本文へジャンプ
ファイザー株式会社
ここから本文です

[8]2004年 - 2008年

ファイザーの社員が遵守すべき、"価値規準"(Value)が9つに

1997年に制定された、全てのファイザー社員が実践すべき8つの「価値規準」に、「クオリティ」が2004年に追加され、合計9つとなりました。(当時)

2005
(2月)ソーレン・セリンダーが社長に就任

2006
(2月)岩崎博充が社長に就任

スローガン
「Working together for a healthier world
より健康な世界の実現のために」を発表

2006年にグローバル統一のスローガン「Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために」が発表されました("together"は2008年に追加)。このスローガンは、「既に疾患にかかっている人はもちろん、今健康な人、そして家族や周囲の人、全ての人々と共に、『より健康な世界の実現』を目指していきたい」という、ファイザーの企業理念と願いを表現しました。

pfizer Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために

日本のビジョン&ミッション発表

ファイザー株式会社は、ビジョン「日本で最も信頼され、最も価値あるヘルスケア企業になる」を2006年に発表しました。

ビジョンにある「信頼」とは、患者さん、医療関係者をはじめ、社会のあらゆるステークホルダーの方々からの信頼、そして社員からの信頼を意味します。「価値」とは、日本の社会で「かけがいのない」といわれるような存在感、社会、得意先、メディアなどの様々なステークホルダーの評価や、参入領域のマーケットシェアなどの財務評価が入ります。

日本で創業55周年

ファイザー株式会社は1953年の創業以来、2008年8月1日に日本で55周年を迎えました。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
上部共通ナビゲーションに戻る