お問い合わせInvestorsCareersMediaScienceContact Us
Pfizer co.jp ホーム報道関係の皆さま:プレスリリース2022年ファイザープログラム ~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援ファイザープログラム
~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援
2022年度は16件のプロジェクトに2,920万円を助成決定

報道関係各位

2022年12月7日
ファイザー株式会社

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原田明久)は、ヘルスケア領域の課題に取り組むNPO等の市民活動・市民研究に助成する事業である『ファイザープログラム ~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援』の、2022年度助成プロジェクトを決定しました。22回目の助成となる本年度は、新規助成に8件(助成総額1,420万円)が、継続助成に8件(助成総額1,500万円)が、それぞれ選考委員会による厳正なる選考の結果、助成対象プロジェクトとして選出されました。各取り組みの詳細は、選考結果報告書  をご覧ください。

新規助成

プロジェクト名

所在地

団体名

代表者

助成額
(万円)

孤立する若年層LGBTQ当事者へのオン/オフラインによる両輪支援拡充

北海道

特定非営利活動法人
北海道レインボー・リソースセンター
L-Port

中谷衣里

200

障がい者の個別避難行動計画作成の実態調査と学習会の運用

北海道

防災したっけ

水口綾香

70

障害者とつくる地域づくりのプラットフォーム「ひろばポラリス」

宮城

特定非営利活動法人
ポラリス

田口ひろみ

180

「ものつくり」をツールとして、性被害当事者が安心して心身を回復し、社会復帰を
目指せる居場所の確立と地域ネットワークの構築事業

神奈川

一般社団法人
OHANA

赤松未来

250

風俗の世界で孤立・固窮している女性のための、無料の福祉・法律相談事業

新潟

特定非営利活動法人
風テラス

坂爪真吾

220

心の不調があってもふつうに働ける福祉に頼らない職場モデルの模索

石川

特定非営利活動法人
あかりプロジェクト

山口いづみ

220

やさしい日本語を使った薬局のコミュニケーション力向上のための教材作成

京都

「やさしい日本語」を
広める会

宮島みどり

130

在留外国人のヘルスケア・アクセスのためのNPO/NGOネットワークの必要性

福岡

特定非営利活動法人
ISAPH

小早川隆敏

150

継続助成

プロジェクト名

所在地

団体名

代表者

助成額
(万円)

山谷の野宿者を継続的に医療に繋げるためのしくみづくり

東京

一般社団法人結YUI

義平真心

240

生活困窮状態にあるLGBT当事者への相談支援体制の充実

東京

LGBT
ハウジングファーストを
考える会・東京

松灘かずみ

140

リージョナルセンターのための膵癌SCNサポーター養成講座開発プロジェクト

東京

特定非営利活動法人
パンキャンジャパン

眞島喜幸

180

サバイバーの力、地域の力、ともに輝く未来を拓く!

東京

特定非営利活動法人
コミュニティ・
ネットワーク・ウェーブ

佐光正子

240

食物アレルギーの子どもが必要としている子ども視点の自立支援の調査研究

京都

認定特定非営利活動法人
FaSoLabo京都

楠隆

150

中堅世代の触法障がい者と市民のつながりを築くモデルプロジェクト

兵庫

一般社団法人
神戸ダルクヴィレッジ

梅田靖規

150

コミュニティ・パントリー活動を広げるためのフードバンク活動連携事業

愛媛

特定非営利活動法人
eワーク愛媛

難波江任

180

病気や障害のある人達と仲間でナビする出会い、体験、まち歩き事業

福岡

特定非営利活動法人
わくわーく

小橋祐子

220

(2022年度の助成期間は、2023年1月1日~12月31日です)

ファイザープログラムは、当社が社会貢献活動の一環として2000年に創設した、市民活動および研究への助成プログラムです。ヘルスケアを重視した社会の実現に向けて、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体、患者団体、障がい者団体等、皆さまの「健やかなコミュニティづくり」の試みを支援することを目的とし、創設以来、数多くの団体の活動をサポートしています。
本プログラムは、特定非営利活動法人市民社会創造ファンドの協力のもと運営されています。毎年全国から多数のご応募をいただいており、外部の専門家で構成される選考委員会において、助成対象プロジェクトが選出されています。
ファイザーではこの活動を通じて、革新的な医薬品の開発と提供だけでは十分に果たすことのできないヘルスケアの課題にも取り組むことで、「患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす」という企業目的の実現を目指しています。詳細は下記をご覧ください。
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/philanthropy/pfizer_program/index.html

ファイザーの社会貢献活動について

当社では、すべての人が健康で心豊かに生きられることを目標に、さまざまな社会貢献活動に取り組んでいます。日本法人ではファイザープログラムのほか、特定非営利活動法人JBJF(日本視覚障害者柔道連盟)とのトップパートナー契約締結により、アスリートを支援しています。また、一般社団法人ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会(VHO-net)の運営に対する財政的支援による、研究機関等との協働実現や情報発信力の向上、患者・市民参画活動への取り組みが発展するための助成や、全ての人が最善のヘルスケアを享受できる社会を目指し、「ヘルスリサーチ」の振興に取り組む『公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団』への寄付も行っています(尚、両団体ともファイザー日本法人とは別法人であり、法的規制も異なります)。
グローバルでは、低所得国に居住する12億人の健康格差の解消に寄与する「An Accord for a Healthier World」の取り組みや、ウクライナへの人道支援など、幅広い活動を展開しています。

ファイザーについて:患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす

ファイザーはサイエンスとグローバルなリソースを活用し、人々が健康で長生きし、生活を大きく改善するための治療法をお届けしています。私たちは、革新的な医薬品やワクチンを含むヘルスケア製品の探索・開発・製造における品質・安全性・価値の基準を確立するよう努めています。ファイザーの社員は、生命や生活を脅かす疾患に対するより良い予防法や治療法を提供することで、日々、世界中の人々の健康に貢献しています。世界有数の革新的医薬品企業の責務として、信頼できる医療に誰もが容易にアクセスできるように、世界中の医療従事者、政府、地域社会と協力しています。人々の期待に応えるため、私たちは170年以上にわたり前進し続けてきました。詳細はホームページ、公式SNSをご覧ください。

(米ファイザー本社)www.pfizer.com 

(日本法人)www.pfizer.co.jpInstagram  、Twitter  

関連リンク

  • 会社概要

  • 企業目的・Values & Behaviors・事業概要

  • 米ファイザー本社プレスリリース 

  • ファイザー製品開発品一覧

ワクチンを学ぶ ワクチンで、守れる幸せがあるがんを学ぶ治験を知る・探すバイオシミラーというもう一つの選択肢 Pfizer バイオシミラー.jp

work with PrideMy じんけん宣言健康経営優良法人2023