本文へジャンプ
ファイザー株式会社
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 会社案内 > 企業目的・事業概要

企業目的・事業概要

企業目的

患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす~Breakthroughs that change patients’ lives~

事業概要

ファイザーの資源を有効活用するための研究開発体制をさらに強化・拡充。

医薬品の開発は、人々の生命・生活・人生に深く関わり、人類の未来を支える意義深い仕事です。一般に、一つの薬が着想され新薬となるまでには10年から20年かかり、その研究開発費は約10億ドルと言われています。また、最終的に患者さんに製品として届くものは多くはありません。これは、新薬が生み出されるのが長く険しい道のりであることを示すものと言えます。

革新的製品を一つでも多く、かつ可能な限り早く患者さんに届けるために、ファイザーは、パイプライン拡大の投資を常に続け、より生産的な研究開発体制を拡充しています。研究所のネットワークの効率化を図り、科学者との連携をさらに強化し、当社の資源を最大限に有効活用するための研究開発体制を完備しています。

現在、当社は多くの疾患領域に将来有望なパイプラインを数多く持っており、アンメット・メディカルニーズに対応した研究開発にも取り組んでいます。

革新的で価値ある新薬の開発と、バイオシミラーやNCD(非感染性疾患)の治療で使われる医薬品の提供を通じて、みなさまに貢献します。

ファイザーの主な研究開発または臨床開発拠点

臨床開発

世界同時開発を推進するファイザーでは、第I相から第III相にわたる臨床データから得られる情報を速やかに次の臨床試験計画に反映させるために、各国の医師および規制当局と連携をとりながら臨床開発を行っています。また、患者さんの声を開発計画に取り入れるとともに、臨床試験の結果を参加した患者さんにお返ししています。さらにリアルワールドデータ等も活用しています。

事業部門

ファイザー日本法人は「バイオファーマシューティカルズ事業部門」と「アップジョン事業部門」の2つの事業部門で構成されています。「バイオファーマシューティカルズ事業部門」の傘下に「インターナルメディスン部門」「オンコロジー部門」「炎症・免疫部門」「希少疾病部門」「ワクチン部門」「病院部門」を配置し、革新的な新薬とワクチン、バイオシミラー製剤、後発医薬品を担当しています。また「アップジョン事業部門」は、主に循環器疾患、疼痛、精神疾患領域において、ファイザーを象徴する高品質で信頼性の高い医薬品をお届けすることで、NCD(Non-Communicable Diseases、非感染性疾患)治療のパートナーとして一人ひとりの患者さんのQOLの向上と健康寿命の延伸に貢献し、NCDの負担軽減に取り組んでいます。私たちは全社一丸で、循環器、中枢神経、疼痛、がん、炎症・免疫、希少疾病、ワクチン、感染症、泌尿器、眼科などの幅広い疾患領域で、医療用医薬品の事業を展開します。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る