本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 会社案内 > 環境への取り組み

環境への取り組み

ファイザーの環境・健康・安全(EHS)方針

ファイザーは、より健康な世界の実現に寄与することを目的にビジネスを展開しています。

一方、医薬品の製造、販売を主たる事業としてビジネスを展開する上で、私たちは、環境・健康・安全が事業活動において最も重要な配慮事項の一つであることを認識し、1993年にグローバルな環境・健康・安全(EHS)方針を発表しました。これは、全世界のファイザー社員一人ひとりが、それぞれの働く場所において環境と安全・健康に係るすべての活動に自主的に取り組み、さらに継続的に改善することを求めているものです。

グローバルファイザーの環境・健康・安全(EHS)方針

  • すべての該当する環境保護と安全衛生に関する法令 (EHS: Environmental, Health,Safety) および社内基準に準拠する。
  • EHS 遂行の継続的な改善に努める。
  • 当社製品のライフサイクル全体を通して、EHS の特性を把握する。
  • ファイザーの環境サステナビリティの公共的目標を達成するプログラムを支援する。
  • 供給会社や提携パートナーの選択を慎重に行い、安全で環境に優しい事業の遂行能力があるかどうかを考慮する。
  • 安全で環境に優しい職場を目指して社員に教育、研修の機会を与え、モチベーションを高める。
  • EHS に関しては、内外の関係者と率直に話し合える関係を構築し、リスクや業績、進行状況についても頻繁にコミュニケーションを図る。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る