本文へジャンプ

ファイザー株式会社 ファイザー株式会社

ヘルスケア関連団体
(患者団体、障がい者団体等)
への支援

ファイザーでは、ヘルスケア関連団体(患者団体・障がい者団体など)の活動サポートやネットワークづくりのために、VHO-netが運営するワークショップや学習会の開催への支援を2001年から継続しています。

VHO-net(一般社団法人 ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会)とは

VHO-net(Voluntary Healthcare Organization Network)は、全国のヘルスケア関連団体のリーダーや保健医療福祉関係者が、疾病や障がい、立場の違いを越えてフラットにつながっていくことを目指して、2001年にスタートした会です。VHO-netでは、年に一度のワークショップや全国9か所における学習会など、患者力向上のための学習の場や、さまざまな共通課題に取り組む機会を創出しています。
VHO-netは2021年12月に一般社団法人となりました。法人化により、今後は研究機関や企業との協働の実現、SNS活用による情報発信力の向上などにより、患者・市民参画のための、さらなる活動の発展が期待されます。

ファイザーは、これまで20年以上にわたる活動で培われたVHO-netとの関係性と、ともに活動を創り上げていくという「共創造」の熱を重視し、次なるステージに進むために、今後も引き続きVHO-netと協働してまいります。

VHO-netの活動

情報誌「まねきねこ」

ファイザーは、ヘルスケア関連団体のネットワークづくりを支援するため、情報誌「まねきねこ」を制作・発行し、Webサイトでも展開しています。患者・障がい者を取り巻く動向や、各団体の取り組み、研究者などを取材し、冊子はヘルスケア関連団体、保健医療福祉関係者、行政関係者などに配布しています。

「まねきねこ」Webサイト

ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会のみなさんのメッセージ

現在地 :

上部共通ナビゲーションに戻る