本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 医薬開発 > 医薬品開発の取り組み

医薬品開発の取り組み

研究開発に注力している疾患領域


  • 内科系疾患

  • 炎症性・免疫疾患

  • 希少疾病

  • がん

  • ワクチン

医薬品開発における患者さん志向の取り組み

ファイザーでは、医薬品開発における患者さん志向の取り組みを行っています。新しい「くすりの候補」を「くすり」として世に送り出すためには、治験が欠かせません。患者さんのご理解とご協力がぜひとも必要です。
この取り組みを通じて、患者さんにより治験をご理解頂けるような方策、治験に参加頂く患者さんの負担の軽減、医薬品開発に患者さんが参画する機会の創出等を行う事で、医薬品開発の最適化および迅速化につながり、医療の場で患者さんに1日でも早く新たな治療選択肢を提供することを目指しています。
以下に治験結果のまとめの提供治験実施医療機関の公開およびペイシェント・ジャーニーマップ・ワークショップの開催について、紹介します。

「治験結果のまとめ」を治験に参加いただいた患者さんにお届けしています

ファイザーでは、「責任ある臨床試験(治験)データ共有の原則*」に基づき、治験の結果を要約した「治験結果のまとめ」を治験に参加された患者さんに配布しています。
この共同声明が出された背景には、臨床試験結果の公開(透明性)への要求が高まっている社会的状況があります。声明に含まれる5つの公約には、外部の研究者の要求に応じた試験データの提供や、治験の報告書を一般の方が確認できるウェブサイトで公開することが含まれています。ファイザーは、この声明に従って活動しており、「治験結果のまとめ」の配布もその一つです。
私たちはこの活動を通じて、治験に参加くださった患者さんへ治験の結果の概要だけでなく、治験に協力いただいたことへの感謝をお伝えしたいと考えています。そして、治験への理解や社会からの信頼が得られるよう活動を継続していきます。

*「責任ある臨床試験(治験)データ共有の原則」とは、2013年7月に米国研究製薬工業協会/欧州製薬団体連合会から出された共同声明

「治験実施医療機関のご案内」サイトで治験実施医療機関の公開をしています

現在、治験への参加を検討されている患者さんが治験実施医療機関の情報を得ることは、容易ではありません。ファイザーはこのような患者さんのために、ウェブサイト上で治験とその実施医療機関*の情報を公開しています(治験実施医療機関のご案内)。情報を求めている患者さんの一助となるよう、治験実施医療機関と連携して取り組んでいきます。

* 治験実施医療機関名を弊社ウェブサイト上で公開することについて、治験審査委員会に承認されている治験実施医療機関

患者さんの治療上の障害や治験参加における問題などを理解する「ペイシェント・ジャーニーマップ・ワークショップ」を開催し、患者さんの声を治験に取り入れるような努力をしています

ペイシェント・ジャーニーマップ・ワークショップとは、患者さんとそのご家族の方々からお話を伺い、患者さんとそのご家族がどのようにその病気に向き合い、予防したり、病院で治療したり、といった日々の生活を旅(ジャーニー)に例え、気持ちの変化や経験をグラフィックを用いて可視化する企画です。患者さんやご家族の方々がどのような悩みを抱え、何を不便と感じているのかを理解することにより、真に求められる医薬品開発のあり方を追求したいと考えています。

変革を推し進めている取り組み

INSPIRE site プログラム

INSPIRE (Investigator Networks Site Partnerships and Infrastructure for Research Excellence) siteとは、ファイザーが開発している新薬の候補の治験を実施いただける医療機関とパートナーシップを構築する、世界各国で展開しているプログラムです。INSPIRE site はファイザーが有する新薬候補の治験に関する情報に容易にアクセスすることができます。また、医療機関とファイザーが継続的なコミュニケーションを直接とることで、より質の高い治験を実施することが期待されます。そのような医療機関との連携を通じて、新薬開発を促進することが期待できると考えています。

治験における新しい取り組み(イノベーション)

ファイザーでは治験における新しい取り組みをより積極的に進めるために、医療機関の通院に縛られない治験(ロケーション・フレキシブル・トライアル)を進めています。これは患者さんの声を最大限活かして、患者さんが治験に参加するにあたり、どのように、どこで参加頂くか選択肢を用意し、治験参加の自由度をもっと上げるという取り組みです。まだ始まったばかりですが、患者さんの負担を軽減し、参加しやすい治験を展開していきたいと考えています。

電子的同意取得

画像・アニメーション・音声を利用して、患者さんの目線に立って、より分かりやすく治験を説明するために作られた同意説明文書で、電子での同意も得ることができます。

患者さんへの治験薬直送/患者さんからの検体の直接回収

患者さんに直接治験薬などを送る/患者さんから直接検体を回収することにより来院の回数や輸送の負担を減らすことができます。

スマートフォンのアプリによるデータ収集・来院管理

スマートフォンに入れたアプリによりデータ入力、来院などのお知らせを行い、電話などの連絡を行わずに患者さんとコミュニケーションすることにより、治験のスケジュール調整を行うことができます。

新薬の承認取得数

ファイザーでは、毎年多くの承認を取得し、医療の発展に貢献しています。2000年~2018年の期間で計36の承認を取得しました。これは製薬業界でもトップクラスの承認取得数です。

大手製薬会社における新薬承認数(2000年~2018年)

出典: 製薬協 DATABOOK 2019

外部環境への働きかけ

ファイザーでは、最新の治療を患者さんに少しでも早く届けるために、薬事規制の改善や、医薬品開発環境の活性化のための提言を積極的に行っています。
日本製薬工業協会(JPMA)、米国研究製薬工業協会(PhRMA)、R&D Head Club*などの業界団体の活動には、開発部門から約70名のメンバーが参加しています。
*:20社の開発部門責任者を中心に構成される任意団体

小児・希少疾病用医薬品の開発に対する取り組み

ファイザーでは小児および希少疾病用医薬品の開発を推進するために、外部環境へ様々な働きかけを行っています。日本においても、医療ニーズが高いと判断された小児および希少疾病用医薬品については、公知申請や国際共同試験等に参画することで、日本での適応を取得することを目指し、種々の医薬品の開発に取り組んでいます。

2019年3月現在

一般名またはINN
(治験成分記号)
適応症 開発段階
クリゾチニブ
(PF-02341066)
(適応追加/希少疾病用医薬品)
ROS1陽性の非小細胞肺がん
承認*
ボスチニブ
(PF-5208763/SKI-606)
(希少疾病用医薬品)
前治療薬に抵抗性又は不耐容の慢性骨髄性白血病
承認*
デクスメデトミジン塩酸塩
(PF-00914730/DA-9501)
(小児の用法用量追加)
集中治療における人工呼吸中及び離脱後の鎮静
承認
フェソテロジンフマル酸塩
(SPM-8272)
(適応追加)
小児神経因性排尿筋過活動
Phase III

*: 臨床試験継続中

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る