本文へジャンプ
ファイザー株式会社
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 社会貢献活動 > ヘルスケア関連団体(患者団体、障がい者団体等)への支援

ヘルスケア関連団体(患者団体、障がい者団体等)への支援

ファイザーでは、ヘルスケア関連団体の日常活動のサポートやネットワークづくりのために、ワークショップや学習会の開催、関連情報の発信などきめ細やかな支援を行っています。

ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会(VHO-net)

VHO-netは、全国のヘルスケア関連団体(患者団体・障がい者団体など)のリーダーや保健医療福祉関係者が、疾病や障がい、立場の違いを越えてフラットにつながっていくことを目指して、2001年にスタートした会です。年に一度のワークショップや全国9か所における学習会など、患者力向上のための学習の場や、さまざまな共通課題に取り組む機会を創出しています。ファイザーは社会貢献活動として、このVHO-netを20年にわたって支援をしています。活動については、VHO-netのサイトをご覧ください。

情報誌「まねきねこ」の制作・発行

ファイザーは、ヘルスケア関連団体のネットワークづくりを支援するため、情報誌「まねきねこ」を制作・発行しています。患者・障がい者を取り巻く動向や、ヘルスケア関連団体の取り組み、研究者の紹介などを取材、収集した冊子をヘルスケア関連団体、保健医療福祉関係者、行政などに配布しています。Webサイトからもご覧いただけます。

最近のトピックス

第19回ワークショップのテーマは
「実践から学び活用できる資金調達」

資金調達について活発に意見を交わす参加者たち 資金調達について活発に意見を交わす参加者たち

ファイザーでは、疾病や障がいの違い、立場の違いを越えて、ヘルスケア関連団体のリーダーたちが繋がることを目指した「ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会(VHO-net)」の活動を、事務局として支援しています。

『ヘルスケア関連団体の資金調達』 『ヘルスケア関連団体の資金調達』

VHO-netでは、ヘルスケア関連団体のリーダーと保健医療福祉関係者がテーマを決めて話し合う年1回のワークショップや、全国9地域での地域学習会など、団体リーダーの学びの場の創出に力を注いでいます。2019年度のワークショップは18年度に引き続き「資金調達」をテーマにして開催。その後、2年分の成果をまとめた冊子『ヘルスケア関連団体の資金調達』が発行されました。さらに、日本初のPPI(医学研究・臨床試験における患者・市民参画)学習会、信頼されるピアサポートを目指すピアサポート・ワークショップの開催など、その活動は拡がっています。
また、ファイザーではヘルスケア関連団体等の活動を独自の視点で取材した情報誌『まねきねこ』を制作・発行し、団体や行政、保健医療福祉関係者などに配布・発信しています。これからも、社会を構成する企業市民として、ヘルスケア関連団体のネットワークの支援を続けて参ります。

失敗を恐れず常にチャレンジする。
資金調達は団体のビジョンを達成するための重要な事業です

写真:照喜名 通 さん(てる き な とおる)

照喜名てるきな   とおる  さん
認定NPO法人アンビシャス副理事長
ヘルスケア関連団体ワークショップ準備委員

すべての難病患者のQOL(生活の質)向上を目指し、2001年に沖縄県那覇市で設立されたアンビシャス。沖縄県から難病相談支援センター事業などの委託事業、自主事業である医療講演や難病就労相談会など数々の事業を通じ、難病患者の自立支援に向けた活動を行っています。
照喜名さんとVHO-netとの出会いは15年以上前。07年にVHO-netの地域学習会である沖縄学習会が発足し、その地域世話人になって以来、17年からはワークショップ準備委員として企画・運営にも携わっています。
「18、19年度のワークショップのテーマは資金調達でした。多くの患者団体は会員会費と行政や企業からの助成金を資金としていますが、インターネットで情報がたやすく手に入る時代となり、団体の入会者は全国的に減少しています。そこで、会費や助成金以外にどんな資金調達の方法があるのかを議論しようとテーマが決まりました。1年目は資金調達の成功事例に学び、2年目は実際に自分たちができそうな実践的な学びへとフォーカスしました。クラウドファンディングやバザー、グッズ販売など具体的な事例が数多く発表され、うちの団体でもこれならできるという発見があったことは大きな成果でした。また、ファイザーさんによる、支援をする立場からの講演も大きな気づきとなりました」

在宅就労支援で製作した沖縄指笛 在宅就労支援で製作した沖縄指笛

アンビシャスの資金調達の講演では、難病患者の在宅就労支援を目的に実施した沖縄指笛の製作道具の開発資金を得るためのクラウドファンディングや、そこに至るまでの挫折も含めて試行錯誤のプロセスが語られました。
「成功例だけでなく、失敗例を聞くことは、こうすると失敗する、このタイミングでこうするとダメなんだと勉強になる。そして失敗を恐れずトライすることが大切です。資金調達は団体のビジョンや組織体制の確認をするとともに、企業でいう事業継続計画(BCP)の側面を持ち、常に取り組むべき重要なことだと思います」

社会貢献活動

ファイザーの社会貢献活動動画 動画でみる

ファイザー株式会社
会社概要 2020
ファイザー株式会社会社概要2020 PDF版
ファイザー株式会社会社概要2020(PDF:11.14MB)
『ファイザー株式会社会社概要』 PDFでご確認いただけます。

THE BIG ISSUE JAPAN ビッグイシュー日本

THE BIG ISSUE 掲載記事

ファイザープログラム助成団体の掲載記事をご覧いただけます。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
上部共通ナビゲーションに戻る