本文へジャンプ
ファイザー株式会社

ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 医薬品開発 > 治験実施医療機関の公開 > 進行または転移性固形癌患者を対象とした治験

医薬品開発

【21-01】進行または転移性固形癌患者を対象とした治験

進行/転移性乳癌・前立腺癌・肺癌患者を対象に治験薬の
安全性,忍容性,薬物動態,薬力学および抗腫瘍効果を評価する
第1相用量漸増試験

治験デザイン

治験デザイン概略図

治験の目的

治験薬の副作用の種類と程度を調べ、安全性が許容できる投与量および治療に適切な投与量を検討することです。

主な選択基準

  • 20歳以上の方
  • 進行/転移性のホルモン受容体陽性/HER2 陰性乳癌、去勢抵抗性前立腺癌または非小細胞肺癌と診断され、標準治療の適応のない方
  • 全身状態が安定している方 など

主な除外基準

  • 治験参加の4週間以内に大きな手術、放射線治療、抗がん治療を受けた方
  • 治験参加の4週間以内に別の治験薬を用いた他の治験に参加されていた方
  • 他のがんの病歴がある方
  • 重大な心血管疾患がある方
  • 治験薬の吸収に影響を及ぼす胃腸障害のある方
  • 妊娠中または授乳中の方 など

現在、ファイザー株式会社では、進行/転移性乳癌・前立腺癌・肺癌に対する臨床試験を実施しています。
本試験に関するお問い合わせは、下記のコールセンターまでご連絡ください。

※参加基準に合わない場合、募集の定員を超える場合など、ご参加いただけない場合もございます。

ファイザー治験コールセンター

電話番号:03-6459-0761

受付時間:9:00~18:00(年中無休)

Version 1, 15 SEP 2020

トップへ
ここから下部共通部分です
ファイザー
上部共通ナビゲーションに戻る