お問い合わせInvestorsCareersMediaScienceContact Us
Pfizer co.jp ホーム報道関係の皆さま:プレスリリース2023年ファイザー、45の低所得国に居住する12億人の健康格差の解消に寄与する取り組み 「An Accord for a Healthier World」を拡大ファイザー、45の低所得国に居住する12億人の健康格差の解消に寄与する取り組み
「An Accord for a Healthier World」を拡大

報道関係各位

2023年1月19日
​​​​​​​ファイザー株式会社

  • 当社が世界で特許を有するすべての製品を45の低所得国に利益なしで提供

  • 当初想定した米国または欧州連合で入手可能な全23の特許期間中の医薬品、およびワクチンから拡充し、特許切れ医薬品を含め約500製品を提供

  • これまでに、ルワンダに医薬品とワクチン、医学教育、サプライチェーンのサポートを提供、その他16の参加国政府と、医薬品、医療制度の支援についての協議を進展

英文タイトル:

Pfizer Expands ‘An Accord for a Healthier World’
Product Offering to Include Full Portfolio for Greater Benefit to
1.2 Billion People in 45 Lower-Income Countries

  • Products offered on a not-for-profit basis to the 45 lower-income countries now include the full portfolio for which Pfizer has global rights.

  • Expands on the initial offering of all patented medicines and vaccines availabe in the U.S. or EU to now include off-patent medicines, bringing total offering from 23 to around 500 products.

  • Builds on already delivered medicines and vaccines along with medical training and supply chain support to Rwanda and advanced conversations with 16 other Accord country governments for supply and health system support.

■以下の参考資料について

この資料は、米国ファイザー社が、2023年1月17日(欧州現地時間)に発表したプレスリリースの一部を日本語に翻訳再編集し、皆さまのご参考に供するものです。正式言語は英語であり、その内容及び解釈については英語が優先されます。
https://www.pfizer.com/newsroom  をご参照ください。

ダボス(スイス連邦)、2023年1月17日:米国ファイザー社(NYSE:PFE、以下「ファイザー」)は、本日、当社が世界で特許を有する医薬品とワクチンの製品を利益なしに提供する「An Accord for a Healthier World(“より健康な世界のための協定“、以下、「Accord」)」におけるコミットメントを大幅に拡充し、当社のすべての製品を提供することで、45の低所得国に居住する12億人に貢献することを表明しました。

2022年5月に開始したAccordは、低所得国とその他の国々との間に存在する多くの健康格差を大きく解消することを目指す革新的な取り組みです。当初は、米国または欧州連合で入手可能な特許期間中の医薬品およびワクチンを、利益なしで45の低所得国に提供すると表明していました。しかしながら今回、これらの国々の負担やアンメットメディカルニーズを鑑みた結果、規模を23品目から大幅に拡充し、特許切れの製品を併せて約500品目を提供することとなりました。

今回のAccordでは、低所得国が今日直面する感染性および非感染性疾患の予防または治療に資する、当社の特許期間中および特許切れの医薬品およびワクチンを提供します。具体的には、Accord参加国で毎年100万人が新規に発症する1がんの治療に貢献できる可能性のある化学療法や経口治療薬が該当します。加えて、数多くの抗菌薬も含まれます。これは、薬剤耐性(AMR)による、罹患率、死亡率、および費用の増加に対処し、毎年150万人が病院やクリニックにおいて感染症で命を落としている2現状に対応するためです。さらに、当社が新たな医薬品やワクチンを発売する際には、これらも利益なしで提供します。

米国ファイザー社の会長兼CEOアルバート・ブーラは次のように述べています。
「当社は、世界に存在する大きな健康格差を解消するためAccordを立ち上げました。わたしたちの願いは、各国政府とともに解決策を生みだすことです。そして、各方面のパートナーとの協働により、今ある多くの障壁を打ち破り、より良い健康を実現することです。
Accordを開始して数カ月間、当社は、より広範かつ迅速な、一貫した品質の高い医薬品の提供が必要であることを各国首脳から伺いました。今回の製品提供の拡大と、アクセスを制限する障壁に対処する継続的な取り組みを組み合わせることで、すべての人々が健康な生活を送るために必要な医薬品やワクチンを入手できる世界を実現し、人々の健康を前進させることができると考えています」

2022年5月の開始以降、Accordは医薬品とワクチンの提供および医療制度の強化を通じ、世界の健康に貢献するという目標に向けて前進しています。ルワンダには、がん、感染症、炎症疾患の治療に資する当社の9種類の医薬品とワクチンをお届けしました。また、保健当局と連携し、専門家による医療教育と研修を実施、11月には長期的なサプライチェーン最適化についての、はじめてのグローバルヘルスチームを展開しました。また、マラウイ共和国、ガーナ共和国、セネガル共和国の保健当局をはじめさまざまな参加国と協力し、重要な医療ニーズや、医療制度を強化する機会の理解を深めています。

ルワンダ共和国のPaul Kagame大統領は次のように述べています。
「Accordは、ルワンダおよびその他のアフリカ大陸諸国における、持続可能なヘルスセキュリティの実現に向けた重要な一歩です。今回の製品提供の拡大と公衆衛生システム強化が組み合わさることで、これまでの取り組みはさらに前進するでしょう。より良い健康アウトカムにつながる、各国の主要な保健上の取り組みに価値ある支援をもたらすことができると考えています」

An Accord for a Healthier Worldについて
An Accord for a Healthier Worldは、低所得国とその他の国々との間に存在する健康格差を解消することを目指し、45の低所得国に居住する12億人の医療へのアクセスを拡大することに重点を置いています。45カ国には、27の低所得国と、過去10年間に低所得国から低中所得国に移行した18カ国が含まれます。ファイザーは政府や複数のパートナーと連携し、医薬品やワクチン供給の障壁を克服すべく、効率的な道筋、迅速で持続的な医薬品へのアクセスを可能にする、資源、能力、インフラの強化に焦点を当て、健康を改善する解決策をともに生みだします。また、Accordには診断支援に関する専門性、医療従事者の教育と研修、サプライチェーン管理、革新的財政支援などが含まれます。当社はAccordに参加する45カ国の保健プログラムに基づき、当社が世界で権利を有する医薬品およびワクチンを利益なしで提供します。詳細は、Pfizer.com/Accord  をご覧ください。

ファイザーの社会貢献活動について

当社では、すべての人が健康で心豊かに生きられることを目標に、さまざまな社会貢献活動に取り組んでいます。日本法人ではファイザープログラムのほか、特定非営利活動法人JBJF(日本視覚障害者柔道連盟)とのトップパートナー契約締結により、アスリートを支援しています。また、『一般社団法人ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会(VHO-net)』の運営に対する財政的支援による、研究機関等との協働実現や情報発信力の向上、患者・市民参画活動への取り組みが発展するための助成や、全ての人が最善のヘルスケアを享受できる社会を目指し、「ヘルスリサーチ」の振興に取り組む『公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団』への寄付も行っています(尚、両団体ともファイザー日本法人とは別法人であり、法的規制も異なります)。
グローバルでは、低所得国に居住する12億人の健康格差の解消に寄与する「An Accord for a Healthier World」の取り組みや、ウクライナへの人道支援など、幅広い活動を展開しています。

ファイザーについて:患者さんの生活を大きく変えるブレークスルーを生みだす

ファイザーはサイエンスとグローバルなリソースを活用し、人々が健康で長生きし、生活を大きく改善するための治療法をお届けしています。私たちは、革新的な医薬品やワクチンを含むヘルスケア製品の探索・開発・製造における品質・安全性・価値の基準を確立するよう努めています。ファイザーの社員は、生命や生活を脅かす疾患に対するより良い予防法や治療法を提供することで、日々、世界中の人々の健康に貢献しています。世界有数の革新的医薬品企業の責務として、信頼できる医療に誰もが容易にアクセスできるように、世界中の医療従事者、政府、地域社会と協力しています。人々の期待に応えるため、私たちは170年以上にわたり前進し続けてきました。詳細はホームページ、公式SNSをご覧ください。

(米ファイザー本社)www.pfizer.com 

(日本法人)www.pfizer.co.jpInstagram Twitter 

1.https://gco.iarc.fr/today/fact-sheets-populations  に基づく社内推算

2.Global mortality associated with 33 bacterial pathogens in 2019: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2019 (sciencedirectassets.com)  に基づく社内推算

関連リンク

  • 会社概要

  • 企業目的・Values & Behaviors・事業概要

  • 米ファイザー本社プレスリリース 

  • ファイザー製品開発品一覧

ワクチンを学ぶ ワクチンで、守れる幸せがあるがんを学ぶ治験を知る・探すバイオシミラーというもう一つの選択肢 Pfizer バイオシミラー.jp

work with PrideMy じんけん宣言健康経営優良法人2023