本文へジャンプ

ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために

pfizer

ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > Independent Medical Grants > <公募型>医学教育プロジェクトへの助成
<公募型>医学教育プロジェクトへの助成 <公募型>医学教育プロジェクトへの助成

ファイザーが定める対象疾患領域で特定されたギャップを埋めるための「医学教育プロジェクト」を公募します。
医療現場において生じている以下の3つのギャップを埋める「医学教育プロジェクト」が公募対象となります。

  • ナレッジ・ギャップ

    医学的・科学的な専門知識の差を埋めるプロジェクト

  • プラクティス・ギャップ

    専門知識があっても実践にうまく活かせない状況を改善するためのプロジェクト

  • クオリティ・ギャップ

    専門知識を持ち、実践に活かせていても結果や成果が伴わない状態を改善するためのプロジェクト

「医学教育プロジェクト」は、申請者(施設・団体)がそのプロジェクトの企画・立案・実施・管理において、法的・倫理的責任を負うものであり、ファイザーがそのプロジェクトの立案に関与(内容に関するアドバイスを含む)したり、実行に一切関与するものではありません。

申請、報告プロセス

公募内容によりプロセスが異なります。どちらのプロセスでの申請になるかは公募要項にてご案内します。

パターン1

申請、報告プロセス パターン1 申請、報告プロセス パターン1

パターン2

申請、報告プロセス パターン2 申請、報告プロセス パターン2

対象疾患領域

  • 循環器
  • 疼痛
  • 炎症・免疫
  • オンコロジー
  • 希少疾病
  • 感染症
  • ワクチン

RFP(公募要項)

  • Open RFP(現在、公募中の
    Request For Proposals)
  • Closed RFP (公募を終了したもの)
RFP ID 対象国 領域 ギャップのタイプ RFP(公募要項) 公募期間
20JRDTTR2 日本 希少疾病 ナレッジ・ギャップ 遺伝性トランスサイレチン型アミロイドーシスの遺伝カウンセリング 2020/2/20 - 2020/4/10
20JRDTTR1 日本 循環器 プラクティス・ギャップ Patient Registries In ATTR-CM 2020/2/12 - 2020/3/20
GMG_2020IM Worldwide 疼痛 ナレッジ・ギャップ Accredited CME/CPD Activity at WCO-IOF-ESCEO 2020 Competitive Grant Program
(ファイザー株式会社のサイトを離れ、Pfizer Inc.のサイトに移ります)
2020/2/10 - 2020/3/2
2020JIMAF 日本 循環器 プラクティス・ギャップ 心房細動の早期発見と心原性脳塞栓症予防のための取り組み 2020/2/4 - 2020/5/31
20JIMOINC 日本 循環器 ナレッジ・ギャップ がん患者の静脈血栓塞栓症等の心血管疾患に対する認知向上と医療連携の推進 2020/2/4 - 2020/6/30
ONCBSJ20 日本 オンコロジー ナレッジ・ギャップ バイオシミラーの適正使用に向けた認知/理解の向上 2020/1/31 - 2020/5/31
2020IM2 Outside the United States (priority countries - Italy, Spain, Japan, Australia, and/or UK) 循環器 ナレッジ・ギャップ Shared Decision Making in Smoking Cessation
(ファイザー株式会社のサイトを離れ、Pfizer Inc.のサイトに移ります)
2020/1/21 - 2020/3/16
                                         
RFP ID 対象国 領域 RFP(公募要項) 公募期間
20PAINJ1_IM 日本 疼痛 がん疼痛マネジメント 2019/12/13 - 2020/2/7
2020JVAC1 日本 ワクチン 日本の成人ワクチン接種率の改善
*英語版(Original)
2019/11/18 - 2020/2/17 期限延長

申請方法

1.メールアドレスの登録とパスワードの取得

「申請ページ」より「Create your password」にアクセスし、メールアドレスの登録及びパスワードの取得を行ってください。 手続き方法の詳細は「登録手続ガイド」を参照ください。

2.申請手続き

登録済みのメールアドレス/パスワードにて「Welcome Page」にログイン後、申請に必要な情報の入力、及び資料を添付してください。申請は全て英語で入力頂きます。(添付資料のみ日本語可)

申請方法の詳細は以下を参照してください。
「ナレッジ・ギャップ」に関してはこちら
「プラクティス・ギャップ」、「クオリティー・ギャップ」に関してはこちら

3.公募内容の詳細

申請資格、申請期間、助成金額、申請に必要な書類や情報は、各公募の公募要項(RFP)をご確認下さい。

4.申請にあたっての留意点
  • ・提出いただいた資料にて審査を致します。結果報告後の資料変更等はお受けできません。
  • ・以下のようなケースは申請を受け付け出来ません。
  • *医療用医薬品製造販売業公正競争規約等、業界のルールに違反している
  • *重複支援と見なされる
    (例)ファイザー株式会社もしくはPfizer Inc.の他の助成プログラムから支援を受けている。
  • *申請期限を超過した申請
  • *研究活動に対しての申請
  • *団体の年間活動全体に対しての申請
  • *寄附助成の入金口座の名義が、主催団体とは別団体
  • *ファイザー株式会社もしくはPfizer Inc.と助成契約を締結することが出来ない
  • *日本国外で実施されるプロジェクト
5.審査(レビュー)

公募内容により、審査回数が異なります。詳しくは各公募の公募要項(RFP)をご確認下さい。
また、外部有識者等を含むExternal Review Panel にて審査を行う公募と、弊社のみで審査を行う公募があります。詳しくは各公募の公募要項(RFP)をご確認下さい。

6.結果案内

登録いただきましたメールアドレス宛にご案内いたします。申請から結果をご案内するまでには数か月を要します。

7.助成契約の締結

助成が決定された後、ファイザー株式会社もしくはPfizer Inc.との間で助成契約を締結します。契約が締結されない場合は、審査にて助成が決定されていたとしても、助成をすることが出来ません。

8.助成金の使途

ご申請頂きましたプロジェクトにご使用ください。尚、医療用医薬品製造販売業公正競争規約で定めている“個人費用”(懇親会費、一般参加者の交通費など)及び主催団体の資産となる物(PCやカメラ等)にご使用頂くことはできません。またプログラムの中止及び大幅な変更に伴う未使用金がある場合、もしくは所定の目的以外で資金を使用された場合は、教育助成契約に基づき、助成金の返還を求めます。

9.中間報告及び実施報告

プロジェクト開始後、半年に1度、進捗を報告頂きます(中間報告)。また、プロジェクトの終了後、90日以内に最終報告を提出していただきます。いずれも、Websiteを通じてシステムに入力いただきます。

10.情報の取り扱い

ご提出いただいた情報のうち、個人情報の取り扱いにつきましては、弊社プライバシーポリシー(http://www.pfizer.co.jp/pfizer/privacy/index.html)に従って適切に保護・保管させていただきます。

11.情報公開

日本製薬工業協会による「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」を受け弊社が定める「企業活動と医療機関等との関係の透明性に関する指針(http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/transparency_relationship/index.html)にしたがい、教育助成の金額と支払先(プロジェクト名・団体名等)を弊社ホームページ等にて公開します。
公開に同意頂けない場合は、ご支援できません。

お知らせ

● 循環器領域の公募4件、オンコロジー領域の公募1件、疼痛領域の公募1件、希少疾病領域の公募1件を開始しました。詳細はOpen RFPにある各RFP(公募要項)をご確認ください。

お問い合わせ

ファイザー株式会社MEG-J事務局 (meg.japan@pfizer.com) までメールにてお問い合わせください。

※ファイザー株式会社の<公募型>医学教育プロジェクト助成は、営利的な意思決定の影響を受けないよう、ビジネス部門(営業部門・マーケティング部門等)から独立した
MEG-J(Medical Education Group Japan)事務局で運営しています。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る