社案内 > 企業目的・Values & Behaviors・事業概要

企業目的・Values & Behaviors・事業概要

企業目的

Breakthroughs that change patients’ lives(TM)

患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす

Values & Behaviors

私たちの行動はCourage(勇気)、Excellence(卓越)、Equity(公平)、Joy(喜び)という4つのValues & Behaviorsに基づいています

Courage
カレッジ(勇気)

カレッジ(勇気)

Think big
大胆に発想する

Speak up
率直に発言する

Be decisive
決断力を発揮する

Excellence
エクセレンス(卓越)

エクセレンス(卓越)

Focus on what matters
重要なことに集中する

Agree who does what
誰が何をすべきか合意する

Measure outcomes
成果を測る

Equity
エクイティ(公平)

エクイティ(公平)

Be inclusive
インクルージョンを常とする

Act with integrity
インテグリティを持って行動する

Reduce healthcare disparities
医療の格差を縮小する

Joy
ジョイ(喜び)

ジョイ(喜び)

Take pride
誇りを持つ

Recognize one another
互いに認め合う

Have fun
楽しむ

事業概要

ファイザーでは、医療用医薬品やワクチンの研究開発、製造、販売を通じて患者さんに貢献しています。

臨床開発

研究所で創製した新薬候補化合物は、非臨床試験、臨床試験で医薬品としての可能性を厳格に評価し、有効性と安全性が確認されたものが各国の規制当局によって審査されます。承認された後も、使用実態下での安全性と有効性を確認するための製造販売後調査等を実施し、適正使用を推進します。これら一連の仕事を担うのが研究開発です。世界中の社員がチームを組み、国際共同治験等を実施し、世界で同時に新薬を患者さんの手に届けられるよう世界各国の患者さんとそのご家族、医療機関、規制当局等のステークホルダーと協力します。

ファイザーの主な研究開発または臨床開発拠点

事業部門

ファイザー日本法人は「バイオファーマシューティカルズ事業部門」と「アップジョン事業部門」の2つの事業部門で構成されています。「バイオファーマシューティカルズ事業部門」の傘下に「インターナルメディスン部門」「オンコロジー部門」「炎症・免疫部門」「希少疾病部門」「ワクチン部門」「病院部門」を配置し、革新的な新薬とワクチン、バイオシミラー製剤を担当しています。また「アップジョン事業部門」は、主に循環器疾患、疼痛、精神疾患領域において、ファイザーを象徴する高品質で信頼性の高い医薬品と後発医薬品をお届けすることで、NCD(Non-Communicable Diseases、非感染性疾患)治療のパートナーとして一人ひとりの患者さんのQOLの向上と健康寿命の延伸に貢献し、NCDの負担軽減に取り組んでいます。私たちは全社一丸で、循環器、中枢神経、疼痛、がん、炎症・免疫、希少疾病、ワクチン、感染症、泌尿器、眼科などの幅広い疾患領域で、医療用医薬品の事業を展開します。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る