本文へジャンプ
ファイザー株式会社

ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 医薬品開発 > 治験実施医療機関の公開 > 尋常性乾癬(局面型乾癬)の患者さんを対象とした外用クリームの治験

医薬品開発

※この治験は募集を終了しています。

【20-09】尋常性乾癬(局面型乾癬)の患者さんを対象とした
外用クリームの治験

尋常性乾癬(局面型乾癬)患者を対象とした外用クリームの有効性、
安全性、忍容性および薬物動態を評価する無作為化、二重盲検、基剤対照、
並行群間比較、用量設定、第2b相用量設定試験

治験デザイン

治験デザイン概略図

治験の目的

治験薬の外用クリームの効果を基剤クリームと比較し、軽症から中等症の尋常性乾癬の治療にどちらがより適しているかを調べることです。基剤クリームは、薬の成分は含まれていません。この治験では、基剤クリームを投与した場合の結果と治験薬の外用クリームを投与した場合の結果を比較し、違いがあるかどうかを調べます。

治験期間

最長22週になります。この期間中におおよそ11回、病院に来院していただく必要があります。

主な選択基準

  1. 20歳~75歳の男女(男性,女性とも避妊の要件をお守りいただきます)
  2. 治験薬の最初の投与を受ける日の6ヵ月前までに尋常性乾癬(局面型乾癬)の診断を受けた方
  3. BMIが17.5~35kg/m2で体重40kg以上の方
  4. 予定されている来院、治療計画、検査、生活習慣の注意事項およびその他の治験の手順を守っていただける方 など

主な除外基準

  1. 局面型以外の皮疹を呈する乾癬や、乾癬の評価に支障をきたす可能性がある他の皮膚疾患がある方
  2. 重症・進行性もしくはコントロール不能の腎疾患、肝疾患、血液学的疾患、胃腸障害等を合併している方
  3. 汎発性帯状疱疹もしくは広範な単純ヘルペスまたは再発性帯状疱疹の既往のある方
  4. 規定された期間内に治験薬の投与を受けた方(スクリーニング前3ヵ月または5半減期以内(いずれか長い方)にJAK1阻害薬の投与歴がある方など) など

現在、ファイザー株式会社では、軽症から中等症の尋常性乾癬に対する臨床試験を実施しています。
本試験に関するお問い合わせは、下記のコールセンターまでご連絡ください。

※参加基準に合わない場合、募集の定員を超える場合など、ご参加いただけない場合もございます。

※この治験は募集を終了しています。

ファイザー治験コールセンター

電話番号:03-6459-0761

受付時間:9:00~18:00(年中無休)

One Page Summary 2019/07/09 作成第1版

トップへ
ここから下部共通部分です
ファイザー
上部共通ナビゲーションに戻る